【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Wikipedia】ChatGPT 人気プラグイン 使い方:情報取得から記事の自動生成まで!

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

あなたは、情報を求めてインターネットを利用することが多いのではないでしょうか?特に、「Wikipedia(ウィキペディア)」は私たちの日常生活に欠かせない情報源となっています。

しかし、Wikipediaの情報をもっと効率的に、そして簡単に取得する方法、そしてWikipediaの情報を元にした記事の自動生成の方法を知っていますか?


そこで、おすすめのChatGPTの「Wikipedia」プラグインの使い方を紹介します。

「Wikipedia」プラグインとは、一言でいうとWikipediaの情報取得と、記事の自動生成機能を追加するツールです。


この記事では、ChatGPTの「Wikipedia」プラグインの使い方を、初心者の方でも簡単に理解できるように詳しく解説します。

さらに、SEOに強い高品質な記事を自動で作成する方法についても、具体的な手法とともに紹介します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Wikipedia」プラグインの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • 効率的にWikipediaの情報を取得し、時間を短縮して質の高い情報を手に入れることができる
  • SEOに強い高品質な記事を自動作成する方法を知ることができる

この記事を読めば、情報収集のスキルが一段とアップすること間違いなし!

ブログやウェブサイト運営者はもちろん、日常の情報収取をしたい方も、Wikipediaプラグインの魅力を存分に感じることができます。

今すぐ、新しい情報取得の方法を学びましょう。

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「Wikipedia(ウィキペディア)」とは?開発元、開発目的は?

Wikipedia 公式サイト
(出典: Wikipedia公式サイト

「Wikipedia(ウィキペディア)」は、インターネット上で誰でもアクセスできる無料のオンライン百科事典です。

この巨大な情報の宝庫は、世界中のボランティアのコミュニティ、愛称して「ウィキペディアン」と呼ばれる人々によって日々書き加えられ、更新されています。

この革命的なプロジェクトは、Jimmy WalesとLarry Sangerの共同で2001年1月15日に立ち上げられました。そして、現在はアメリカに拠点を置く非営利団体、Wikimedia Foundationによって運営・ホストされています。


「Wikipedia」が掲げる主な目的は、知識を民主化すること。

これは、情報を限られた人々だけでなく、世界中の人々に平等に提供し、共有することを意味します。その独特の構造とコミュニティ文化を通じて、「Wikipedia」は幅広いトピックに関する詳細で信頼性のある情報を提供しています。

「Wikipedia」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「Wikipedia」プラグインは、Wikipediaからの情報取得と、記事の自動生成ができるツールです。

「Wikipedia」プラグインを使用すると、ChatGPTはWikipediaのデータベースを検索し、ユーザーの質問やリクエストに関する情報を提供することができます。さらに、この情報を基に、SEO対策を施した高品質なブログ記事を自動で作成することも可能です。

一般的な知識、現在の出来事、最新のニュースなど、Wikipediaに関連する情報を簡単に取得することができます。


「Wikipedia」プラグインの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「Wikipedia」プラグインの主な機能

  • 検索: Wikipediaのデータベースを検索して、関連する記事や情報を取得します。
  • 最新情報の取得: ユーザーの質問やリクエストに関連するWikipediaの記事の内容を取得します。
  • リンクの提供: 関連するWikipediaの記事へのリンクを提供します。
  • 記事の自動生成:取得した情報を基に、SEOに強い高品質な記事を自動で作成します。

ChatGPTのプラグイン「Wikipedia」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Wikipedia」プラグインを使ってみます。

まずは、「Wikipedia」プラグインをインストールします。

「Wikipedia」プラグインをインストール

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「Wikipedia」を探します。
[Popular]で見つかったので、かなり人気のプラグインのようですね。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

Wikipediaが選択されていることを確認します。

「Wikipedia」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「Wikipedia」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「Wikipedia」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
ChatGPT プラグイン「Wikipedia」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。


↓ChatGPTの返答はここから↓

もちろん、ChatGPTのプラグイン「Wikipedia」の使い方を初心者の方にもわかりやすく説明します。このプラグインは、Wikipediaから情報を取得するための素晴らしいツールです。以下、ステップ形式での説明となります。

STEP

ステップ1:プラグインの準備

ChatGPTのプラグイン「Wikipedia」を使用するための環境を整える必要があります。このプラグインは特定のプラットフォームで動作するため、適切な設定と準備が必要です。

STEP

ステップ2:検索クエリの作成

Wikipediaから取得したい情報に関連する検索クエリを作成します。例えば、「東京タワー」についての情報を知りたい場合、そのキーワードをクエリとして使用します。

STEP

ステップ3:Wikipedia検索の実行

作成したクエリを使って、Wikipediaから情報を検索します。具体的なコマンド(コード)の例文は以下の通りです。

wikipedia.search_wikipedia_search_wikipedia_get({
  query: "東京タワー"
});

このコマンドを実行すると、Wikipediaから「東京タワー」に関連する情報が取得できます。

STEP

ステップ4:情報の活用

取得した情報を解析し、必要なデータを抽出します。例えば、「東京タワー」の情報を取得した場合、以下のように解析することができます。

  • 情報の整理: 取得したデータから「東京タワー」の高さや建設年、訪問者数などの具体的な情報を整理します。
  • データの抽出: 必要な情報だけを抽出します。例えば、高さだけを取り出すなどの操作が可能です。
  • 情報のフォーマット: 抽出した情報を、ブログ記事やレポートに合う形式に整形します。

以上が、ChatGPTのプラグイン「Wikipedia」の使い方の基本ステップです。このプラグインを使うことで、Wikipediaからの情報取得が非常に便利になります。ぜひ、この機能を活用して、さまざまな情報を手に入れてみてください。

↑ChatGPTの返答はここまで↑

15歳でも出来る「Wikipedia」の簡単な使い方(実例あり)

上記のChatGPTから教えてもらったステップでは、コードを書いて利用する方法でした
僕を含め普段コードを使用しない人のために、簡単な使い方を知りたいと感じました。

そこで、下記のプロンプトを送信。

プロンプト
ChatGPTの「Wikipedia」プラグインでコードを使わない簡単な一般的な使い方があれば、例文をあげて15歳でも理解できるように教えてください

ChatGPTから下記の回答が返ってきました。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

15歳でもできる「Wikipedia」プラグインの簡単な使い方は以下のとおりです。
ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

15歳でもできる「Wikipedia」プラグインの簡単な使い方

  • Wikipediaから取得したい情報を入力する

つまり、「Wikipedia」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:富士山について調べたい

  1. 「Wikipedia」プラグインを選択
  2. 「富士山」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信

なんと、Wikipediaから取得したいキーワードを「プロンプト(命令文)」として書いて送信するだけ!簡単ですね!

「Wikipedia」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「Wikipedia」プラグインを使ってみます。

「Wikipedia」プラグインで「東京タワー」を検索してみた結果は?

先ほど、ChatGPTが「Wikipedia」プラグインの使い方の例に挙げた、「東京タワー」を検索してみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

東京タワー

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

東京タワーに関する「Wikipedia」のリンクも提供してくれました。ただ、画面のとおり、ChatGPTの回答がすべて英語でした。

そこで、以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

東京タワー 日本語で

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

東京タワーについての情報を以下にまとめました:

  • 東京タワー(Tokyo Tower)は、日本の東京都港区芝公園にある鉄塔で、1958年12月23日に開業しました。
  • このタワーは、日本のテレビ・ラジオ放送の送信塔として使用されているほか、観光施設としても知られています。
  • 東京タワーの高さは333メートルで、東京スカイツリーが完成する2012年まで、日本で最も高い自立式鉄塔でした。
  • デザインは、フランスのエッフェル塔を基にしていますが、エッフェル塔よりも高く、軽い材料で作られています。
  • 東京タワーは、夜間にはライトアップされ、さまざまな色のイルミネーションで美しく彩られています。

東京タワーは、その歴史と美しい外観から、多くの観光客や地元の人々に愛されています。

英語での回答と比べると、日本語の回答は情報量が減ってしまってます。また、Wikipediaのリンクの紹介もないですね。

それらの点は残念ですが、日本語でも「東京タワー」について解説してくれました。

「Wikipedia」プラグインで「ChatGPT」を検索してみた結果は?

次は、「Wikipedia」プラグインで「ChatGPT」を検索してみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

ChatGPT

ChatGPTの回答は以下のとおり。

今回も画面のとおり、ChatGPTの回答は英語でした。

そこで今回は、英語の解答をそのまま翻訳してもらおうと考え、以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

日本語に翻訳してください

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

英語の解説をそのまま翻訳してくれました。ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

ChatGPTは、OpenAIによって開発されたチャットボットで、ユーザーの入力に基づいて会話を洗練・誘導する能力で知られています。2022年11月30日にローンチされました。このチャットボットは、OpenAIのジェネラティブ・プリトレーニング・トランスフォーマー(GPT)モデルのシリーズの一部であるGPT-3.5およびGPT-4モデルに基づいています。これらのモデルは、Googleが開発したトランスフォーマーアーキテクチャに基づいています。ChatGPTは、監督学習と強化学習の技術を使用して会話アプリケーションのために微調整されています。

最初は研究プレビューとしてリリースされましたが、その人気のため、OpenAIはフリーミアムモデルに移行しました。無料の層のユーザーはGPT-3.5ベースのバージョンにアクセスでき、より高度なGPT-4バージョンと新機能への優先アクセスは、”ChatGPT Plus”の名前で有料のサブスクライバーに利用可能です。

023年1月までに、ChatGPTは1億人以上のユーザーを獲得し、史上最も成長が速いコンシューマーソフトウェアアプリケーションの一つとなりました。この急成長により、OpenAIの評価は290億米ドルに達しました。その成功を受けて、Google、Baidu、Metaなどの他のテクノロジー大手は、競合する製品の開発を加速しました。

ChatGPTのトレーニングプロセスには、監督学習と強化学習の両方が含まれています。監督学習中には、人間のトレーナーがユーザーとAIアシスタントの役割の両方を果たします。強化学習の段階では、人間のトレーナーが以前の会話のモデルの応答をランク付けします。これらのランキングは、さらなる微調整のための「報酬モデル」を作成するために使用されます。

ChatGPTに関して提起された主要な懸念の一つは、誤情報の拡散や盗作のための使用の可能性です。また、ChatGPTが人間の知性を置き換える可能性に関する懸念もありました。

チャットボットのトレーニングデータには、ソフトウェアのマニュアルページ、インターネットの現象、複数のプログラミング言語、およびWikipediaなどのソースが含まれています。ChatGPTは多様であり、コンピュータプログラムの作成やデバッグから、音楽の作曲やテストの質問への回答まで、幅広いタスクを実行することができます。

その前身であるInstructGPTと比較して、ChatGPTは有害で欺瞞的な応答を減少させることを目指しています。たとえば、InstructGPTはプロンプトの偽の前提を受け入れるかもしれませんが、ChatGPTは質問の反事実的な性質を認識し、仮定の応答を提供します。

ChatGPTが不快な出力を生成しないようにするために、クエリはOpenAIの「Moderation endpoint」APIを通じてフィルタリングされます。

2023年3月に、OpenAIはChatGPTでのプラグインのサポートを導入し、ウェブブラウザーやコードインタープリターなどのツールとの統合、およびExpedia、OpenTable、Shopifyなどの開発者からの外部プラグインを可能にしました。

「Wikipedia」の情報はさすがに濃密です。ChatGPTの勉強になりました(笑)。

「Wikipedia」を情報源としているため、最新の情報を入手できるだけでなく、正確で詳しい解説が得られますね!これにより、情報収集に大変役立つことがわかりました。

【注意】「Wikipedia」プラグインの回答は、基本的に英語

「Wikipedia」プラグインの回答は、プロンプトに日本語のキーワードを入力しても英語になります。

そのため、プロンプトに「日本語で」と指示が必要ですね。

「Wikipedia」プラグインに日本語で回答してもらうには、プロンプトに「日本語で」と入力する必要があります

「Wikipedia」プラグインで、SEOに強い高品質な記事を自動作成する方法

Wikipediaは、世界中の多岐にわたる情報を提供する無料のオンライン百科事典として広く知られています。

そんなWikipediaの膨大な情報源を活用して、SEOに強い高品質な記事を自動で作成する方法があるとしたら、ブロガーやウェブサイトのコンテンツ制作者にとって非常に魅力的ではないでしょうか。


実際に検証した結果、「Wikipedia」プラグインを使用する際、プロンプト(命令文)に役割や条件を指定することで、簡単にSEOに強く、高品質な記事を自動で作成できることがわかりました!


そこでこの項目では、「Wikipedia」プラグインを使って、SEOに強い高品質な記事を自動作成する方法について詳しく解説します。


具体的な例として、「東京タワー」に関するブログ記事の作成をやってみましょう。

ChatGPTに「経験豊富なプロブロガー」という役割を与え、以下のようにブログ記事の作成に必要な条件を設定してみました。

#条件

  • 初心者が理解しやすい文章を書いてください
  • SEOに強いブログ記事のタイトルとアウトラインを作成してください
  • リード文はさらに先を読みたくなるように魅力的に書いてください
  • 各見出しの記事を300文字程度で書いてください
  • まとめは、前向きな言葉で締めてください。

SEOに強い高品質な「ブログの記事」を書くためのプロンプト(実例)

それでは、役割と条件を組み合わせて、プロンプト(命令文)を作成しましょう。

以下が完成したプロンプトです。

あなたは経験豊富なプロブロガーです。「東京タワー」で記事を書いてください。

#条件
・初心者が理解しやすい文章を書いてください
・SEOに強いブログ記事のタイトルとアウトラインを作成してください
・リード文はさらに先を読みたくなるように魅力的に書いてください
・各見出しの記事を300文字程度で書いてください
・まとめは、前向きな言葉で締めてください。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

「Wikipedia」プラグインを使って自動作成した「東京タワー」の記事

驚きの記事が出来上がりました!ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

ブログ記事:「東京タワー:日本のアイコンをもっと知ろう!」


リード文
こんにちは!今日は、日本の首都、東京にある象徴的な建造物、東京タワーについてお話ししましょう。この記事を読んでいると、ただの観光地ではない、東京タワーの魅力と歴史、そして未来について知ることができます。さあ、一緒にこの美しいタワーの世界を探機してみましょう!


1. 東京タワーとは?基本情報から知る
東京タワーは、1958年に完成した、高さ333メートルの鉄塔です。このタワーは、東京都港区に位置しており、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。当初はテレビやラジオの送信塔として建設されましたが、今では多くの機能と魅力を持つ場所となっています。レストラン、展望台、ショップなど、多くの施設がありますので、一日中楽しむことができます。

2. 東京タワーの歴史:昭和から令和へ
東京タワーは、昭和33年(1958年)に完成しました。当時は、日本が高度経済成長を遂げる象徴ともされ、多くの人々に愛されました。その後も、多くの映画やドラマ、アニメに登場し、日本文化の一部として広く認知されています。令和の時代にも、その価値と魅力は色あせることなく、多くの人々に愛され続けています。

3. 観光の楽しみ方:初めてでも楽しめる!
東京タワーには、多くの観光スポットがあります。展望台からは、東京の美しい景色を一望できます。また、”ONE PIECE”などの人気アニメとのコラボイベントもあり、子供から大人まで楽しめます。さらに、夜になるとライトアップされ、ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。

4. 未来へのビジョン:持続可能な観光地として
東京タワーは、今後も持続可能な観光地として、さまざまな取り組みが行われています。エコフレンドリーな施策や、地域との連携を強化して、次世代にも愛される場所であり続けるよう努力しています。


まとめ
東京タワーは、単なる観光地以上の価値と魅力を持っています。歴史、文化、そして未来へのビジョンを感じながら、一度は訪れてみる価値があります。この美しいタワーが、これからも多くの人々に愛され、次世代にも引き継がれていくことでしょう。さあ、東京タワーを訪れて、その魅力を自分自身で感じてみてください!

非常に高品質でSEOに強い記事が瞬時に作成されました。

このように「Wikipedia」プラグインを活用することで、短時間でSEOに強く、高品質な記事を自動生成することが可能です。

ブログ運営者やコンテンツクリエイターの方々には、ぜひこの方法を試していただきたいと思います。

「Custom instructions(カスタム指示)」に役割と条件を設定してもよい

なお、プロンプトに設定する役割や条件は、ChatGPTの「Custom instructions(カスタム指示)」を使用しても、同じような結果を得ることができます。

具体的には、「Custom instructions(カスタム指示)」の設定欄「How would you like ChatGPT to respond?」に、ChatGPTの役割や条件を入力することで、希望する応答や内容に合わせた記事を生成することができます。

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_Custom instructions_ChatGPT新機能_使い方

例えば、「経験豊富なプロブロガー」という役割と、「SEOに強いブログ記事のタイトルとアウトラインを作成してください」などの条件を「Custom instructions(カスタム指示)」に設定すると、その役割と条件に基づいた詳細なブログ記事が生成されます。

「Custom instructions(カスタム指示)」とは?

ChatGPTの「Custom instructions(カスタム インストラクション:カスタム指示)」機能とは、ChatGPTとの対話を自分好みにカスタマイズできる機能です。

例えば、自分が教育者であり、特定の年齢層の生徒向けの教育プログラムを開発しているという情報をChatGPTに与えると、ChatGPTはそれに応じた情報提供や意見の提出を行います。

「Custom instructions(カスタム指示)」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

Wikipedia_ChatGPTプラグイン_使い方

Wikipedia」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

この記事を通じて、ChatGPTの「Wikipedia」プラグインの魅力とその使い方を詳しく学ぶことができました。

このプラグインを活用することで、情報収集の効率が大幅に向上し、質の高い情報を手軽に取得することが可能となります。
さらに、ブログ記事の自動生成もこのプラグインの大きな特長の一つです。


最後に、「Wikipedia」プラグインの重要なポイントをまとめます。

「Wikipedia」プラグインの重要なポイント

  • 「Wikipedia」プラグインの多機能的な利用:Wikipediaのデータベースを検索し、関連する記事や最新情報を取得、さらにユーザーの質問に対応する内容を提供し、関連する記事へのリンクも同時に提供します。
  • 「Wikipedia」プラグインの言語設定:基本的に回答は英語ですが、日本語での回答を希望する場合は、プロンプトに「日本語で」と指示を追加することで対応可能です。
  • 高品質な記事の自動作成:プロンプトまたは「Custom instructions(カスタム指示)」を工夫することで、SEO対策を施した高品質な記事を自動で作成します。

新しい技術を学ぶことは、常に進化するデジタル時代において必要不可欠です。

「Wikipedia」プラグインを活用し、情報の海をもっと効率的に、もっと深く探索してみてください。

次の一歩を踏み出す勇気を持ち、新しい情報の世界を堪能しましょう!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次