【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【ChatGPTで小説の書き方】ジャンル別で驚きの簡単さ!プロンプトとテンプレート集

小説の書き方_ChatGPT プロンプト 活用法

小説を書くことは、多くの人が一度は夢見る創造的な活動ですが、どうすれば始められるのか、どうすればよい出来栄えになるのかという問題に直面します。

特に、初心者にとっては、白い画面や紙に向かってどう手を付けてよいのかわからないもの。


そんなあなたに、ChatGPTというAIテクノロジーが画期的な解決策を提供しています。

そこで、この記事ではChatGPTの小説の書き方として、ChatGPTを使って小説を書く際の「プロンプト」と呼ばれる指示文の作成方法や、そのテンプレートと具体例をご紹介します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • ChatGPTとは何か、その基本的な使い方から高度なプロンプトの設定方法までを理解できる
  • 幅広い8種類のジャンルに対応したプロンプトのテンプレートと具体例で、瞬時に小説作成が可能になる
  • 適切なプロンプト設定で、創作時間を大幅に短縮し、多くの作品を生み出せる

この記事を最後まで読むことで、ChatGPTを使った小説の書き方の全貌が明らかになります。

創作の幅を広げ、効率的に高品質な小説を書きたい方は、ぜひこのガイドを参考にしてください。

目次

なぜChatGPTで小説が書けるのか?

小説を書く_ChatGPT プロンプト 活用法

この疑問に答えるためには、まずChatGPTが何であるかを理解する必要があります。

ChatGPTとは?

ChatGPT(Chat Generative Pre-trained Transformer)は、自然言語処理(NLP)技術を活用したAI(人工知能)です。

この記事ではChatGPT最新のGPT-4モデルを使用します。GPT-4は、高度な創造性と推論能力を持ち合わせており、小説の執筆においてもその力を発揮します。

具体的には、GPT-4は文脈を理解し、リアルタイムで適切な文章を生成する能力があります。

ChatGPTについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プロンプトとプロンプトエンジニアリングの重要性

プロンプト」とは、ChatGPTに対する指示や質問のことです。

このプロンプトが明確であれば、出力される文章も高品質で一貫性があります。一方で、不明瞭なプロンプトでは、出力が曖昧で読み手に伝わりにくい可能性が高まります。

ここで「プロンプトエンジニアリング」の重要性が明らかになります。

プロンプトエンジニアリングとは、プロンプトの設計や調整を行い、AIの出力品質を高めるプロセスです。単にプロンプトを投げるだけでなく、その設計と調整を行うことで、より一層高品質な小説を生成することが可能になります。

このように、プロンプトの設定だけでなく、その背後にあるプロンプトエンジニアリングも、小説を書く作成において非常に重要です。

プロンプトやプロンプトエンジニアリングについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

ChatGPTで高品質な小説を生成するためのプロンプトガイド

小説を書く_ChatGPT プロンプト 活用法

このセクションでは、ChatGPTを使って効率的に高品質な「小説を書く」ための基本的なテクニックをステップバイステップでご紹介します。

STEP

ステップ1:目的の明確化

最初に、何を目的として小説を書くのかを明確にしましょう。例えば、恋愛小説を書くのか、ミステリー小説を書くのか、それとも別のジャンルなのか。

例文:
プロンプト: “恋愛小説で、主人公が初めて恋人とデートするシーンを書いてください。”

STEP

ステップ2:対象者の設定方法

次に、この小説が誰を対象としているのかを考えます。例えば、一般的な読者向けなのか、それとも特定の年齢層や専門家向けなのか。

例文:
プロンプト: “恋愛小説で、一般的な読者向けに、主人公が初めて恋人とデートするシーンを書いてください。”

STEP

ステップ3:言語とトーンの選定

言語とトーンを選定する際には、目的と対象者に合わせて調整します。例えば、ロマンティックなトーンで書くか、シリアスなトーンで書くか。

例文:
プロンプト: “恋愛小説で、ロマンティックなトーンで、一般的な読者向けに、主人公が初めて恋人とデートするシーンを書いてください。”

STEP

ステップ4:プロンプトのテストと調整

ステップ3で作成したプロンプトを初めてテストした後、生成された文章が期待に応えない場合は、プロンプトを微調整して再テストを行います。

例文:
ステップ3で作成したプロンプト: “恋愛小説で、ロマンティックなトーンで、一般的な読者向けに、主人公が初めて恋人とデートするシーンを書いてください。”

例文:
調整後のプロンプト: “恋愛小説で、ロマンティックなトーンを強調し、一般的な読者向けに、主人公と恋人が初デートで感じる緊張と興奮を描写してください。”

以上が、高品質な小説を生成するためのChatGPTプロンプトガイドの4ステップです。これらのステップをマスターすれば、あなたも効率よく素晴らしい小説を作成できるでしょう。

しかし、理論だけではなく、実際のテンプレートや具体例を知ることで、さらに効果的な小説作成が可能になります。

次のセクションでは、さまざまなシーンで使えるプロンプトのテンプレートと具体例を詳しく解説しますので、どうぞ引き続きご一読ください。

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例

小説を書く_ChatGPT プロンプト 活用法

このセクションでは、ChatGPTで小説を書くためのプロンプトのテンプレートと具体例を8種類ご紹介します。

テンプレートは、出力する品質を高める「深津式プロンプト・システム」を基にしています。

深津式プロンプト・システムとは?

深津式プロンプト・システム」は、note社のCXOである深津貴之氏によって考案されたフレームワークです。このフレームワークは、ChatGPTに対する指示をより明確にし、結果として出力品質を向上させることを目的としています。

具体的には以下のとおり、ChatGPTの役割、入力から出力への変換プロセス、出力の目標、そして制約条件を明確に指定します。

#命令書:
あなたは、プロの編集者です。
以下の制約条件と入力文をもとに、 最高の要約を出力してください。

#制約条件:
・文字数は300文字程度。
・小学生にもわかりやすく。
・重要なキーワードを取り残さない。
・文章を簡潔に。

#入力文:
<ここに入力文章>

#出力文:

出典:YouTube「あなたの仕事が劇的に変わる!? ChatGPT使いこなし最前線」

さらに、この記事では「深津式プロンプト・システム②」も採用しています。

このフレームワークには、「このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください」という指示が含まれており、ChatGPTが最適な出力を生成するための追加情報を自ら質問する可能性があります。

①「恋愛小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例①「恋愛小説」のテンプレートと具体例

ChatGPTを使って恋愛小説を書く際には、プロンプトの設定が非常に重要です。

ここでは、恋愛小説を書くためのプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「恋愛小説」

#命令書:
あなたは、[プロの恋愛小説の作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[恋愛シーンの小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 300〜500文字]
・[トーン: ロマンティック]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “初デート”, “告白”]
・[ジャンルとテーマ性: 恋愛]
・[登場人物の心情と状況: 主人公は緊張している、相手は好意を持っている]
・[時間と場所: 現代、カフェ]
・[視点: 第三人称]
・[対話と内省のバランス: 対話重視]
・[テンポ: 適度]
・[文体: シンプル]
・[ターゲット読者: 10代〜30代の女性]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 成長する]

#入力文:
[主人公(男性)とその恋人(女性)が、初めてデートするシーンです。主人公は緊張していますが、告白を考えています。場所はおしゃれなカフェで、時間は夕方です。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「恋愛小説」の具体例をご紹介します。

「恋愛小説」の具体例

主人公のジョンは、緊張で手が震えていた。目の前には、長い間思いを寄せていたサラが座っている。おしゃれなカフェの中、夕方の柔らかな光が二人を照らしている。ジョンは深呼吸をして、ようやく口を開いた。

「サラ、実は僕、ずっと君のことが好きだったんだ。今日、この瞬間をどれだけ待ち望んでいたかわからない。」

サラは驚いた表情でジョンを見つめたが、その瞳には明らかな喜びが宿っていた。

「ジョン、私も…」

この瞬間、二人の間に流れる緊張が一気に解け、新たな恋の物語が始まった。

このようなプロンプトと出力文の設定により、ChatGPTは非常にリアルで感動的な恋愛小説の一節を生成することができます。

プロンプトの設定によっては、さまざまなシチュエーションや感情を表現することが可能ですので、ぜひお試しください。

②「ミステリー小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例②「ミステリー小説」のテンプレートと具体例

ミステリー小説は、読者を驚かせ、考えさせる力があります。そのため、プロンプトの設定が非常に重要です。

以下で、ミステリー小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「ミステリー小説」

#命令書:
あなたは、[プロのミステリー作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[犯罪の解明シーン]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 300〜600文字]
・[トーン: シリアス]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “探偵”, “犯人”, “証拠”]
・[ジャンルとテーマ性: ミステリー、犯罪解明]
・[登場人物の心情と状況: 探偵は冷静、犯人は焦っている]
・[時間と場所: 現代、密室]
・[視点: 第三人称]
・[対話と内省のバランス: 対話重視]
・[テンポ: 適度]
・[文体: シンプル]
・[ターゲット読者: 大人]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 探偵が成長する]

#入力文:
[探偵と犯人が密室で対峙している。探偵は犯人の正体を知っているが、まだ明かしていない。犯人は逃げ場がなく、焦っている。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「ミステリー小説」の具体例をご紹介します。

「ミステリー小説」の具体例

探偵マリアは、密室の中で犯人と対峙していた。犯人の顔には焦りが見えたが、マリアは冷静だった。

「逃げられると思う?」マリアは静かに言った。

「証拠がないなら、何もできないだろう?」犯人は挑発的に答えた。

マリアは微笑みながら、手に持っていた証拠をテーブルに置いた。「これがあなたの指紋です。」

犯人の顔色が一変した。「それが何だっていうんだ?」

「これで、あなたが犯人であることが証明されました。」マリアは手錠を取り出した。

犯人はついに降参し、「わかった、負けだ。」と言った。

マリアは手錠をかけ、犯罪が解明された瞬間を独りで味わった。

このようなプロンプト設定により、緻密なミステリー小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

③「ファンタジー小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例③「ファンタジー小説」のテンプレートと具体例

ファンタジー小説は、現実世界の枠を超えた壮大な物語が展開されるジャンルです。魔法や神話、異世界などが舞台となります。

以下で、ファンタジー小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「ファンタジー小説」

#命令書:
あなたは、[プロのファンタジー作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[魔法の決闘シーンの小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 500〜1000文字]
・[トーン: 壮大]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “魔法”, “勇者”, “ドラゴン”]
・[ジャンルとテーマ性: ファンタジー、勇者と悪の力]
・[登場人物の心情と状況: 勇者は希望に満ち、敵は傲慢]
・[時間と場所: 中世ヨーロッパ風の城]
・[視点: 第三人称]
・[対話と内省のバランス: バランス良く]
・[テンポ: 速い]
・[文体: 豊かな表現]
・[ターゲット読者: 10代以上]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 勇者が成長する]

#入力文:
[勇者と魔法使いの敵が、城の広場で魔法の決闘を始める。勇者は新たな魔法の剣を手に入れ、敵は古代の呪文でドラゴンを呼び寄せる。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「ファンタジー小説」の具体例をご紹介します。

「ファンタジー小説」の具体例

城の広場に響き渡る呪文の言葉。魔法使いの敵は、古代の呪文を唱え、空に巨大なドラゴンを呼び寄せた。その瞬間、勇者は新たな魔法の剣を抜き、希望に満ちた瞳で敵を見据えた。

「この剣で、お前の野望を打ち砕く!」勇者は叫び、剣を振り下ろした。

ドラゴンは咆哮し、炎を吹きかける。しかし、勇者の剣は炎を吸収し、さらに力を増した。

「無駄だ、勇者よ。」魔法使いは傲慢な笑みを浮かべた。しかし、その笑みはすぐに消えた。

勇者は剣を高く掲げ、一閃。その剣の光がドラゴンと魔法使いを貫き、闇を払い消した。

「これが勇者の力だ!」勇者は叫び、広場に集まった人々も喜びで歓声を上げた。

こうして、勇者は新たな伝説を作り、成長の証をこの世界に刻んだ。

このようなプロンプト設定により、壮大なファンタジー小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

④「歴史小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例④「歴史小説」のテンプレートと具体例

歴史小説は、過去の出来事や人物、文化を題材にしたフィクションです。このジャンルは、読者に歴史的な背景や人々の生活、価値観を理解させる力があります。

以下で、歴史小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「歴史小説」

#命令書:
あなたは、[プロの歴史小説作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[戦国時代の戦いの小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 800〜1500文字]
・[トーン: シリアス]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “武将”, “城”, “忍者”]
・[ジャンルとテーマ性: 歴史、戦国時代]
・[登場人物の心情と状況: 武将は決意に満ち、忍者は緊張している]
・[時間と場所: 戦国時代、日本の城下町]
・[視点: 第三人称]
・[対話と内省のバランス: バランス良く]
・[テンポ: 適度]
・[文体: 豊かな表現]
・[ターゲット読者: 大人]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 武将が成長する]

#入力文:
[武将と忍者が、敵の城を攻める計画を練っている。武将は若く、これが初めての大きな戦いである。忍者は経験豊富だが、この戦いの重要性を痛感している。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「歴史小説」の具体例をご紹介します。

「歴史小説」の具体例

城下町の一角で、若き武将と経験豊富な忍者が密談していた。武将の瞳には未来への決意が燃え、忍者の表情には緊張がにじんでいた。

「この戦いで、我々は新たな歴史を刻むのだ。」武将は力強く語った。

忍者はしばらく沈黙し、やがて口を開いた。「確かに、この戦いは重要です。しかし、敵もまた強力です。計略が必要です。」

武将は頷き、二人は戦術を練り始めた。忍者の提案により、城の裏手から攻める作戦が決定された。

そして、ついにその日が来た。武将は軍を指揮し、忍者は偵察と暗殺に徹した。戦いは激しさを増し、ついには武将自らが敵の大将と一騎討ちとなった。

剣が交錯し、火花が散る中、武将は一瞬の隙をついて敵を討ち取った。その瞬間、城は陥落し、武将は名を上げることとなった。

こうして、若き武将は成長し、その名は後世に語り継がれることとなった。

このようなプロンプト設定により、歴史小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

⑤「SF小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例⑤「SF小説」のテンプレートと具体例

SF(サイエンスフィクション)小説は、科学技術や未来、異星、超自然現象などをテーマにしたフィクションです。このジャンルは、人々が未来に対する期待や恐れ、科学的な仮説や倫理的な問題を探求する場となります。

以下で、SF小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「SF小説」

#命令書:
あなたは、[プロのSF小説作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[未来の地球を救う小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 1000〜2000文字]
・[トーン: シリアス]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “未来”, “地球”, “テクノロジー”]
・[ジャンルとテーマ性: SF、環境問題]
・[登場人物の心情と状況: 主人公は疲れ果てているが希望を持っている]
・[時間と場所: 未来の地球、宇宙ステーション]
・[視点: 第一人称]
・[対話と内省のバランス: 内省重視]
・[テンポ: 適度]
・[文体: シンプル]
・[ターゲット読者: 大人]
・[緊張と解決の方向性: 解決に向かう方向]
・[キャラクターの成長方向: 主人公が成長する]

#入力文:
[主人公は未来の地球で環境問題に取り組む科学者です。彼は新しいテクノロジーを使って地球を救おうとしていますが、多くの障害に直面しています。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「SF小説」の具体例をご紹介します。

「SF小説」の具体例

私は未来の地球で環境問題に取り組む科学者だ。疲れ果てているが、新しいテクノロジーによって地球を救う希望を持っている。宇宙ステーションでの研究は厳しい。リソースも限られ、多くの障害に直面している。

「このテクノロジーが成功すれば、地球は救える。」と自分に言い聞かせる。しかし、そのためにはまだ多くの課題が残っている。

ある日、突破口が見えた。それは、地球の大気を浄化する新しい方法だ。試験結果は良好で、ついにこのプロジェクトが現実のものとなる可能性が高まった。

私は疲れ果てていたが、この成功によって新たな希望と活力を得た。そして、ついにその日が来た。新しいテクノロジーが地球全体で展開され、環境が徐々に回復していった。

私の心の中で一つ確信が芽生えた。それは、科学と人々の努力によって、未来は必ずよくなるということだ。

このようなプロンプト設定により、SF小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

⑥「ホラー小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例⑥「ホラー小説」のテンプレートと具体例

ホラー小説は、読者に恐怖や緊張感を与えることを目的としたジャンルです。このジャンルは、人々が抱える恐怖や不安、タブーに対する探求の場ともなります。

以下で、ホラー小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「ホラー小説」

#命令書:
あなたは、[プロのホラー小説作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[心の闇を描くホラー小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 500〜1000文字]
・[トーン: シリアス]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “心の闇”, “秘密”, “恐怖”]
・[ジャンルとテーマ性: ホラー、心理的恐怖]
・[登場人物の心情と状況: 主人公は不安に満ちている]
・[時間と場所: 現代、廃墟となった家]
・[視点: 第一人称]
・[対話と内省のバランス: 内省重視]
・[テンポ: 適度]
・[文体: シンプル]
・[ターゲット読者: 大人]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 主人公が堕落する]

#入力文:
[主人公は、廃墟となった家で過去の秘密と向き合うことになります。その家には、彼が忘れようとしていた恐ろしい出来事が隠されています。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「ホラー小説」の具体例をご紹介します。

「ホラー小説」の具体例

私はその家に足を踏み入れた瞬間、何かがおかしいと感じた。廃墟となったこの家は、私が子供の頃に住んでいた場所だ。何か恐ろしい出来事があったはずなのに、その記憶はどこかへ消えていた。

家の中を歩きながら、不安と恐怖が心を支配していく。そして、ついにその部屋に辿り着いた。そこには、私が忘れようとしていた”心の闇”が待っていた。

突然、壁から聞こえてくる子供の笑い声。私は悔い改める暇もなく、その恐怖に飲み込まれていった。最後に思ったのは、「こんな結末が待っていたのか」ということだけだった。

このようなプロンプト設定により、心理的な恐怖を描いたホラー小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

⑦「日常系小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例⑦「日常系小説」のテンプレートと具体例

日常系小説は、人々の日常生活や心情、人間関係を描くジャンルです。このジャンルは、大きなドラマや冒険よりも、日常の中の小さな出来事や感情に焦点を当てます。

以下で、日常系小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「日常系小説」

#命令書:
あなたは、[プロの日常系小説作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[人間関係の微妙な変化を描く日常系小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 800〜1200文字]
・[トーン: ロマンティック]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “友情”, “恋愛”, “日常”]
・[ジャンルとテーマ性: 日常系、人間関係]
・[登場人物の心情と状況: 主人公は友達との関係に悩んでいる
・[時間と場所: 現代、カフェ]
・[視点: 第一人称]
・[対話と内省のバランス: バランス良く]
・[テンポ: 適度]
・[文体: シンプル
・[ターゲット読者: 10代〜30代]
・[緊張と解決の方向性: 解決に向かう方向]
・[キャラクターの成長方向: 主人公が成長する]

#入力文:
[主人公は、長い間友達だった人に対して恋愛感情を抱くようになり、その感情にどう向き合うか悩んでいます。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「日常系小説」の具体例をご紹介します。

「日常系小説」の具体例

私はカフェで友達の太一と向かい合っていた。この場所は、私たちがよく集まる場所だ。しかし、最近は何かが違う。太一に対する私の感情が、友情を超えてしまったからだ。

「どうしたの? 何か考え事?」太一が尋ねる。

「うん、ちょっとね。」私は答えたが、本当に言いたいことは言えない。

時間が過ぎて、私たちはカフェを出た。太一との関係が以前のように戻ることはないかもしれない。でも、この感情に正直でいたい。

「太一、実はね、私、君のことが好きになっちゃった。」

太一は驚いた顔をしたが、しばらくすると笑った。「それなら、新しいステージに進もうよ。」

私は安堵した。友情も大切だけど、新しい感情に進む勇気も必要だ。

このようなプロンプト設定により、日常の中で微妙に変わる人間関係を描いた日常系小説の一場面を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。ぜひ、このテンプレートを参考にしてみてください。

⑧「冒険小説」のテンプレートと具体例

小説を書くためのChatGPTプロンプト:テンプレート集と具体例⑧「冒険小説」のテンプレートと具体例

冒険小説は、主人公や登場人物が未知の世界や困難な状況に挑むストーリーを描くジャンルです。

この記事では、冒険小説のプロンプトのテンプレートと具体例をご紹介します。

プロンプトのテンプレート例「冒険小説」

#命令書:
あなたは、[プロの冒険小説作家]です。
以下の制約条件と入力文をもとに、最高の[宝探しの冒険を描く冒険小説]を出力してください。

#制約条件:
・[文章の長さ: 2000〜3000文字]
・[トーン: シリアス]
・[難易度: 一般向け]
・[キーワード: “宝探し”, “海賊”, “島”]
・[ジャンルとテーマ性: 冒険、宝探し]
・[登場人物の心情と状況: 主人公は冒険に燃えている]
・[時間と場所: 17世紀、カリブ海]
・[視点: 第三人称]
・[対話と内省のバランス: 対話重視]
・[テンポ: 速い]
・[文体: シンプル]
・[ターゲット読者: 10代以上]
・[緊張と解決の方向性: 緊張が高まる方向]
・[キャラクターの成長方向: 主人公が成長する]

#入力文:
[主人公は、伝説の海賊が隠したとされる財宝を求めて、仲間と共に冒険に出る。途中で数々の困難に遭遇するが、それを乗り越えて成長していく。]

#出力文:

このタスクで最高の結果を出すために、追加の情報が必要な場合は質問をしてください。

次に、上記のプロンプトテンプレートを用いて実際に生成された「冒険小説」の具体例をご紹介します。

「冒険小説」の具体例

17世紀、カリブ海。主人公ジョンは、伝説の海賊キャプテン・フリントが隠した財宝を求め、仲間と共に船で冒険に出た。船は波立つ海を進み、ついに目的の島に到着する。

「よし、ここがフリント島だ!」ジョンは興奮して叫んだ。

しかし、島には数々の罠と危険が待ち受けていた。仲間たちは次々と罠にかかり、ジョンも絶体絶命の状況に陥る。しかし、その困難を乗り越え、ジョンは仲間と共に財宝を見つけ出す。

「これがフリントの財宝か…」ジョンは感慨深くつぶやいた。

冒険は終わりを告げ、ジョンと仲間たちは成長した心で帰路についた。

このようなプロンプト設定により、緊迫感溢れる冒険小説の一節を生成することができます。

プロンプトの各要素が明確であれば、より高品質な出力が期待できます。このテンプレートを参考に、自分自身の冒険小説を書いてみてはいかがでしょうか。

ChatGPTを使って小説を書く際の注意点

小説を書く_ChatGPT プロンプト 活用法

ChatGPTを用いて小説を生成する場合、確かに便利さと効率性が増しますが、いくつか留意すべきポイントがあります。

このセクションでは、特に重要な3つのポイントを詳しくご紹介します。

個人情報と機密情報のセキュリティ

ChatGPTは便利なツールでありますが、セキュリティ面でも注意が必要です。特に、個人情報や機密情報を扱う場面では極めて慎重に行動しましょう。

ChatGPTでは「チャット履歴とトレーニング」を無効にすることで、データが保存されず、学習にも用いられません。ただし、30日間は会話が保持されるため、その期間中に不正行為が疑われる場合は、データが確認される可能性があります。

以上のような理由から、個人情報や機密情報の取り扱いは極力避けるべきです。

精度と信頼性について

ChatGPTは先進的なAI技術を採用していますが、その出力の精度は入力された情報に大きく依存します。不明確な指示や誤った情報が入力されると、生成される小説も不正確になる可能性があります。

また、ChatGPTは2021年9月までの情報しか持っていないため、それ以降の最新情報や変化については反映されない点を考慮する必要があります。(ChatGPTのアップデートにより、GPT-4は2023年4月までの知識が追加されました。「ChatGPT GPT-4のアップデート」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。)

そのため、具体的かつ正確な指示と情報提供が不可欠です。

最後のチェックは手動で

ChatGPTによって生成された小説も、最終的には人間の目で確認することが重要です。文脈の妥当性や感情のニュアンスなど、AIでは判断できない要素が多く存在します。

最後の手動確認で、これらの要素をしっかりとチェックし、必要な修正を加えましょう。

ChatGPT プロンプトを完全マスターできる学校の紹介

ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」
(出典:ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」

本格的にプロンプトスキルを身につけたい方は、未経験から最短最速で完全マスターできる「飛翔」というChatGPTプロンプトの学習プログラムをおすすめします。

このプログラムは、初心者から上級者まで、段階的かつ効果的にChatGPTのプロンプト作成を学ぶことができる画期的なカリキュラムを提供しています。

30本以上の動画コンテンツ、実践的な使用例、そして最新情報への定期的なアップデートにより、ChatGPTの進化に常に追従することが可能です。

また、24時間のサポートやZOOM交流会を通じて、2500名以上の受講生と知識を共有し、相互に学び合う環境が整っています。

特に重要なのは、このプログラムがAI業界の専門家によって開発され、独学では得られない深い理解と実践的なスキルを提供している点です。

ChatGPTプロンプトの学校「飛翔」の詳細は、こちらからご確認ください。

まとめ

【ChatGPTで小説の書き方】ジャンル別で驚きの簡単さ!プロンプトとテンプレート集 まとめ

ChatGPTとプロンプトを活用した小説の書き方は、いかがでしたでしょうか?

この記事では、ChatGPTを用いて小説を書くための総合的なガイドを提供しました。

初心者から経験者まで、具体的なステップとプロンプトのテンプレートを用いて、高品質な小説を生成する方法を解説しました。


最後に、重要なポイントをまとめます。

ChatGPT「小説の書き方」重要なポイント

  • 目的の明確化: 何を書きたいのか、目的を明確にすることが最初のステップです。
  • 対象者の設定: 誰に向けて書くのかを考え、それに合わせてトーンや言語を選びます。
  • プロンプトの活用: プロンプトは小説の質を大きく左右します。テンプレートや具体例を参考にしながら、最適なプロンプトを設定しましょう。
  • 最終チェック: AIが生成した文章は必ず手動で最終チェックを行い、精度と信頼性を確保します。

これらのポイントを押さえて、ChatGPTを使って自分だけの小説を書いてみてください。

創作は行動から始まります。この記事があなたの創作活動の一歩となるきっかけになれば幸いです!

これまでに紹介したChatGPT プロンプトの一覧

ChatGPTのプロンプトは、その使い方次第で多彩な活用が可能です。

しかし、多くの人がプロンプトの真の力を知らずに、基本的な使い方しかしていないのが現状です。

そこで、ChatGPTのプロンプトの活用方法を「プロンプト集」としてシリーズ化しています。これからも続々と新しい活用方法を紹介していく予定ですので、お楽しみに!

これまでに紹介したプロンプトの活用法は、「プロンプト集(カテゴリページ)」にまとめています。
ぜひ、新しいプロンプトも試してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次