【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【AI Agents】ChatGPT プラグイン 使い方:目標設定でAIを賢く動かし、複雑な問題を解決!

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

AIの世界は急速に進化していますが、AIの多くは専門家だけのもので、一般の人々には手の届かないものと感じられていませんか?

しかし、今日はそんなあなたに朗報です!

今回紹介する、おすすめのChatGPTの「AI Agents」プラグインを使えば、誰でも簡単にAIの力を引き出し、日常のタスクや問題解決に活用することができます。

「AI Agents」プラグインとは、一言でいうとAIに目標を教えて賢く動かす機能を追加するツールです。


この説明だけでは機能が分かりづらいところもあるかもしれませんが、この記事では「AI Agents」プラグインの使い方と多くの実例を紹介します。

記事を読むことで、「AI Agents」プラグインがあなたのビジネスや生活を向上させる過程において、欠かせない存在であることが理解できるでしょう。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「AI Agents」プラグインの操作を学び、AIの基本知識がなくても日常生活やビジネスに活用する方法を習得できる
  • 実例を通じて、「AI Agents」プラグインの機能を深く理解し、目標に合わせたカスタマイズ方法を把握できる
  • AIの可能性を最大限に活かすためのヒントとテクニックを学び、効率的でスマートな問題解決能力を身につけることができる

さあ、AIの世界への扉を開け、未来の可能性を広げましょう。

この記事が、あなたのAI活用の第一歩となることをお約束します!

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「AI Agents」とは?開発元、開発目的は?

AI Agents Lab 公式サイト
(出典:AI Agents Lab 公式サイト

「AI Agents」プラグインの開発元は、米国デラウェア州にある「AI Agents Lab」という組織です。
「AI Agents Lab」は、「Photorealistic」プラグインも開発しています。

「AI Agents」プラグインについての具体的な開発目的は、ウェブサイト上によると、AIの力を最大限に引き出し、作業フローを変革するための革新的なソリューションを提供することのようです。

具体的には、タスクの自動化、洞察の生成、トレンドの予測を行い、ユーザーのユニークなニーズに学習して適応するプラグインを提供することで、より効率的に作業を行う手助けをすることが目的とされています。

「AI Agents」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「AI Agents」プラグインは、AIに目標を教えて賢く動かすツールです。

「AI Agents」プラグインを使うと、ChatGPTがさらに賢くなり、複雑な問題に対して深く考えることができます。これにより、AIに目標を設定し、その目標に基づいて行動させることができます。

また、専門的な知識を持つAIと連携し、高度な情報を提供することも可能です。


例えば、あなたが料理を作りたいけど、どんなレシピを作ればいいかわからないとします。

このプラグインを使えば、AIに「おいしいレシピを見つける」という目標を設定し、AIがインターネット上でレシピを探して提案してくれるかもしれません。

これは、AIがあなたの手助けをしてくれるような感じです。これは、AIがあなたのアシスタントのように働いてくれる感じです。


「AI Agents」プラグインの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「AI Agents」プラグインの主な機能

  • 目標指向の行動: AIに具体的な目標を設定し、その目標に従って行動させることができます。
  • 高度な解析: AIが複雑な問題を深く分析し、解決策を提案する能力を向上させます。
  • コラボレーション: 他の複数のAIエージェントと連携し、より包括的な解決策を提供します。
  • カスタマイズ: AIの行動や解析手法を特定のタスクや問題に合わせて調整することができます。
  • 専門的な知識: 特定の分野に精通したAIと協力して、専門的な情報やアドバイスを得ることができます。
  • 効率的な問題解決: AIが迅速かつ効率的に問題解決のための提案を行います。

「AI Agents」プラグインは、かなり高度な活用ができそうなことがわかります。

ChatGPTのプラグイン「AI Agents」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「AI Agents」プラグインを使ってみます。

まずは、「AI Agents」プラグインをインストールします。

「AI Agents」プラグインをインストール

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「AI Agents」を検索します。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

AI Agentsが選択されていることを確認します。

「AI Agents」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「AI Agents」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「AI Agents」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
プラグイン「AI Agents」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。

STEP

ステップ1: プラグインのインストール

まず、AI Agentsプラグインを使用するために必要なソフトウェアやツールをインストールしてください。これは、ウェブサイトやアプリケーションに依存します。通常、プラグインのインストールは設定メニューや拡張機能ページから行うことができます。

STEP

ステップ2: プラグインの有効化

インストールが完了したら、プラグインを有効にする必要があります。これは通常、プラグインや拡張機能の設定ページから行うことができます。

STEP

ステップ3: 目標の設定

AI Agentsプラグインを使用するには、目標を設定する必要があります。目標は、AIに実行させたいタスクや問題を明確にするものです。

STEP

ステップ4: コードの記述

AI Agentsプラグインを使用するために、コードを記述する必要があります。以下は、基本的なコードの例です。

aiAgents.aiagent({
  goal: "ここに目標を記述"
});

このコードは、AI Agentsプラグインに目標を送信し、AIがその目標に従って行動するように指示します。

STEP

ステップ5: コードの実行

記述したコードを実行します。これにより、AI Agentsプラグインが目標に従って動作を開始します。

STEP

ステップ6: 結果の確認

AIが目標を達成したら、結果を確認します。これは、コードの出力や、AIが行ったアクションによって異なります。

STEP

ステップ7: 必要に応じて調整

結果が期待通りでない場合は、目標の設定やコードを調整して、再度実行します。

これらのステップを通じて、AI Agentsプラグインを使ってAIを活用することができます。プログラミング経験が少ない場合は、公式ドキュメントやチュートリアルを参照すると、さらに理解が深まるかと思います。

↑ChatGPTの返答はここまで↑

15歳でも出来る「AI Agents」の簡単な使い方(実例あり)

上記のChatGPTから教えてもらったステップでは、コードを書いて利用する方法でした
僕を含め普段コードを使用しない人のために、簡単な使い方を知りたいと感じました。

そこで、下記のプロンプトを送信。

プロンプト
ChatGPTの「AI Agents」プラグインでコードを使わない簡単な一般的な使い方があれば、例文をあげて15歳でも理解できるように教えてください

ChatGPTから下記の回答が返ってきました。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

15歳でもできる「AI Agents」プラグインの簡単な使い方は以下のとおりです。
ChatGPTの回答をまとめます。

15歳でもできる「AI Agents」プラグインの簡単な使い方

  1. 目標を設定する: 「AI Agentsプラグインを使って、私の地理の宿題に役立つ情報を教えてください。」
  2. 結果を受け取る: ChatGPTがAI Agentsプラグインを使用して情報を提供します。
  3. 必要に応じて目標を調整する: 情報が期待に応えなかった場合、目標を調整して再度試します。

つまり、「AI Agents」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:地理の宿題に役立つ情報を知るためには?

  1. 「AI Agents」プラグインを選択
  2. 「AI Agentsプラグインを使って、私の地理の宿題に役立つ情報を教えてください。」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信
  4. 情報が期待に応えなかった場合、目標を調整して再度プロンプトを送信

なんと、設定した目標を「プロンプト(命令文)」に書いて送信するだけ!簡単ですね!

「AI Agents」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「AI Agents」プラグインを使ってみます。

「AI Agents」プラグインに、「地理の宿題に役立つ情報」を収集する情報を教えてもらった結果は?

先ほど、ChatGPTが「AI Agents」プラグインの使い方の例に挙げた、「地理の宿題に役立つ情報」を聞いてみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、私の地理の宿題に役立つ情報を教えてください。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「地理の宿題に役立つ情報」を収集するための手順を、以下のステップでかなり詳しく教えてくれました。
ChatGPTの返答をそのまま紹介します。

STEP
まず、地理の宿題に役立つ情報を収集するために、以下のリソースを利用して調査を行ってください。
  • インターネット上の信頼性の高い地理の教育サイトや学術論文を検索してください。例えば、国際連合のウェブサイトや地理学の専門学会のウェブサイトなどが参考になるでしょう。
  • 地理の教科書や参考書を利用して、宿題に関連するトピックについての基本的な知識を確認してください。
STEP
宿題の要件に基づいて、以下の情報を収集してください。
  • 宿題のトピックに関連する国や地域の地理的な特徴や人口統計データを調査してください。例えば、面積、気候、地形、主要都市、人口密度などの情報が求められるかもしれません。
  • 宿題のトピックに関連する地理的な問題や課題について調査してください。例えば、環境問題、人口増加の影響、地理的な紛争などが関連するかもしれません。
  • 宿題のトピックに関連する地理的な用語や概念について調査してください。例えば、地球の層構造、大陸移動、気候変動などが関連するかもしれません。
STEP
収集した情報を整理し、宿題の要件に合わせてまとめてください。
  • 収集した情報を宿題のトピックごとに整理し、各トピックに関連する情報をまとめてください。情報を整理する際には、箇条書きやグラフなどを活用してわかりやすくまとめることが重要です。
  • 必要に応じて、地図や図表を作成して情報を視覚化することも検討してください。
STEP
収集した情報を利用して、宿題の回答を作成してください。
  • 宿題の要件に基づいて、収集した情報を活用して回答を作成してください。回答は明確で正確な情報を提供するようにし、必要な場合は出典や参考文献を明記してください。
  • 回答を作成する際には、自分の言葉で説明することが重要です。ただし、必要な場合は、専門的な用語や概念を適切に使用してください。
STEP
最後に、回答を校正し、必要な修正や改善を行ってください。
  • 回答を再度確認し、誤字や文法のミス、情報の不足などがないかをチェックしてください。
  • 必要に応じて、追加の調査や情報収集を行って回答を改善することも考えてください。

以上の手順に従って、地理の宿題に役立つ情報を収集し、回答を作成してください。必要な場合は、質問や不明点があれば遠慮なくお知らせください。

↑ChatGPTの返答はここまで↑

「地理の宿題に役立つ情報」を収集するための手順が、丁寧過ぎるほど丁寧で驚きました。もし自分で、このプロセスをまとめようとしたら、かなりの時間と労力がかかりそうですね…

続けて「AI Agents」プラグインに、「アフリカの主要な川についての情報」を教えてもらった結果は?

それでは続けて、ChatGPTが「AI Agents」プラグインの使い方の例に挙げた、「アフリカの主要な川についての情報」について聞いてみます。

以下のプロンプトを出してみました。

それは面白い情報です!さらに、AI Agentsプラグインを使ってアフリカの主要な川について教えてもらえますか?

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「アフリカの主要な川についての情報」を収集するための手順を、今回もかなり詳しく教えてくれました。

最初に「アフリカの主要な川」の例を挙げてから始まるところが、とても良心的なプラグインだと感じました。

1.最初に、アフリカの主要な川についての情報を収集します。以下はいくつかの主要な川の例ですが、他の川についても情報を見つけることができます。

  • ナイル川
  • コンゴ川
  • ニジェール川
  • ザンベジ川
  • オランジュ川

【実例】「AI Agents」プラグインを使って、10個の目標を設定してみた結果

ここまでは、ChatGPTが例に挙げたプロンプトを試してきました。

ここからは、「AI Agents」プラグインの能力をもっと確認するために、以下の様々な分野で、より高度な「10個の目標」を設定して試してみたいと思います。

「AI Agents」プラグインに考えてもらう10個の目標

  1. 市場調査の自動化: 「競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する」
  2. スマートホームの最適化: 「スマートホームデバイスのデータを分析し、エネルギー効率を最適化するための提案を行う」
  3. 株価の予測: 「過去の株価データと市場のトレンドを分析し、特定の株の将来の価格を予測する」
  4. 旅行プランニング: 「ユーザーの予算と興味に基づいて、カスタマイズされた旅行プランを作成する」
  5. 音楽作曲の支援: 「ユーザーの音楽的嗜好と目標に基づいて、新しい曲の作曲を支援する」
  6. 緊急時の対応プラン作成: 「自然災害や緊急事態において、効率的な避難経路や安全対策を提案する」
  7. 持続可能な農業の支援: 「気候データと土壌情報を分析し、持続可能な農業のための作物の選択と栽培方法を提案する」
  8. スマートシティの開発: 「都市の交通、エネルギー使用、公共サービスのデータを分析し、持続可能なスマートシティの開発を支援する」
  9. クリエイティブなコンテンツ生成: 「ユーザーの好みとトレンドを分析し、ブログ記事、ビデオ、音楽などのクリエイティブなコンテンツを生成する」
  10. メンタルヘルスケア: 「ユーザーの感情や行動のデータを分析し、ストレス管理やメンタルヘルスの改善に役立つリソースを提供する」

それぞれ順番に試してみます。

目標①「市場調査の自動化」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

まずは、「市場調査の自動化: 競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「市場調査の自動化」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。収集する情報から保存方法、使用すべきツールの名称など、具体的に教えてくれました。

かなり有能なAIアシスタントだと感じました。

目標②「スマートホームの最適化」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「スマートホームの最適化: スマートホームデバイスのデータを分析し、エネルギー効率を最適化するための提案を行う」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、スマートホームデバイスのデータを分析し、エネルギー効率を最適化するための提案を行う。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「スマートホームの最適化」の手順を、詳しく教えてくれました。

ただ、今回は以下のように「AI Agents」プラグインにエラーが生じたようです。

残念ながら、AI Agentsプラグインからのレスポンスに問題があるようです。それでも、私は手動でスマートホームデバイスのデータを分析し、エネルギー効率を最適化するための提案を行う方法を説明します。

それでもデータ分析して回答してくれたようです。

ただ、「AI Agents」プラグインが回答したのか、ChatGPTが回答したのかは不明です。再度、時間を置いて試してみます。

再度、時間を置いて試してみた結果は?

前回、「AI Agentsプラグインからのレスポンスに問題がある」ということだったので、時間を置いて再度試してみました。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

今回は「AI Agents」プラグインが正常に作動し、回答してくれました。

前回の内容と比較しましたところ、若干異なった部分はありましたが、内容はほぼ同じでした。ただ、やはり正常に作動した方が、詳細まで書かれてありました。

目標③「株価の予測」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「株価の予測: 過去の株価データと市場のトレンドを分析し、特定の株の将来の価格を予測する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、過去の株価データと市場のトレンドを分析し、特定の株の将来の価格を予測する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「株価の予測」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

これは、初心者から経験豊富な投資家まで、市場の動向を理解し、株価の将来的な動きを予測する上で非常に役立ちますね。

目標④「旅行プランニング」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「旅行プランニング: ユーザーの予算と興味に基づいて、カスタマイズされた旅行プランを作成する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、ユーザーの予算と興味に基づいて、カスタマイズされた旅行プランを作成する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「旅行プランニング」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

ただ、割と一般的な手順だったので、ユーザーの予算と興味などを具体的にして目標を調整すれば、もっと詳細な手順を教えてくれると思います。

目標⑤「音楽作曲の支援」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「音楽作曲の支援: ユーザーの音楽的嗜好と目標に基づいて、新しい曲の作曲を支援する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、ユーザーの音楽的嗜好と目標に基づいて、新しい曲の作曲を支援する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「音楽作曲の支援」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。ユーザーとのコミュニケーションが鍵ですね。

目標⑥「緊急時の対応プラン作成」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「緊急時の対応プラン作成: 自然災害や緊急事態において、効率的な避難経路や安全対策を提案する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、自然災害や緊急事態において、効率的な避難経路や安全対策を提案する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「緊急時の対応プラン作成」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

教育キャンペーンや、地域の住民に対する訓練など、なるほど!と思うステップがありました。

目標⑦「持続可能な農業の支援」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「持続可能な農業の支援: 気候データと土壌情報を分析し、持続可能な農業のための作物の選択と栽培方法を提案する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、気候データと土壌情報を分析し、持続可能な農業のための作物の選択と栽培方法を提案する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「持続可能な農業の支援」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

特に、土壌情報や気候データを活用して、作物の選択や栽培方法を最適化するアプローチは、農家がより持続可能で効率的な方法で作物を育てるのに役立つと感じました。

目標⑧「スマートシティの開発」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「スマートシティの開発: 都市の交通、エネルギー使用、公共サービスのデータを分析し、持続可能なスマートシティの開発を支援する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、都市の交通、エネルギー使用、公共サービスのデータを分析し、持続可能なスマートシティの開発を支援する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「スマートシティの開発」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

特に、データを活用して交通ルートを最適化したり、エネルギー効率を向上させたりする点は、持続可能な未来に向けて非常に重要だと感じました。

目標⑨「クリエイティブなコンテンツ生成」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

次に、「クリエイティブなコンテンツ生成: ユーザーの好みとトレンドを分析し、ブログ記事、ビデオ、音楽などのクリエイティブなコンテンツを生成する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、ユーザーの好みとトレンドを分析し、ブログ記事、ビデオ、音楽などのクリエイティブなコンテンツを生成する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「クリエイティブなコンテンツ生成」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

「収集したデータをクラスタリングや分類アルゴリズムを使用してグループに分けます」というところは、一般の人には少し専門的すぎるかもしれません。

しかし、「AI Agents」プラグインを使って、データサイエンティストやプログラマーがこの複雑な部分を効率的に処理し、ユーザーが関心を持っているトピックに基づいてコンテンツを生成する手助けをすることができるのは素晴らしいですね。

目標⑩「メンタルヘルスケア」を「AI Agents」プラグインに考えてもらった結果は?

最後に、「メンタルヘルスケア: ユーザーの感情や行動のデータを分析し、ストレス管理やメンタルヘルスの改善に役立つリソースを提供する」を「AI Agents」プラグインに考えてもらいます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

AI Agentsプラグインを使って、ユーザーの感情や行動のデータを分析し、ストレス管理やメンタルヘルスの改善に役立つリソースを提供する。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「メンタルヘルスケア」の手順を、ステップ形式でかなり詳しく教えてくれました。

これは、メンタルヘルスの専門家や研究者が、データを効果的に分析し、個人の感情や行動に関する洞察を得るのに役立つかもしれません。

【10個の実例のまとめ】「AI Agents」プラグインを使って、10個の目標を設定してみた

以上、「AI Agents」プラグインを使って、様々な分野で、より高度な「10個の目標」を設定して試してみました。

1つ1つ確認してみたところ、その多様性と効率性には本当に感銘を受けました。


「市場調査の自動化」では、競合分析がこれまでよりもはるかに迅速かつ正確に行えると感じました。また、「スマートホームの最適化」では、エネルギー消費を大幅に削減しながら快適さを維持することができると思います。

特に「音楽作曲の支援」では、AIが創造的なプロセスにどのように貢献できるかを目の当たりにしました。また、「持続可能な農業の支援」では、AIが環境に優しい方法で農業生産を向上させるための洞察を提供することに驚きました。

「メンタルヘルスケア」の分野では、AIが人々の精神的健康をサポートするための新しい道を切り開く可能性を示しています。


全体として、「AI Agents」プラグインは、多くの分野で目標を達成するための強力なツールであることが確認できました。

これは、ビジネスや日常生活において、時間とリソースを節約しながら、より良い結果を得るための鍵となるでしょう!

【カスタマイズの実例】特定のタスクや目標に合わせて、AIの行動を調整する

冒頭で紹介した「AI Agents」プラグインの主な機能に、「カスタマイズ: AIの行動や解析手法を特定のタスクや問題に合わせて調整することができます」がありました。

そこでこの項目では、カスタマイズの実例を紹介します。

目標①の「市場調査の自動化」をカスタマイズ

カスタマイズの例として、上に挙げた10個の目標の中から、目標①の「市場調査の自動化」をカスタマイズします。

最初は、以下のプロンプト(命令文)を出してました。

AI Agentsプラグインを使って、競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。

このプロンプトに対するChatGPTの回答は以下のとおりでした。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

この最初のプロンプトでは、製品についても、どこの市場かについても、具体的に示されてませんでした。

そのため、このプロンプトをカスタマイズするとすれば、例えば、特定の地域における競合他社の製品の評判市場シェアに焦点を当てることが考えられます。

このようにプロンプトをさらに具体的にすることで、「AI Agents」プラグインに特定の情報を収集させることができるわけです。

では実際にカスタマイズした例を2つ紹介します。

カスタマイズの例①

まずひとつ目のカスタマイズしたプロンプトの例は、以下のとおりです。カスタマイズ(追加)したのは、赤字の部分です。

(カスタマイズ前)
AI Agentsプラグインを使って、競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。



(カスタマイズ後)
AI Agentsプラグインを使って、日本市場における競合他社のスマートフォンの評判市場シェアに関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。

これにより、「AI Agents」プラグインは日本市場に特化した情報を収集し、競合他社のスマートフォンの評判や市場シェアに関する分析を行うでしょう。

実際の、このプロンプトに対するChatGPTの回答は以下のとおりでした。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

カスタマイズした内容から、特に「日本市場」という内容はありませんでしたが、「スマートフォンの評判」と「市場シェア」については具体的に書かれてありました。

カスタマイズの例②

2つ目のカスタマイズの例として、特定の顧客層(例:若年層)に焦点を当てることも考えられます。

その場合のカスタマイズしたプロンプトの例は、以下のとおりです。カスタマイズ(追加)したのは、赤字の部分です。

(カスタマイズ前)
AI Agentsプラグインを使って、競合他社の製品に関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。



(カスタマイズ後)
AI Agentsプラグインを使って、18歳から25歳の若者を対象に、競合他社のフィットネス製品に関する評判市場シェアに関する最新の市場調査を自動的に収集し、分析する。

このプロンプトでは、「AI Agents」プラグインは18歳から25歳の若者を対象に、競合他社のフィットネス製品に関する情報を収集し、分析します。

このプロンプトに対するChatGPTの回答は以下のとおりでした。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

カスタマイズした「18歳から25歳の若者」や「フィットネス製品に関する評判」、「市場シェア」について、きちんと織り込んでありました。

このように、プロンプトをカスタマイズすることで、AIの行動をより細かく調整し、必要な情報を効率的に収集することができます。

【注意点】プロンプトには「AI Agentsプラグインを使って」を必ず入力する!

「AI Agents」プラグインをコードを使わないで使用する場合、ひとつ注意点があります。

その注意点とは、プロンプトの先頭には「AI Agentsプラグインを使って」と必ず入力することです。

もし入力しないで実行すると、下の画面のように「AI Agents」プラグインが反応することなく、ChatGPTのみの回答になります。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方
ChatGPTのみの回答

下の画面は、プロンプトに「AI Agentsプラグインを使って」を入力したことで、きちんと「AI Agents」プラグインが作動した際の回答です。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方
「AI Agents」プラグインが作動した回答

2つを比較すると、回答の内容がまったく異なることがわかります。

プロンプトの先頭には「AI Agentsプラグインを使って」と必ず入力する!

「AI Agents」プラグインを使った場合と、使わなかった場合の違い

「AI Agents」プラグインを使った場合と、使わない場合とでは回答の内容がまったく異なることが分かりました。

ただ、「AI Agents」プラグインを使わなくても、ChatGPT自体も賢いです。そのため、プロンプトの工夫次第では、ChatGPTがそこそこの回答を出してくることは十分考えられます。


そこで、「AI Agents」プラグインを使った場合と、使わなかった場合の違いをChatGPTに聞いてみました。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

「AI Agents」プラグインを使った方が、効率でも回答内容でも圧倒的に良いことがわかりました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。

AI Agentsプラグインを使った場合

  1. 目標指向の行動: AI Agentsプラグインを使用すると、AIに特定の目標を設定し、その目標に基づいて行動するように指示することができます。これにより、AIはより目的意識を持って問題解決に取り組むことができます。
  2. 高度な解析: AI Agentsプラグインを使用すると、AIは高度な解析や複雑な問題解決のための戦略を採用することができます。これにより、より深い洞察や専門的な知識を活用した回答が可能になります。
  3. コラボレーション: AI Agentsプラグインを使用すると、複数のAIエージェントと協力してタスクを実行することができます。これにより、異なる専門知識を持つAIエージェントが協力して、より包括的で高品質な解決策を提供することができます。

AI Agentsプラグインを使わなかった場合

  1. 基本的な応答: ChatGPTは、一般的な質問に対して基本的な応答を提供します。これは、ウィキペディアのような情報源からの知識や、一般的な会話スキルを使用しています。
  2. 即時の回答: ChatGPTは、ユーザーの質問やリクエストに対して、すぐに回答を生成します。これは通常、シンプルな質問や一般的なトピックに対して効果的です。
  3. 限定された深さ: ChatGPTは、深い専門知識や高度な解析能力を持っていないため、複雑な問題に対する解決策は限定されています。


要するに、「AI Agents」プラグインを使うと、AIはより目的意識を持って行動し、高度な解析を行い、複雑な問題に対してより深い洞察を提供することができます。一方で、「AI Agents」プラグインを使わない場合は、基本的な応答と即時の回答に限定されることが多いです。

まとめ

AI Agents_ChatGPTプラグイン_使い方

AI Agents」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

この記事を通じて、ChatGPTの「AI Agents」プラグインの魅力と多様な活用法を探ってきました。

「AI Agents」プラグインは、AIに目標を設定し、深い分析と専門的な知識を活用して、日常のタスクや問題解決に役立てることができます。初めての方でも手軽に使い始められ、AIのパワーを実感できるでしょう。


最後に、「AI Agents」プラグインの重要なポイントをまとめます。

「AI Agents」プラグインの重要なポイント

  • 「AI Agents」プラグインは、目標指向の行動をAIに設定し、高度な解析を行うツールです。
  • 「AI Agents」プラグインを使用することで、市場調査、旅行プランニング、メンタルヘルスケアなど、多岐にわたる分野で効率的な問題解決が可能となります。
  • 「AI Agents」プラグインはカスタマイズが可能で、ユーザーの特定のニーズや目標に合わせてAIの行動を調整できます。
  • 【注意点】プロンプトに「AI Agentsプラグインを使って」と必ず入力する必要があります。これを忘れると「AI Agents」プラグインが反応せず、通常のChatGPTの回答となります。

これらの知識を活かして、AIの世界をもっと探求し、日常生活や仕事に革新をもたらしましょう。

未来はあなたの手の中にあります!さあ、AIと共に新しい冒険に出かけましょう!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次