【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

ChatGPT プラグイン機能、2024年4月9日に終了!「GPTs」に移行スタート

ChatGPT プラグイン機能、2024年4月9日に終了!「GPTs」に移行スタート

米OpenAIは2024年2月23日(現地時間)、ChatGPT「プラグイン(Plugins)」機能のベータ版を2024年4月9日に終了すると発表しました。この一報は、ユーザーにさまざまな反応を引き起こしました。

一部のユーザーは、すでにカスタマイズされたChatGPTの「GPTs」に移行しており、プラグインの終了は自然な流れと受け止められています。一方で、この突然のプラグイン終了発表に驚いた人も少なくありません。

では、OpenAIがこのようなプラグインの廃止の決断を下した理由は何でしょうか?そして、この変更が私たちのChatGPTの使い方、さらにはChatGPTとの対話方法にどのような影響を及ぼすのでしょうか?


そこでこの記事では、ChatGPTのプラグイン機能の終了がもたらすChatGPTの使い方の変化と、それに伴うユーザー体験の革新に焦点を当てて解説します。

また、「GPTs」への移行がなぜ推奨されるのか、そしてそれがユーザーにどのようなメリットをもたらすのかを、分かりやすく紹介します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • ChatGPTのプラグイン機能終了の詳細な背景と内容、OpenAIの意図を理解できる
  • 「GPTs」とは何か、その基礎知識を得ることができる
  • ChatGPTのプラグインから「GPTs」への移行によるメリットを明確に把握できる

ChatGPTのプラグインの終了と「GPTs」への移行は、ChatGPTの進化の新たなステージを象徴しています。

この記事を通じて、ChatGPTの新たな展開について理解を深め、より豊かなAI体験を目指しましょう!

目次

ChatGPT プラグイン(Plugins)β版の終了について

Winding down the ChatGPT plugins beta | OpenAI Help Center
(出典:Winding down the ChatGPT plugins beta | OpenAI Help Center

ChatGPTは、その登場以来、多くの人々にとって不可欠なツールとなっています。この便利なツールは、日々の業務から学習、さらにはエンターテインメントまで、幅広い用途で活用されてきました。

特に、ChatGPTのプラグイン機能は、ユーザーがカスタマイズされた応答を得ることができるため、非常に人気がありました。

しかし、OpenAIからChatGPTのプラグイン機能の終了が発表され、多くのユーザーに衝撃を与えています。

GPTsは間もなくプラグインに置き換わります」と表示

ChatGPT プラグイン(Plugins)β版の終了について

ChatGPTのプラグイン機能を利用しようとすると、ページ上部に「GPTs will soon replace plugins.(GPTsは間もなくプラグインに置き換わります)」との注意書きが表示されます。

また、注意書きに続いて「ChatGPT プラグイン β版の終了」のOpenAI公式記事へのリンクも追加されました。リンクをクリックすると、下の図のようにプラグイン終了についての概要などのヘルプ記事が表示されます。

Winding down the ChatGPT plugins beta | OpenAI Help Center
(出典:Winding down the ChatGPT plugins beta | OpenAI Help Center

2023年5月12日に発表されたChatGPTのプラグイン機能

OpenAIは、2023年5月12日に、ChatGPTの実験的な新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を発表しました。プラグインとは、外部APIやサービスをChatGPTに統合し、ユーザーがさまざまな機能を直接ChatGPTから利用できるようにするためのものでした。

これにより、ユーザーはChatGPTに対して、より専門的な質問をすることが可能になり、ChatGPTの応答の範囲と質を大幅に向上させることができました。

例えば、ChatGPTに天気予報を尋ねたい場合、天気予報の情報を提供するプラグインを使用することで、ChatGPTがリアルタイムの天気情報を提供できるようになります。このようにプラグインは、ChatGPTの能力を広げるために重要な役割を果たしていました。

なお、これまで公開されたプラグインの数は、当サイト「ChatGPTの学校」で調査したところ、2023年12月12日時点で1074種類ありました。

ChatGPTの「プラグイン」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

ChatGPT プラグインの一覧(全1074種)についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

なぜプラグインを廃止するのか?:OpenAIの新方針

なぜChatGPTプラグインが終了するのか?:OpenAIの新方針

しかし、OpenAIはChatGPTのプラグイン機能の終了を決定しました。

プラグイン機能の廃止は、技術的な制約やセキュリティ上の懸念によるものではなく、ChatGPTの利用体験をさらに向上させ、より統合された形でユーザーにサービスを提供するためのOpenAIの新たな方針であるとされています。

それは、ユーザーと開発者からのフィードバックを基に、より統合的かつ効率的な技術である「GPTs(Generative Pre-trained Transformers)」への移行です。

「GPTs」は、ユーザーが特定の目的に合わせてChatGPTをカスタマイズし、拡張することができるように設計されたもので、プラグイン機能よりも柔軟性が高く、より幅広い用途に対応できるとされています。

この新方針により、プラグインで提供されていた機能は「GPTs」によってカバーされ、さらに多様な機能が提供されることになります。

「GPTs」や「GPTの作り方」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

この変更は、ChatGPTの利用方法に大きな影響を与える可能性がありますが、OpenAIは、ユーザーが新しいシステムにスムーズに移行できるよう、リソースやサポートを提供することを約束しています。

また、既存のプラグインを愛用しているユーザーに対しては、「GPTs」への移行支援や、同等の機能を提供する新しい「GPTs」の紹介など、様々な形での支援が提供される予定です。

このような変更は、一見するとユーザーにとって不便に思えるかもしれませんが、長期的にはChatGPTの機能向上とユーザーエクスペリエンスの改善につながると期待されています。OpenAIのこの新方針は、技術の進化とともに、我々の利用方法も進化し続けることを示しており、これからのChatGPTの進化に大いに期待が寄せられています。

ChatGPT プラグイン終了のスケジュール

ChatGPT プラグイン終了のスケジュール

ここでは、プラグインの終了スケジュールについて、具体的な日付を交えながら詳しく見ていきましょう。

新規プラグイン作成とインストールの停止期日

2024年3月19日には、新たなプラグインによる会話の作成ができなくなります。

これは、開発者が新規プラグインをChatGPTに追加することができなくなるということを意味します。また、ユーザーも新たなプラグインをインストールすることができなくなります。

3月19日は、プラグイン機能の新規活用が停止される重要な節目となります。

既存プラグインの使用停止期日

2024年4月9日まで、既存のプラグインを使用した会話を続けることができますが、それ以降は利用できなくなります。

つまり、ユーザーはこの日までに既存のプラグインを通じて行われている会話を終了させる必要があります。

4月9日をもって、プラグイン経由でのChatGPTの拡張機能は完全に利用できなくなります。

ChatGPT プラグインから「GPTs」への移行とその影響

ChatGPT プラグインから「GPTs」への移行とその影響

ChatGPTのプラグイン機能の終了に伴い、OpenAIはユーザーと開発者を新しい技術パラダイムへと導いています。

それが「GPTs(Generative Pre-trained Transformers)」です。

このセクションでは、「GPTs」が何であるか、プラグインとの違い、そしてこの移行がユーザーと開発者にとってどのようなメリットをもたらすのかを掘り下げていきます。

「GPTs」とは?基礎知識と概要

「GPTs」とは、OpenAIが開発したChatGPTを自然言語でカスタマイズできる機能です。「GPTs」により、個々のニーズに合わせたオリジナルのChatGPT(カスタムGPT)を作成することができます。

「GPTs」の「s」は、複数形を意味し、さまざまなGPTモデルやアプリケーションを指します。

この「GPTs」は、2023年11月6日10時(日本時間11月7日午前3時) に、米OpenAIが開発者向けに開催した初のカンファレンス「OpenAI DevDay」で発表されました。

「OpenAI DevDay」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「プラグイン」と「GPTs」の違い

ChatGPT プラグインは、外部のアプリケーションやサービスをChatGPTに統合するための拡張機能です。

他の開発者や組織が作ったプラグインは「サードパーティ製プラグイン」と呼ばれ、OpenAIの基本的なChatGPTにはない独自の機能を追加することが可能となります。

これに対して、「GPTs」はChatGPT自体の機能として統合されます。これにより、ユーザーはよりシームレスな体験を享受でき、開発者は「GPT」の機能を直接拡張することが可能になります。

ChatGPTの「プラグイン」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「GPTストア」の導入とその意義

「GPTs」は「GPTストア」を通じて提供されます。つまり、ユーザーは「GPTストア」から直接、特定の用途に合わせた「GPTs」を選択し、利用することができます。

「GPTストア」は、プラグインストアが提供していた1,000以上のプラグインをはるかに超える、数十万の「GPTs」を提供しています。これらは、執筆、生産性向上、プログラミング、教育など、様々なカテゴリーにわたります。

OpenAIは、「GPTs」自体にこれらの機能を統合することで、ユーザーにより多様で高品質なサービスを提供することを目指しています。

「GPT Store」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「GPTs」への移行のメリット:ユーザーと開発者にとっての利点

この移行により、ユーザーは以前よりも簡単に、より多様で高品質なAI機能を直接ChatGPT内で利用できるようになり、使い勝手が向上します。

開発者にとっては、自らのGPTを作成し、「GPTストア」を通じて公開・収益化する新たな機会が生まれます。これにより、AI技術の応用範囲が広がり、ユーザーと開発者の間でよりダイナミックな相互作用が期待できます。

プラスユーザーなどの課金ユーザーであれば、誰でも自分自身のGPTを作成し、「GPTストア」を通じて公開することが可能です。これは、開発者にとって大きな収益源となり得ます。自分の専門知識やアイデアを形にし、世界中のユーザーと共有することができるのです。

GPTの構築方法に関するドキュメントや開発者向けの技術ドキュメントは、OpenAIの公式ウェブサイトで提供されています。これらのリソースを利用することで、ユーザーはGPTの構築や活用方法を学ぶことができます。

「GPTs」や「GPTの作り方」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

ChatGPT プラグイン終了のよくある質問 (FAQ) とその回答

ChatGPT プラグイン終了のよくある質問 (FAQ) とその回答

ChatGPT プラグイン終了に関して、よくある質問とその回答をまとめました。このFAQは、ChatGPT プラグイン終了の理解を深め、より有効に活用するためのガイドです。

ChatGPTのプラグイン機能とは何ですか?

ChatGPTのプラグイン機能は、ChatGPTの能力を拡張するために追加される外部のソフトウェアやサービスです。これにより、天気予報の取得、商品の検索、文章の翻訳など、ChatGPT単体では実現できない多様な機能を利用することができました。

ChatGPTの「プラグイン」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

なぜプラグイン機能が廃止されるのですか?

OpenAIは、ユーザーと開発者からのフィードバックを受け、GPTs(Generative Pre-trained Transformers)という新しい技術により、プラグインで提供されていた機能をより統合的かつ効率的に提供できると判断しました。「GPTs」は、プラグインと同等以上の機能を提供し、さらに多くの新機能も加えられるため、プラグイン機能の終了と移行が決定されました。

「GPTs」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインの新規作成やインストールはいつからできなくなりますか?

新規プラグインの作成やインストールは、2024年3月19日からできなくなります。この日以降、新たなプラグインをChatGPTに追加することはできません。

既存のプラグインはいつまで利用できますか?

既存のプラグインは、2024年4月9日まで利用可能です。この日をもって、すべてのプラグイン機能が終了し、それ以降は利用できなくなります。

「GPTs」とは何ですか?

「GPTs」とは、OpenAIが開発したChatGPTを自然言語でカスタマイズできる機能です。これにより、個々のニーズに合わせたオリジナルのChatGPT(カスタムGPT)を作成することができます。「GPTs」の「s」は、複数形を意味し、さまざまなGPTモデルやアプリケーションを指します。

「GPTs」や「GPTの作り方」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインから「GPTs」へ移行するメリットは何ですか?

「GPTs」への移行により、ユーザーはよりシームレスな体験を享受でき、より多様な機能を直接ChatGPT内で利用できるようになります。また、開発者はGPTの拡張機能としてサービスを直接組み込むことが可能となり、開発の柔軟性と効率が向上します。

まとめ

ChatGPT プラグイン機能、2024年4月9日に終了!「GPTs」に移行スタート まとめ

OpenAIが2024年4月9日にChatGPTの「プラグイン(Plugins)」機能ベータ版の終了を発表したことは、ChatGPTの利用方法に大きな変化をもたらします。

プラグインから「GPTs」への移行は、ユーザーと開発者にとって新たな可能性を開きます。この重要な転換点は、より直感的で統合されたChatGPTのAI体験への移行を示しています。

「GPTs」は、従来のプラグインが提供していた機能を超え、執筆、生産性の向上、プログラミング、教育など幅広い分野での利用が可能になります。「GPTストア」の導入はこの移行をさらに容易にし、数十万の「GPTs」が既に利用可能です。

今回の終了スケジュールにより、新規プラグインの作成やインストールは2024年3月19日に停止し、既存のプラグインは2024年4月9日まで利用可能です。


最後に、ChatGPT「プラグイン(Plugins)」機能(ベータ版)終了の重要なポイントをまとめます。

ChatGPT「プラグイン(ベータ版)」終了の重要なポイント

  • ChatGPTの「プラグイン(Plugins)」機能ベータ版終了:2024年4月9日に完全終了の予定。これは、ChatGPTの進化とユーザー体験の向上への大きな一歩。
  • プラグインの新規作成停止と既存プラグインの利用終了:2024年3月19日から新規プラグインの作成とインストールが停止、既存プラグインは2024年4月9日まで利用可能。
  • プラグインの廃止理由:OpenAIは、ユーザーと開発者からのフィードバックに基づき、「GPTs」の開発を進め、プラグイン機能を超える新たな方向性を模索。
  • 「GPTs」とは:ChatGPT自体の機能として統合される、高度なAI技術。ユーザーは「GPTストア」を通じて、幅広い「GPTs」を選択し利用可能。
  • 「GPTs」への移行のメリット:ユーザーにとっては、より多様で直感的な機能利用が可能に。開発者は、プラグインを超える柔軟な開発環境を得られる。

この変更は、AI技術の持つ可能性をさらに広げ、ChatGPTとのやり取りをより豊かで効率的なものへと導きます。

ユーザーも開発者も、この新しい展開を最大限に活用し、未来のAI体験を共に創造していきましょう!

これまでに紹介したChatGPT 新機能の一覧

ChatGPTは日々進化しており、新機能が頻繁に追加されています。

これらの新機能は、ユーザーの使いやすさを向上させるため、またより多様な用途でChatGPTを活用できるように設計されています。

これまでに紹介した新機能は、定期的に更新される「ChatGPT 新機能の一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。

新機能を効果的に活用することで、ChatGPTの可能性をさらに広げることができます。

新機能のアップデート情報は、当ブログで随時お知らせしていますので、最新の情報をチェックして、ChatGPTの魅力を最大限に活用しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次