【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

ChatGPT プロンプトとは?書き方のコツや種類【初心者向け入門ガイド】

ChatGPT プロンプトとは?書き方のコツや種類【初心者向けの入門ガイド】

ChatGPTとの会話がうまくいかないと感じたことはありませんか?

ChatGPTは、人間のように自然な会話ができるAIですが、その魅力を最大限に引き出すには、プロンプトという特別なテクニックが必要です。

この記事では、ChatGPTのプロンプトの基本から、プロンプトの種類書き方のコツ、そして具体的な活用方法までを初心者にもわかりやすく解説します。

さらに、ChatGPTに欲しい回答を出させる「プロンプトの6つのルール」も必見です!


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • ChatGPTとのコミュニケーション能力が向上する
  • ChatGPTを活用して、日常生活やビジネスで役立つ情報を得ることができる
  • プロンプトの書き方をマスターし、より正確で豊富な回答を得ることができる

さあ、AIの世界をもっと身近に感じ、ChatGPTとの会話を楽しんでみましょう!

目次

ChatGPTとプロンプトの基本

ChatGPTとプロンプトの基本

ChatGPTとは何?

ChatGPTは、OpenAIによって開発された人工知能(AI)を活用したチャットサービスです。

ChatGPTは、大量のテキストデータを処理する大規模言語モデル(LLM)を使用して、人間のような自然な文章を生成します。その高度な自然言語処理能力により、さまざまなタスクを効率的にこなすことができます。

例えば、文章の作成や編集、情報の要約、プログラミングタスクなどが挙げられます。

ChatGPTの注意点
ChatGPTは高性能ではありますが、必ずしも正確な情報を提供するわけではありません。そのため、人間によるファクトチェックが必要です。

今後、MicrosoftがOpenAIに対して数十億ドル規模の投資を行う予定であり、これによりChatGPTの技術がさらに進化することが期待されています。

そもそも「ChatGPTとは?」という人はこちらの記事に詳しく解説しています。

プロンプトとは何?

プロンプトとは、人間がAIに指示を出すためのメッセージまたは命令や質問のことです。呪文と呼ぶ人もいます。

プロンプトは、AIが何を行うべきかを理解し、適切な応答を生成するための出発点となります。

例えば、あなたがAIに「ニューヨークの観光名所は何ですか?」と指示した場合、これはプロンプトとなります。AIはこのプロンプトを受け取り、適切な応答(例えば、タイムズスクエアの情報)を生成します。

ChatGPTのプロンプト「6つの種類」と「書き方の基本」

ChatGPT プロンプトの種類と書き方の基本

ChatGPTは、さまざまな種類のプロンプトに対応しており、これにより多様なタスクを実行することができます。

以下は、ChatGPTのプロンプトの主な6つのタイプです。

ChatGPTのプロンプトの主な6つのタイプ

  1. 質問型プロンプト
  2. 命令型プロンプト
  3. 対話型プロンプト
  4. 物語生成型プロンプト
  5. コード生成型プロンプト
  6. クリエイティブコンテンツ型プロンプト

それぞれを以下に解説します。

①質問型プロンプト

質問型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTに情報を尋ねる形式のプロンプトです。

: 「ニューヨークの観光名所は何ですか?」、「AIとは何ですか?」。

下は実際に、ChatGPTに質問形プロンプトの「ニューヨークの観光名所は何ですか?」を入力した画面です。

質問型プロンプト
質問型プロンプトの例「ニューヨークの観光名所は何ですか?」

ChatGPTが、ニューヨークの観光名所を解説付きで8つ紹介してくれました。

②命令型プロンプト

命令型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTに特定のアクションを実行するよう指示するプロンプトです。

: 「文章を要約してください」、「夕食のレシピを教えてください」。

下は実際に、ChatGPTに当ブログ記事の一部を貼り付けて、命令型プロンプトの「文章を要約してください」を入力した画面です。

命令型プロンプト
命令型プロンプトの例「文章を要約してください」

ChatGPTが、500文字の記事を173文字で要約してくれました。

③対話型プロンプト

対話型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTとの間で対話形式のコミュニケーションを行うプロンプトです。

: 「やあ、ChatGPT。今日は何を勉強すればいいと思う?」。

下は実際に、ChatGPTに対話型プロンプトの「やあ、ChatGPT。今日は何を勉強すればいいと思う?」を入力して、ChatGPTと対話形式のコミュニケーションを行った画面です。

対話型プロンプト
対話型プロンプトの例「やあ、ChatGPT。今日は何を勉強すればいいと思う?」

人とチャットで話しているように、ChatGPTと対話形式でコミュニケーションができました。

④物語生成型プロンプト

物語生成型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTに物語やストーリーを生成するよう指示するプロンプトです。

: 「森の中に住む小さな妖精の物語を始めてください」。

下は実際に、ChatGPTに物語生成型プロンプトの「森の中に住む小さな妖精の物語を始めてください」を入力した画面です。

物語生成型プロンプト
物語生成型プロンプトの例「森の中に住む小さな妖精の物語を始めてください」

ChatGPTが、リリーという妖精の物語の始まりを534文字であっという間に書いてくれました。

⑤コード生成型プロンプト

コード生成型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTにプログラムコードを生成するよう指示するプロンプトです。

: 「Pythonでファイルを読み込むコードを生成してください」。

下は実際に、ChatGPTにコード生成型プロンプトの「Pythonでファイルを読み込むコードを生成してください」を入力した画面です。

コード生成型プロンプト
コード生成型プロンプトの例「Pythonでファイルを読み込むコードを生成してください」

ChatGPTが、Pythonのコードを詳しい解説付きで2つ生成してくれました。

⑥クリエイティブコンテンツ型プロンプト

クリエイティブコンテンツ型プロンプトとは、ユーザーがChatGPTに詩、歌詞、アイデアなどのクリエイティブなコンテンツを生成するよう指示するプロンプトです。

: 「春についての詩を書いてください」。

下は実際に、ChatGPTにクリエイティブコンテンツ型プロンプトの「春についての詩を書いてください」を入力した画面です。

クリエイティブコンテンツ型プロンプト
クリエイティブコンテンツ型型プロンプトの例「春についての詩を書いてください」

ChatGPTが、創造性豊かな春についての詩を速攻で書いてくれました。

以上が、ChatGPTのプロンプトの主な6つのタイプです。

これらのプロンプトの種類を使いこなすことで、ChatGPTはさまざまな仕事を手助けしてくれます。
あなたがやりたいことにぴったりのプロンプトを選ぶことが大切です。

ChatGPTのプロンプトを上手に作成する「3つのコツ」と「プラグイン活用法」

ChatGPTのプロンプトを上手に作成する3つのコツ

ChatGPTは、文章を書くだけでなく、質問に答える、アイデアを出す、コードを書くなど、さまざまなことができるすごいツールです。

ただ、これをうまく使うためには、プロンプトを上手に作るテクニックが大事プロンプトがはっきりしているか、適切な長さと情報があるか、そしてフィードバックを使って改善していくかがポイントです。

この記事では、初心者でもChatGPTのプロンプトをうまく作れるようになる3つのコツをわかりやすく教えます。さらに、プラグインを使ってもっと便利に使う方法もシェアします。

コツ①プロンプトに明確に指示を出す

プロンプトが具体的で明確であればあるほど、ChatGPTはもっとピンポイントな答えを出してくれます。

たとえば、「料理のレシピを教えて」と聞くよりも、「イタリアンのトマトソースパスタのレシピを教えて」と具体的に聞く方が、求めている情報に近い答えがもらえます。

プロンプトに明確に指示を出そう!

  • 具体性に: あいまいな言葉は使わず、具体的で明確な情報を求める。
  • しっかりと: 質問がちゃんとしていて、必要な情報が含まれていることを確認する。

コツ②プロンプトの長さと情報量をうまく調整する

プロンプトの長さと情報量は、ちょうど良いバランスがカギです。

短すぎると、ChatGPTに必要な情報が足りず、望む回答が得られないかもしれません。逆に、長すぎるとChatGPTがうまく処理できず、結果がぼやけてしまうことがあります。

プロンプトは、必要な情報を簡潔に、しかし十分に伝える絶妙な長さが理想的です。これを工夫することで、ChatGPTがスムーズに的確で役立つ答えや情報を出してくれます。

プロンプトの長さと情報量をうまく調整しよう!

  • バランス良く: プロンプトは、必要な情報を入れつつ、シンプルさを保つ。
  • 情報は適量: 必要な情報を提供しつつ、余計な情報は省く。

コツ③プロンプトを改善するためのフィードバックサイクルを活用する

ChatGPTでプロンプトを作成する際、一度で完璧なものを作るのは難しいかもしれません。

しかし、フィードバックサイクルを活用することで、プロンプトを徐々に改善していくことができます。

フィードバックサイクルとは?

フィードバックサイクルとは、プロンプトを出し、その結果を評価し、そのフィードバックをもとにプロンプトを修正するというプロセスのことです。

このサイクルを何度も繰り返すことで、プロンプトが徐々に洗練され、ChatGPTがより正確で有益な回答を生成するようになります。

この方法で、プロンプト作成のスキルを確実に向上させることができます。

プロンプトを改善するためのフィードバックサイクルを活用しよう!

  • 試してみる: さまざまなプロンプトを試し、どのような結果が得られるかを見る。
  • フィードバックを受け取る: プロンプトの結果を分析し、何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを理解する。
  • 改善する: プロンプトを少しずつ修正し、再び試してみる。これを繰り返すことで、徐々にプロンプトの質を向上させる。

例として、多くの開発者がGitHubやフォーラムでChatGPTのプロンプトに関するフィードバックを共有しています。これにより、コミュニティ全体で知識が共有され、プロンプトのクオリティが向上しています。

プラグイン活用!プロンプトを自動で最適化するプラグイン「Prompt Perfect」

ChatGPTには、機能を拡張できる「プラグイン」というツールがあります。プラグインは、ChatGPT Plus(有料)のユーザーであれば使用できます。

実は、そのプラグインに、あなたのプロンプトをChatGPTが理解しやすい形に「改善」または「再構成」して最適化してくれる機能を持った「Prompt Perfect」プラグインがあります。

プラグインの中でも、特に人気のプラグインです。実際に使ってみたところ、特にChatGPT初心者など多くの人の助けになることを確信しました。

「Prompt Perfect」プラグインについてはこちらの記事で詳しく解説してます。

ChatGPTに欲しい回答を出させる「プロンプトの6つのルール」

ChatGPTに欲しい回答を出させる「プロンプトの6つのルール」

この項目の「プロンプトの6つのルール」とは、ChatGPTに対してどのように質問を投げるかのルールです。

プロンプトの基本テンプレートを使えば、より効率的にあなたの欲しい情報を引き出すことができます。

初心者の方でも安心して読み進められるように、具体的な例文とともに、わかりやすく解説していきます。

欲しい回答を出させるプロンプトのルール①役割を与える

ChatGPTに正確な回答を求める際には、明確な役割を与えることが重要です。具体的な役割を与えることで、ChatGPTはその専門家として回答します。

以下の3つの例を参考にしてみてください。

例1:料理の専門家

「あなたは料理の専門家です」という役割を与えると、料理に関する深い知識を持つ専門家として、具体的なレシピや調理方法についての質問に答えます。

例2:歴史の教授

「あなたは歴史の教授です」とすると、歴史に関する複雑な質問に対しても、専門的で詳細な解答を得ることができます。例えば、「江戸時代の政治体系について教えてください」といった質問に対応します。

例3:旅行のガイド

「あなたは旅行のガイドです」と役割を与えると、特定の地域や観光地に関する情報を詳しく提供します。例えば、「京都のおすすめ観光地を教えてください」といった質問に対して、地元の名所や隠れた名所など、幅広い情報を提供できます。

このように、ChatGPTに与える役割によって、求める回答の方向性を明確にすることができます。

欲しい回答を出させるプロンプトのルール②区切り文字を使う

区切り文字(ハッシュタグやダブルクォーテーション)は、指示の構造を明確にするために非常に役立ちます。

特定の条件を付記したり、特定の要素を明確に示したりする際に用います。以下の例を参考にしてみてください。

1. ハッシュタグ(#)の使用

ハッシュタグ(#)は、条件やセクションを明示するのに役立ちます。内容を整理し、わかりやすくするために使用します。

以下、その例をご紹介します。

#条件
・予算は5000円以内
・4人分のレシピ
・季節の野菜を使う

2. 三重クォーテーション(”””)の使用

三重クォーテーション(”””)は、要約してほしい部分を囲むなどして、質問箇所を明確にします。囲った場所を要約するという意図をChatGPTに伝えるために使います。

以下、その例をご紹介します。

以下を要約してください。

“””
料理は心の表現であり、素材との対話です。旬の食材を丁寧に選び、それぞれの特徴を活かす調理法を追求することで、食材本来の美味しさが引き出されます。例えば、新鮮な魚は焼き方一つで、その風味が際立つものへと変わりますし、季節の野菜は、そのままのシンプルな調理で甘みを感じることができます。何より、手間を惜しまず、心を込めて一皿一皿を作ることが最高の調味料となります。料理を通じて、季節の恵みと自分らしさを表現し、食卓を彩りましょう。
“””

これらの区切り文字の使い方をマスターすることで、ChatGPTへの指示がより明確になり、求める回答を効果的に得ることができます。

欲しい回答を出させるプロンプトのルール③条件をつける

ChatGPTへの指示を明確にするために、具体的な条件を箇条書きで提示するテクニックも有効です。

条件を明確にすることで、あなたの要求に合わせた正確な回答をChatGPTから得ることが可能になります。

以下、その例をご紹介します。

#条件
・予算は5000円以内
・4人分のレシピ
・季節の野菜を使う

欲しい回答を出させるプロンプトのルール④手順に従って考えさせる

ChatGPTに対して、手順を書くことにより、順序立てて考えさせる効果があります。

一つ一つの手順を明確にすることで、より精度の高い、体系的な回答を引き出すことが可能になります。

このテクニックは、特に複雑な問題や多岐にわたる指示に対して有効です。

以下、その例をご紹介します。

以下の手順に従って考えてください。

#手順
手順1:季節の野菜に合うメインの食材を選ぶ
手順2:予算に合うように、メイン食材と季節の野菜を組み合わせたメニューを考える
手順3:4人分の分量を計算し、調理手順を詳細に説明する
手順4:最後に盛り付けや飾りつけの提案をする

この手順に従ってChatGPTに考えさせることで、予算内で4人分の美味しい料理が作れるレシピを提供することができます。

欲しい回答を出させるプロンプトのルール⑤「不明点があれば質問してください」と書く

「不明点があれば質問してください」という指示を加えることで、ChatGPTに対して自由に質問する権限を与えます。

ChatGPTは、例えば「季節の野菜とは何か」や「特定のアレルギーを考慮する必要があるか」など、具体的な情報が不足している場合に質問を返すことができます。

このように、ChatGPTが自ら質問することで、以下のメリットが得られます。

  1. ユーザーとChatGPTのコミュニケーションが深まります。 ユーザーは自分のニーズをより明確に伝え、ChatGPTはそれに合った回答を提供することができます。
  2. 回答の精度が上がります。 ChatGPTが不明点を確認することで、回答がユーザーの意図により密接に合致します。
  3. ユーザーの労力が軽減されます。 複雑なタスクでも、不明点を随時確認することで、最初から全ての情報を詳細に書く必要がなくなります。

このポイントを活用することで、ChatGPTとの対話がよりスムーズになり、求める回答を効率よく得ることが可能になります。

欲しい回答を出させるプロンプトのルール⑥回答に対してフィードバックをする

ChatGPTの回答が完全に要求に応えていない場合、その回答に対して具体的なフィードバックをすることで、更に精密な回答を引き出すことが可能です。

これは、ChatGPTのプロンプトを上手に作成する「3つのコツ」でも挙げた「フィードバックサイクル」です。


ChatGPTから提供された回答が完全には満足のいくものでなかったとします。

この場合、具体的に何が足りなかったのか、どう改善すれば良いのかをフィードバックすることで、次回の回答の質を向上させることができます。

例:「野菜の選定についての説明が足りなかったです。季節の野菜にはどういったものがあるのか、それぞれの特徴と調理方法について詳しく教えてください。」

基本テンプレート「プロンプトの6つのルール」

この項目の最後に、ChatGPTに欲しい回答を出させる「プロンプトの6つのルール」を基本テンプレートとしてまとめました。

以下、ご紹介します。

ChatGPTに欲しい回答を出させるプロンプト「基本テンプレート

①役割を与える
②区切り文字を使う
③条件をつける
④手順に従って考えさせる
⑤「不明点があれば質問してください」と書く


までの「プロンプトのルール」の例は以下のとおり

あなたは料理の専門家です

#条件
・予算は5000円以内
・4人分のレシピ
・季節の野菜を使う

以下の手順に従って考えてください。
#手順
手順1:季節の野菜に合うメインの食材を選ぶ
手順2:予算に合うように、メイン食材と季節の野菜を組み合わせたメニューを考える
手順3:4人分の分量を計算し、調理手順を詳細に説明する
手順4:最後に盛り付けや飾りつけの提案をする

不明点があれば質問してください

ChatGPTの回答が完全に要求に応えていない場合に、「⑥回答に対してフィードバックをする」を実行します。

この「プロンプトの6つのルール」を用いることで、ChatGPTの力を最大限に引き出し、理想とする回答を手に入れることができます。是非、今後の活用にお役立てください。


なお「プロンプトの6つのルール」は、週刊東洋経済 2023/7/29特大号(ChatGPT 超・仕事術革命)も参考にさせていただきました。

『週刊東洋経済 2023/7/29特大号(ChatGPT 超・仕事術革命)』についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

ChatGPTのプロンプト「具体的な活用方法 20選」

ChatGPTのプロンプトの具体的な活用方法

ChatGPTの能力を最大限に引き出すためには、適切なプロンプトの書き方が重要となることが分かりました。その書き方や活用方法によって、ChatGPTの出力が大きく変わります。

この項目では、ChatGPTのプロンプトがどのような場面で役立つのか、20の豊富な具体例を用いて解説します。

①文章の添削

プロンプト例: 「この文章を文法的に正しく添削してください。」

活用方法: ChatGPTは、文章の文法や構造を修正するのに役立ちます。学生やライターは、作成した文章をChatGPTに添削させることで、よりプロフェッショナルな文章を作成する手助けを受けることができます。

②情報の要約

プロンプト例: 「この記事を短く要約してください。」

活用方法: 長い文章や記事を短く要約する際に、ChatGPTは時間を節約し、ポイントを明確にするのに役立ちます。これは、ビジネスプロフェッショナルや学生にとって特に有益です。

③アイデア生成

プロンプト例: 「こ新しいモバイルアプリのアイデアを教えてください。」

活用方法: 起業家や開発者は、新しいプロジェクトや製品のアイデアを考える際に、ChatGPTにインスピレーションを求めることができます。

④言語学習

プロンプト例: 「”apple”をフランス語でどう言いますか?」

活用方法: 言語学習者は、単語の翻訳やフレーズの意味を理解するためにChatGPTを使用することができます。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「Speak」プラグインを使うことで、さらにChatGPTを言語学習において活用することができます。

⑤プログラミングのヘルプ

プロンプト例: 「Pythonでリストをソートする方法を教えてください。」

活用方法: プログラマーは、コードの問題を解決するためのヒントや、新しいプログラミングテクニックを学ぶためにChatGPTを使用します。

⑥料理レシピの提案

プロンプト例: 「鶏肉とブロッコリーを使った健康的なレシピを教えてください。」

活用方法: 料理愛好家は、新しいレシピや料理のアイデアを探すためにChatGPTを活用します。

⑦旅行計画

プロンプト例: 「ニューヨークでの3日間の観光プランを教えてください。」

活用方法: 旅行者は、目的地での活動や観光スポットを計画する際にChatGPTを使用することができます。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「Expedia」プラグインを使うことで、さらにChatGPTを旅行計画において活用することができます。

⑧数学の問題解決

プロンプト例: 「二次方程式 x^2 – 5x + 6 = 0 の解を求めてください。」

活用方法: 学生は、数学の問題を解決するのに役立つヒントや解答を得るためにChatGPTを使用します。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「Wolfram」プラグインを使うことで、さらにChatGPTを数式処理において活用することができます。

健康とフィットネスのアドバイス

プロンプト例: 「家でできる30分のフルボディワークアウトを教えてください。」

活用方法: 健康やフィットネスに関心がある人は、エクササイズルーチンや栄養のアドバイスを得るためにChatGPTを活用します。

履歴書やカバーレターの作成

プロンプト例: 「エンジニアとしての経験を強調したカバーレターの例を教えてください。」

活用方法: 職探しをしている人は、履歴書やカバーレターの作成にChatGPTを使用して、自分のスキルや経験を効果的に強調します。

音楽やアートのインスピレーション

プロンプト例: 「ジャズとクラシック音楽を融合させた曲のアイデアを教えてください。」

活用方法: 音楽家やアーティストは、新しい作品のインスピレーションを得るためにChatGPTを使用します。

商品やサービスの比較

プロンプト例: 「iPhone 14とSamsung Galaxy S23を比較してください。」

活用方法: 消費者は、購入する前に商品やサービスを比較するためにChatGPTを活用します。これにより、より明確な購入判断ができます。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「価格.com」プラグインを使うことで、さらにChatGPTを商品やサービスの比較において活用することができます。

⑬イベントの企画

プロンプト例: 「20人のためのバースデーパーティーの企画アイデアを教えてください。」

活用方法: イベントプランナーや個人は、パーティーや集まりのための創造的なアイデアを得るためにChatGPTを使用します。

⑭ファッションのアドバイス

プロンプト例: 「ビジネスカジュアルな職場での春のコーディネートを教えてください。」

活用方法: ファッションに関心がある人は、スタイリングのヒントやアドバイスを得るためにChatGPTを活用します。

⑮ゲーム戦略の提案

プロンプト例: 「チェスでのオープニング戦略を教えてください。」

活用方法: ゲーマーやスポーツ愛好者は、ゲームの戦略やテクニックを向上させるためにChatGPTを使用します。

⑯家庭の問題解決

プロンプト例: 「子供が宿題をしない場合、どのように対応すべきですか?」

活用方法: 親や家庭のケアギバーは、家庭内の問題を解決するためのアドバイスやヒントを得るためにChatGPTを使用します。

⑰自己改善と目標設定

プロンプト例: 「新年の抱負を達成するためのステップバイステップガイドを教えてください。」

活用方法: 個人は、自己改善や目標設定に関するアドバイスを得るためにChatGPTを使用します。

映画や本のレビュー

プロンプト例: 「映画 “Inception” のレビューを教えてください。」

活用方法: 映画や読書愛好者は、新しい映画や本のレビューや分析を読むためにChatGPTを活用します。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「VoxScript」プラグイン、または「KeyMate.AI Search」プラグインを使うことでリアルタイム検索ができるので、さらにChatGPTを映画や本の情報検索において活用することができます。

DIY

プロンプト例: 「家庭用の簡単なDIY木工プロジェクトを教えてください。」

活用方法: DIY愛好者は、新しいプロジェクトのアイデアや手順を得るためにChatGPTを使用します。

旬のトピックやニュースの解説

プロンプト例: 「最近の経済ニュースを簡潔に解説してください。」

活用方法: ニュースや時事問題に関心がある人は、ChatGPTを使用して最新のトピックについての洞察や解説を得ます。

なお、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で解説している「World News」プラグインを使うことで、さらにChatGPTをニュースの把握において活用することができます。

プロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアについて

プロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアについて

AIの進化に伴い、プロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアの役割が注目されています。これらの概念は、AI技術をより効果的に活用するための鍵となります。

では、具体的にプロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアとは何なのでしょうか?

プロンプトエンジニアリングとは何?

プロンプトエンジニアリングとは、ChatGPTなどのAIモデルに対して、効果的なプロンプト(質問や指示)を設計する技術のことです。

これを分かりやすく言うと、ChatGPTに話しかけるときに、どのように質問やリクエストを伝えるかを工夫することです。

これには特定のノウハウが必要で、AIがしっかりと理解し、求める回答を提供できるようにすることが目的です。例えば、友達に何かを頼むときに、どのように言葉を選ぶかを考えるのと似ています。

プロンプトエンジニアリングとは?
ChatGPTなどのAIモデルに対して、効果的なプロンプト(質問や指示)を設計する技術のこと

プロンプトエンジニアリングの役割は?

  • 効果的なプロンプトの設計: AIに対する質問や指示を工夫し、目的に合った回答を得るための方法。
  • AIの性能向上: 適切なプロンプトを使用することで、AIの精度や効率を高める。

プロンプトエンジニアリングを活用することで、AIはユーザーのニーズに応じて、適切な回答やアクションを提供することができます。

たとえば、ChatGPTはプロンプトエンジニアリングを活用して、文章の生成や質問に対する回答などのタスクを効率的に行います。

このように、プロンプトエンジニアリングはAIの性能を最大限に活かすための重要な技術です。

プロンプトエンジニアとは何?

プロンプトエンジニアとは、プロンプトエンジニアリングの技術を活用して、ChatGPTなどのAIモデルとのコミュニケーションを最適化する専門家のことです。

これをもっとシンプルに言うと、プロンプトエンジニアは、AIとのやり取りがスムーズになるように、「質問やリクエストの方法」をプロフェッショナルとして考える人です。

彼らはAIがどんどん賢くなるようにサポートしたり、新しいAIを開発したりする仕事も行います。これはまるで、AIを友達のように扱い、どのようにコミュニケーションすればうまくいくかを熟知している人です。


「エンジニア」という言葉を聞くと、プログラミングコードを書く人をイメージするかもしれません。しかし、プロンプトエンジニアはプロンプトの作成に特化しており、必ずしもプログラミングコードを書くわけではありません。

プロンプトエンジニアとは?
プロンプトエンジニアリングの技術を活用して、ChatGPTなどのAIモデルとのコミュニケーションを最適化する専門家のこと


プロンプトエンジニアの役割は?

  • AIとのコミュニケーションをスムーズに: AIモデルに適切なプロンプトを提供し、目的に合った結果を得るための工夫。
  • AIシステムの開発と管理: プロンプト設計を含むAIシステムの開発や運用に関わる活動。

プロンプトエンジニアは、AIの能力を最大限に活かすためのプロンプトを設計し、AIシステムの開発や管理に従事します。

具体的な例として、カスタマーサポートのチャットボット開発において、プロンプトエンジニアは顧客の質問に対して適切な回答を生成するためのプロンプトを設計します。

これにより、顧客満足度が向上し、企業のサポート効率も高まります。

年収5000万円のプロンプトエンジニアも!多岐にわたる活躍分野

(出典:年収5000万円! ChatGPT操る「プロンプトエンジニア」って? | NHK | ビジネス特集 | 国際特集

プロンプトエンジニアは、AIとのコミュニケーションをスムーズにするためのプロンプト設計に精通した専門家です。

プロンプトエンジニアのスキルは非常に高く評価されており、NHKの記事によれば、一部の求人では年収5000万円も提示されているとのことです。


さて、プロンプトエンジニアはどのような分野で活躍しているのでしょうか?

プロンプトエンジニアが主に活躍している分野は以下のとおりです。

プロンプトエンジニアの活躍の分野

  1. 医療分野: プロンプトエンジニアは、AIを活用して医療分野で画期的な変化をもたらしています。AIを使って病気の診断を迅速かつ正確に行うことが可能になっています。
  2. 自動車産業: 自動運転車の開発にもプロンプトエンジニアが大きく関与しています。センサーやAI技術を駆使して、より安全で効率的な自動運転車の実現に貢献しています。
  3. 金融業界: データ分析を活用し、金融業界にイノベーションをもたらす役割を担っています。これにより、投資判断がより正確になり、顧客の資産を増やすサポートができるようになっています。

このようにAI技術の進化に伴い、プロンプトエンジニアは、医療から自動車産業、金融まで、さまざまな分野での問題解決に貢献しています。

これらの分野での成功は、プロンプトエンジニアのスキルと知識がどれほど価値があるかを示しています。


なお、プロンプトエンジニアになるためには、以下のスキルや知識が必要と言われています。

プロンプトエンジニアになるためには?

  • プログラミング言語(Python、Javaなど)
  • データ分析
  • 機械学習やAIに関する知識
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力

以上のスキルや知識が必要とされている。

さらに実務経験を積むことも大切で、インターンシップやプロジェクトへの参加を通じて、実践的なスキルを身につけることが推奨されます。


プロンプトエンジニアとしてのキャリアは、技術革新が進む現代社会でますます重要になっています。

これからプロンプトエンジニアを目指す人々にとって、技術的なスキルを磨くだけでなく、コミュニケーション能力や問題解決能力を高めることが重要です。これにより、AIと人間が協力して、より良い未来を築く手助けをすることができるでしょう。

プロンプトエンジニアリング、プロンプトエンジニアの役割と重要性

プロンプトエンジニアリングは、AIモデルに対して効果的なプロンプトを設計する技術で、プロンプトエンジニアはこの技術を使ってAIとスムーズにコミュニケーションする専門家です。

これらの要素は、AIの精度を高める、さまざまなタスクに対応する、そしてユーザーの体験を良くするなど、AIを上手く活用するために大切です。

医療から教育まで、プロンプトエンジニアリングが使える分野はどんどん増えています。これからの時代、プロンプトエンジニアリングの重要性はさらに高まることでしょう。


そして、AIがどんどん進化するにつれて、プロンプトエンジニアの役割もますます大きくなります。

プロンプトエンジニアは、様々な分野で才能を発揮し、社会に革命をもたらす大切な役割を果たしています。このキャリアは将来がとても明るく、高い収入が期待できるため、多くの人にとって魅力的です。


プロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアは、AIの分野で新しい可能性を切り開く役割を担っています。これらの技術と専門家が、私たちの生活やビジネスにどのように影響を及ぼすか、注目が集まっています。

ChatGPT プロンプトを完全マスターできる学校の紹介

ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」
(出典:ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」

本格的にプロンプトスキルを身につけたい方は、未経験から最短最速で完全マスターできる「飛翔」というChatGPTプロンプトの学習プログラムをおすすめします。

このプログラムは、初心者から上級者まで、段階的かつ効果的にChatGPTのプロンプト作成を学ぶことができる画期的なカリキュラムを提供しています。

30本以上の動画コンテンツ、実践的な使用例、そして最新情報への定期的なアップデートにより、ChatGPTの進化に常に追従することが可能です。

また、24時間のサポートやZOOM交流会を通じて、2500名以上の受講生と知識を共有し、相互に学び合う環境が整っています。

特に重要なのは、このプログラムがAI業界の専門家によって開発され、独学では得られない深い理解と実践的なスキルを提供している点です。

ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」の詳細は、こちらからご確認ください。

ChatGPTとプロンプトの「注意点」と「トラブルシューティング」

ChatGPT プロンプトの注意点とトラブルシューティング

ChatGPTは、人々が日常的に使用できるAI言語モデルの一つです。

しかし、ChatGPTを使うには注意が必要です。この記事では、ChatGPTプロンプトの制限と注意点、そしてトラブルシューティングについて解説します。

ChatGPTとプロンプトの「制限」と「注意点」

ChatGPTは非常に便利なツールですが、制限と注意点があります。


例えば、ChatGPTは時々、不正確または誤った情報を提供することがあります。これは、モデルが大量のデータから学習しているため、情報が古くなることがあるからです。

このように不正確な情報を提供することもあるため、「ChatGPTは嘘をつく」とも言われます。それは、ChatGPTが学習しているデータに基づいて「それっぽい」ことを回答するためです。

ChatGPTは、不正確または誤った情報を提供したり、嘘をついたりすることがある


なお、ChatGPTが学習しているデータは2021年9月までのものです。そのため、現在のリアルタイムの情報を提供することはできません。(ChatGPTのアップデートにより、GPT-4は2023年4月までの知識が追加されました。「ChatGPT GPT-4のアップデート」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。)


ただし、ChatGPT Plusのユーザーは、下の記事で紹介している「Webブラウジング機能」やプラグインの「VoxScript」や「KeyMate.AI Search」を使うことによってリアルタイム検索ができます。

また、ChatGPTは敏感な情報を取り扱う際に注意が必要です。

例として、2020年にOpenAIがGPT-3をリリースした際、ユーザーが個人情報を入力すると、モデルがそれを記憶することが懸念されました。

これを防ぐため、ユーザーは個人情報や機密情報を入力しないようにする必要があります。

ChatGPTのプロンプトには、個人情報や機密情報を入力しない

また、ChatGPTは長文を生成するのが得意ですが、これが常に良いわけではありません。
長すぎる文章は読者を混乱させることがあるので、文章をシンプルで分かりやすくすることが大切です。

ChatGPTのトラブルシューティング

ChatGPTを使用する際に問題が発生した場合、以下の手順でトラブルシューティングを行うことができます。

ChatGPTのトラブルシューティング

  1. 情報の確認: ChatGPTから得られた情報が正確かどうかを確認します。信頼性のあるソースを参照してください。
  2. プロンプトの調整: 問題がプロンプトに起因する場合、プロンプトを調整してみてください。具体的な言葉を使い、意図を明確にすることが重要です。
  3. フィードバックの送信: ChatGPTが不適切な内容を生成した場合、回答にフィードバック()を送信してください。これにより、モデルの改善が期待されます。

実例として、あるユーザーがChatGPTに「太陽系の惑星」と尋ねたとき、Pluto(冥王星)を含めた回答が返ってきたケースがあります。

しかし、2006年に冥王星は惑星の地位を失ったため、これは誤った情報です。このような場合、ユーザーは信頼性のあるソースで情報を確認し、OpenAIにフィードバックを送るべきです。


また、ChatGPTが意図しない回答を生成した場合、プロンプトの調整が有効です。

例えば、あるユーザーが「日本の歴史」について尋ねたところ、非常に広範な回答が返ってきたケースがあります。この場合、プロンプトを「日本の戦国時代の歴史」のように具体的にすると、より関連性の高い回答が得られます。


最後に、ChatGPTは進化し続けているため、ユーザー自身も常に学ぶ姿勢が重要です。コミュニティフォーラムや公式ドキュメントを活用し、最新の情報とベストプラクティスを探求しましょう。

【9/20追記】メール作成のプロンプトとテンプレート集を紹介!

新たに【ChatGPTでメール作成】一瞬で高品質なビジネスメール!プロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

高品質なビジネスメールを生成するためのChatGPTプロンプトガイドのほかに、以下の10種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

ビジネスメール作成のためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「請求」に関するメールのテンプレートと具体例
  2. 「日程調整」に関するメールのテンプレートと具体例
  3. 「見積り」に関するメールのテンプレートと具体例
  4. 「書類提出」に関するメールのテンプレートと具体例
  5. 「資料送付」に関するメールのテンプレートと具体例
  6. 「返信待ち状況での再連絡メール」のテンプレートと具体例
  7. 「商品やサービスの問題に対する謝罪メール」のテンプレートと具体例
  8. 「担当変更に関するお知らせメール」のテンプレートと具体例
  9. 「セミナーやイベントの案内メール」のテンプレートと具体例
  10. 「メール誤送信に対する対処メール」のテンプレートと具体例

「ビジネスメール作成のためのChatGPT プロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【9/22追記】悩み相談を解決するためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例を紹介!

新たに【ChatGPTで悩み相談】10種類の悩みを解決!プロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

高品質な悩み相談を行うためのChatGPTプロンプトガイドのほかに、以下の10種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

悩み相談を解決するためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「恋愛の悩み」のテンプレートと具体例
  2. 「仕事・キャリアの悩み」のテンプレートと具体例
  3. 「人間関係の悩み」のテンプレートと具体例
  4. 「健康の悩み」のテンプレートと具体例
  5. 「学業の悩み」のテンプレートと具体例
  6. 「家庭・育児の悩み」のテンプレートと具体例
  7. 「お金の悩み」のテンプレートと具体例
  8. 「自己啓発の悩み」のテンプレートと具体例
  9. 「趣味・ライフスタイルの悩み」のテンプレートと具体例
  10. 「精神的な悩み」のテンプレートと具体例

「悩み相談を解決するためのChatGPTプロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【9/23追記】小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例を紹介!

新たに【ChatGPTで小説の書き方】ジャンル別で驚きの簡単さ!プロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

ChatGPTで高品質な小説を生成するためのプロンプトガイドのほかに、以下の8種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「恋愛小説」のテンプレートと具体例
  2. 「ミステリー小説」のテンプレートと具体例
  3. 「ファンタジー小説」のテンプレートと具体例
  4. 「歴史小説」のテンプレートと具体例
  5. 「SF小説」のテンプレートと具体例
  6. 「ホラー小説」のテンプレートと具体例
  7. 「日常系小説」のテンプレートと具体例
  8. 「冒険小説」のテンプレートと具体例

「小説を書くためのChatGPTプロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【9/27追記】論文作成のためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例を紹介!

新たに【ChatGPTで論文作成】10章に完全対応!プロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

高品質な論文作成を生成するためのChatGPTプロンプトガイドのほかに、以下の10種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

論文作成のためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「研究背景」のテンプレートと具体例
  2. 「文献レビュー」のテンプレートと具体例
  3. 「研究方法」のテンプレートと具体例
  4. 「実験結果」のテンプレートと具体例
  5. 「結果の解析」のテンプレートと具体例
  6. 「議論」のテンプレートと具体例
  7. 「結論」のテンプレートと具体例
  8. 「提案や未来の研究方向」のテンプレートと具体例
  9. 「研究の制約」のテンプレートと具体例
  10. 「謝辞」のテンプレートと具体例

「論文作成のためのChatGPT プロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【10/29追記】英語学習を成功させるためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例を紹介!

新たに【ChatGPTで英語学習】基礎文法から英会話まで10種!プロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

ChatGPTで効果的に英語学習するためのプロンプトガイドのほかに、以下の10種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

英語学習を成功させるためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「英語の基礎文法の確認」のテンプレートと具体例
  2. 「英語の日常会話のフレーズ練習」のテンプレートと具体例
  3. 「英語の新しい単語や表現を学習」のテンプレートと具体例
  4. 「英語の疑問解消」のテンプレートと具体例
  5. 「英語の文章作成」のテンプレートと具体例
  6. 「英文の翻訳と理解」のテンプレートと具体例
  7. 「英文の文法チェックと添削」のテンプレートと具体例
  8. 「英語のリスニング力を高める練習」のテンプレートと具体例
  9. 「英語の発声練習」のテンプレートと具体例
  10. 「英会話の練習」のテンプレートと具体例

「英語学習を成功させるためのChatGPT プロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【11/4追記】議事録作成のためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例を紹介!

新たに【ChatGPTで議事録作成】時短、効率化の秘訣!10種のプロンプトとテンプレート集を、当ブログで記事にしました。

ChatGPTで効率的に議事録作成するためのプロンプトガイドのほかに、以下の10種のテンプレート集と具体例を紹介しています。

議事録作成のためのChatGPT プロンプト:テンプレート集と具体例

  1. 「メモ書きからの議事録作成」のテンプレートと具体例
  2. 「音声記録の文字起こしからの議事録作成」のテンプレートと具体例
  3. 「プロジェクト キックオフミーティングの議事録作成」のテンプレートと具体例
  4. 「週次ミーティングの議事録作成」のテンプレートと具体例
  5. 「戦略立案会議の議事録作成」のテンプレートと具体例
  6. 「緊急対策会議の議事録作成」のテンプレートと具体例
  7. 「クライアントとの打ち合わせの議事録作成」のテンプレートと具体例
  8. 「レビュー会議の議事録作成」のテンプレートと具体例
  9. 「年次総会の議事録作成」のテンプレートと具体例
  10. 「イノベーションワークショップの議事録作成」のテンプレートと具体例

「議事録作成のためのChatGPT プロンプト」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

この記事を通じて、ChatGPTとプロンプトの基本から活用方法、そしてプロンプトエンジニアリングとプロンプトエンジニアの役割まで、幅広く学ぶことができました。

これらの知識を活用すれば、ChatGPTをより効果的に使いこなすことが可能になります。

ChatGPTのプロンプトについてまとめると、以下の点が特に重要です。

「ChatGPTのプロンプト」特に重要なポイント

  • プロンプトとは、ChatGPTと話すときに使う「お願い」や「質問」のことで、その書き方や種類を知ることが大切です。
  • プロンプトをうまく作るためには、はっきりとしたお願いをすること、必要な情報を適切な長さで伝えること、そして反応を見て改善することが役立ちます。
  • プロンプトは、文章のチェックからニュースの説明まで、さまざまな使い方ができます。
  • プロンプトエンジニアリングとは、AIに対して効果的なプロンプトを作る技術のことで、プロンプトエンジニアはこの技術を使ってAIとの会話をスムーズにするプロです。
  • プロンプトエンジニアは、年収5000万円も可能で、さまざまな分野で活躍しています。
  • ChatGPTのプロンプトにはいくつかの制限があり、それらの注意点や問題の解決方法を知っておくことが大切です。

これらの知識とスキルを手に入れることで、AIの世界で新たな地平を切り開くことができます。

ChatGPTとプロンプトの魔法を使いこなし、あなたの生活やビジネスを次のレベルに引き上げましょう!

これまでに紹介したChatGPT プロンプトの一覧

ChatGPTのプロンプトは、その使い方次第で多彩な活用が可能です。

しかし、多くの人がプロンプトの真の力を知らずに、基本的な使い方しかしていないのが現状です。

そこで、ChatGPTのプロンプトの活用方法を「プロンプト集」としてシリーズ化しています。これからも続々と新しい活用方法を紹介していく予定ですので、お楽しみに!

これまでに紹介したプロンプトの活用法は、「プロンプト集(カテゴリページ)」にまとめています。
ぜひ、新しいプロンプトも試してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次