【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Open Trivia】ChatGPT プラグイン 使い方:雑学クイズで遊びや教育!答え合わせ、採点も

Open_Trivia_プラグイン_使い方

あなたは、新しい雑学を学びたいけど、どうやって楽しみながら学べるか困っていませんか?
また、友達や家族と遊ぶ時、何か新しいエンターテイメントを提供できるツールがあればいいのに、と思ったことはありませんか?

そんなあなたにピッタリのおすすめツールが、ChatGPTのプラグイン「Open Trivia」プラグインです。

「Open Trivia」プラグインとは、一言でいうとあなたのChatGPTに楽しく教育的なトリビア(雑学)クイズを提供する機能を追加するツールです。

「Open Trivia」プラグインを使うと、例えば、映画や音楽、科学、スポーツなど、あなたが興味のあるカテゴリーからクイズを出してもらうことができます。また、クイズの難易度も選ぶことができます。


この記事では、「Open Trivia」プラグインの使い方について詳しく解説します。

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Open Trivia」プラグインの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • 24種類のカテゴリから自分だけのクイズを作成できるようになる
  • 自分の知識をテストし、楽しみながら新しいことを学べる

さあ、一緒に「Open Trivia」プラグインを使って、新しい知識の海を探索し、楽しみながら学びましょう!

この記事が、あなたの学びと楽しみの新たな一歩となることを願っています。

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「Open Trivia(オープン トリビア)」とは?開発元、開発目的は?

Open Trivia Database(OpenTDB)公式サイト
(出典:Open Trivia Database(OpenTDB)公式サイト

「Open Trivia(オープン トリビア)」は、PIXELTAIL GAMES LLCによって開発された「Open Trivia Database(OpenTriviaDB)」というサービスです。

OpenTriviaDBは、ゲームやアプリの開発者が自分たちの作品に取り入れられる、信頼性の高い雑学問題を提供するサービスです。これにより、開発者は大量の問題を自分で作る手間を省き、より本質的な開発作業に集中できます。

さらに、OpenTriviaDBはコミュニティによって成り立っています。ユーザーは自分で問題を投稿したり、既存の問題を編集したりすることができます。これにより、問題の質とバラエティが保たれています。


今回紹介する「Open Trivia」プラグインは、OpenTriviaDBのサービスを利用しています。このOpenTriviaDBからトリビア(雑学)問題を取得し、それをChatGPTで利用できる形に変換しているのです。

「Open Trivia」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「Open Trivia」プラグインは、あなたのChatGPTにさまざまなトピックや難易度の「トリビア(雑学)クイズ」を提供するツールです。

例えば、映画や音楽、科学、スポーツなど、あなたが興味のあるカテゴリーからクイズを見つけることができますし、クイズの難易度も選ぶことができます。

例えば、あなたが友達と遊んでいて、何か楽しいことをしたいと思ったときに、「Open Trivia」プラグインを使ってクイズゲームを始めることができます。あるいは、あなたが新しいことを学びたいと思ったときに、このプラグインを使って知識をテストすることもできます。

具体的な主の機能としては、以下のようなものがあります。

「Open Trivia」プラグインの主な機能

  • 多様なトリビア問題の提供:さまざまなカテゴリー(映画、音楽、科学、スポーツなど)や難易度(簡単、中程度、難しい)のトリビア問題を提供します。
  • カスタマイズ可能な問題の取得:ユーザーは、特定のカテゴリーや難易度の問題を指定して取得することができます。
  • 重複問題の排除:セッショントークンを使用して、同じ問題が何度も表示されないようにすることができます。
  • 答え合わせと採点:ユーザーが提供した答えを正解と照らし合わせ、採点することができます。これにより、ユーザーは自分の成績を把握することができます。
  • 教育的なエンターテイメント:ユーザーは楽しみながら新しい知識を学び、自分の理解度をテストすることができます。

ChatGPTのプラグイン「Open Trivia(オープン トリビア)」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Open Trivia」プラグインを使ってみます。

まずは、「Open Trivia」プラグインをインストールします。

「Open Trivia」プラグインをインストール

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「Open Trivia」を検索します。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

Open Triviaが選択されていることを確認します。

「Open Trivia」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「Open Trivia」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「Open Trivia」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
プラグイン「Open Trivia」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。

STEP

ステップ1: トリビアの質問を取得する

まず、getTriviaQuestionsという関数を使用してトリビアの質問を取得します。この関数にはいくつかのパラメータがあります。

  • amount: 取得する質問の数を指定します。
  • category: 質問のカテゴリーIDを指定します(オプション)。
  • difficulty: 質問の難易度を指定します(”easy”、”medium”、”hard”)(オプション)。
  • type: 質問のタイプを指定します(”multiple”は複数選択、”boolean”は真偽問題)(オプション)。
  • encode: 質問のエンコーディングタイプを指定します(”urlLegacy”、”url3986″、”base64″)(オプション)。
  • token: 繰り返しの質問を避けるためのセッショントークンを指定します(オプション)。

以下は、5つの中級難易度の複数選択肢の質問を取得する例です。

opentrivia.getTriviaQuestions({
  amount: 5,
  difficulty: "medium",
  type: "multiple"
});
STEP

ステップ2: セッショントークンを管理する

manageSessionTokenという関数を使用してセッショントークンを管理します。この関数には2つのパラメータがあります。

  • command: セッショントークンをリクエストまたはリセットするコマンドを指定します(”request”、”reset”)。
  • token: リセットするセッショントークンを指定します(’reset’コマンドに必要)。

以下は、新しいセッショントークンをリクエストする例です。

opentrivia.manageSessionToken({
  command: "request"
});

そして、既存のセッショントークンをリセットする例です。

opentrivia.manageSessionToken({
  command: "reset",
  token: "your-existing-token"
});

これらのステップを通じて、Open Trivia プラグインを使用してトリビアの質問を取得し、セッショントークンを管理することができます。

↑ChatGPTの返答はここまで↑

「Open Trivia」プラグインには24種類のカテゴリがある

パラメータの中に「質問のカテゴリーIDを指定します」とあったので、「Open Trivia」プラグインのカテゴリーはどんなものがあるか聞いてみました。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

「Open Trivia」プラグインの「カテゴリー」と「カテゴリーID」一覧

  1. 一般知識 (ID: 9)
  2. エンターテイメント: 書籍 (ID: 10)
  3. エンターテイメント: 映画 (ID: 11)
  4. エンターテイメント: 音楽 (ID: 12)
  5. エンターテイメント: ミュージカル & 劇場 (ID: 13)
  6. エンターテイメント: テレビ (ID: 14)
  7. エンターテイメント: ビデオゲーム (ID: 15)
  8. エンターテイメント: ボードゲーム (ID: 16)
  9. 科学 & 自然 (ID: 17)
  10. 科学: コンピュータ (ID: 18)
  11. 科学: 数学 (ID: 19)
  12. 神話 (ID: 20)
  13. スポーツ (ID: 21)
  14. 地理 (ID: 22)
  15. 歴史 (ID: 23)
  16. 政治 (ID: 24)
  17. 芸術 (ID: 25)
  18. セレブリティ (ID: 26)
  19. 動物 (ID: 27)
  20. 車両 (ID: 28)
  21. エンターテイメント: コミック (ID: 29)
  22. 科学: ガジェット (ID: 30)
  23. エンターテイメント: 日本のアニメ & マンガ (ID: 31)
  24. エンターテイメント: カートゥーン & アニメーション (ID: 32)

これらのカテゴリーIDをgetTriviaQuestions関数のcategoryパラメータに指定することで、特定のカテゴリーから質問を取得することができます。

「Open Trivia」プラグインは2つの形式のクイズが出せる

パラメータの中に「質問のタイプを指定します」とあったので調べたところ、「Open Trivia」プラグインは、次の2つの形式のクイズを出すことができることがわかりました。

  • 多肢選択式:これは、一つの質問に対して4つの答えが出てきて、その中から一つ、正しい答えを選ぶタイプのクイズです。例えば、「日本の首都は?」と聞かれて、「1. 東京 2. 大阪 3. 京都 4. 福岡」という選択肢が出てきます。
  • 真偽問題:これは、ある事実について「本当か、偽りか」を答えるタイプのクイズです。例えば、「日本の首都は大阪である。」という文が出てきて、それが本当か偽りかを答えます。

これらの形式を使って、好きなテーマや難易度のクイズを出すことができます。

15歳でも出来る「Open Trivia」の簡単な使い方(実例あり)

上記のChatGPTから教えてもらったステップでは、コードを書いて利用する方法でした。
僕を含め普段コードを使用しない人のために、簡単な使い方を知りたいと感じました。

そこで、下記のプロンプトを送信。

プロンプト
コードを使わない簡単な一般的な使い方を、例文をあげて15歳でも理解できるように教えてください

ChatGPTから下記の回答が返ってきました。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

今回は、とても簡単な使い方を例文とともに教えてくれました!

15歳でもできる「Open Trivia」プラグインの簡単な使い方は以下のとおりです。ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

15歳でもできる「Open Trivia」プラグインの簡単な使い方

  1. 質問を見つける: まず、あなたが何をしたいかを考えてみましょう。例えば、あなたが科学についての難しい質問を5つ見つけたいとします。それをするためには、「Open Trivia」プラグインに「5つの難しい科学の質問を見つけて」と指示を出します。ここで、科学の質問とは、科学に関するトピックの質問を意味します。
  2. 同じ質問を避ける: また、あなたが同じ質問を何度も見たくない場合は、セッショントークンを使うことができます。セッショントークンは、あなたがすでに見た質問を記録して、それらを再び表示しないようにするものです。新しいセッショントークンを取得するには、「Open Trivia」プラグインに「新しいセッショントークンを作って」と指示を出します。このトークンを使って、同じ質問が何度も出てこないようにすることができます。

これらの基本的な使い方を覚えておけば、「Open Trivia」プラグインを使って楽しいクイズゲームを作ることができます。

つまり、「Open Trivia」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:難しい科学のクイズを5つ教えて欲しい

  1. 「Open Trivia」プラグインを選択
  2. 「5つの難しい科学の質問を見つけて」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信

なんと、「プロンプト(命令文)」を書いて送信するだけ!簡単ですね!

【注意】同じクイズが出ないようにするには「コード」の記載が必要

同じカテゴリーのクイズを出し続けてもらっていると、同じクイズが出る可能性があります。

その場合は、ChatGPTの「Open Trivia」プラグインに「セッショントークン」を作ってもらいます。

セッショントークンは、以下のプロンプトを生成できます。

新しいセッショントークンを作って

すると、ChatGPTから下記の回答が返ってきます。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

そして、ここから先に注意が必要です。

この「セッショントークン」を使用する場合のプロンプトには、コードの記載が必須になります。

例えば「科学のクイズを5つ教えて欲しい」のプロンプトは、以下のような記載をするということになります。

opentrivia.getTriviaQuestions({
  amount: 5,
  category: 17,
  difficulty: "hard",
  type: "multiple",
  token: "your-session-token"
});

この「token: “your-session-token” 」のyour-session-tokenの部分に、生成されたセッショントークンを入力します。

ちょっと面倒ではありますが、そこまで難しいコードではないので大丈夫だと思います。

同じクイズが何度も出ないようにするには、セッショントークンを含んだ「コード」で記載する必要がある

「Open Trivia」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「Open Trivia」プラグインを使ってみます。

「5つの難しい科学の質問を見つけて」とお願いした結果は?

先ほど、ChatGPTが「Open Trivia」プラグインの使い方の例に挙げた、「5つの難しい科学の質問を見つけて」をお願いしてみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

5つの難しい科学の質問を見つけて

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

質問1: Quercus roburの種を植えたら何が育つでしょうか?

  • A. 花
  • B. 野菜
  • C. 穀物
  • D. 木
  • 正解: D. 木

質問2: 周期表上で92個の電子を持つ元素は何でしょうか?

  • A. 硫黄
  • B. 水素
  • C. 鉄
  • D. ウラン
  • 正解: D. ウラン

質問3: 追加のY染色体(XYY)を持つことによって引き起こされる遺伝病は何でしょうか?

  • A. クラインフェルター症候群
  • B. ターナー症候群
  • C. ダウン症候群
  • D. ジェイコブ症候群
  • 正解: D. ジェイコブ症候群

質問4: 微生物学において「分離」は何を指すでしょうか?

  • A. 微環境における栄養の欠如
  • B. 土壌中の窒素レベル
  • C. 洞窟などの孤立した環境で特定の微生物の影響をテストする
  • D. 自然な混合微生物群からの株の分離
  • 正解: D. 自然な混合微生物群からの株の分離

質問5: 大臀筋はどこに位置していますか?

  • A. 腕
  • B. 頭
  • C. 胴体
  • D. お尻
  • 正解: D. お尻

これらの質問は、科学についての深い理解を必要とするものです。どれくらい答えられましたか?

ご覧頂いたとおり、答えの選択肢のすぐ下に答えがあります。
なので、この場合は自分用のクイズではなく、他人にクイズを出すとき用ですね!

自分用にクイズを作ってもらった結果は?答え合わせと点数もお願いしてみた!

上の場合は他人にクイズを出すとき用だったので、今度は自分用のクイズを「Open Trivia」プラグインにお願いして出してもらいました。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

5つの簡単な映画の質問を見つけて。ただし、答えはあとで聞いたときに教えてください

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。ぜひ一緒に考えてみてください!

質問1: 映画「Marley & Me」(2008)のマーリーは何種の犬でしたか?

  • A. ラブラドール・レトリバー
  • B. ゴールデン・レトリバー
  • C. ダルメシアン
  • D. 柴犬

質問2: 以下のうち、「ボンドガール」の名前ではないものはどれですか?

  • A. ヴァネッサ・ケンジントン
  • B. パム・ブーヴィエ
  • C. メアリー・グッドナイト
  • D. ワイ・リン

質問3: ディズニー映画で最も古いものは何ですか?

  • A. 白雪姫
  • B. ピノキオ
  • C. ダンボ
  • D. ファンタジア

質問4: 1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公は誰ですか?

  • A. マーティ・マクフライ
  • B. エメット “ドク” ブラウン
  • C. ビフ・タネン
  • D. ジョージ・マクフライ

質問5: 「ジュラシック・パーク」が建設された島の名前は何ですか?

  • A. イスラ・ヌブラル
  • B. イスラ・ソルナ
  • C. イスラ・ムエルタ
  • D. イスラ・ペナ

これらの質問は、映画についての基本的な知識をテストします。どれくらい答えられるか楽しんでみてください。

1と2のクイズは、正直全然わかりませんでした。3〜5は、真剣に考えました。
あなたはいかがでしたでしょうか?


そして、答えと一緒に点数も付けてもらおうと思い、以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

答えは 1.B 2.B 3.A 4.A 5.A 正解と点数を教えてください。

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

「Open Trivia」プラグインが丁寧に回答してくれました。ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

あなたが選んだ答えを確認しましょう:

  1. 映画「Marley & Me」(2008)のマーリーは何種の犬でしたか?
    • あなたの答え: B. ゴールデン・レトリバー
    • 正解: A. ラブラドール・レトリバー
  2. 以下のうち、「ボンドガール」の名前ではないものはどれですか?
    • あなたの答え: B. パム・ブーヴィエ
    • 正解: A. ヴァネッサ・ケンジントン
  3. ディズニー映画で最も古いものは何ですか?
    • あなたの答え: A. 白雪姫
    • 正解: A. 白雪姫
  4. 1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公は誰ですか?
    • あなたの答え: A. マーティ・マクフライ
    • 正解: A. マーティ・マクフライ
  5. 「ジュラシック・パーク」が建設された島の名前は何ですか?
    • あなたの答え: A. イスラ・ヌブラル
    • 正解: A. イスラ・ヌブラル

あなたのスコアは5問中3問正解で、60点です。良くできました!

1と2は適当に選んで不正解、しっかり選んだ3〜5はまぐれもありましたが全問正解できました。

最後に、成績と点数をつけてくれて、さらに褒めてもくれました!
思わず、PCの前で微笑んでしまいました(笑)

まとめ

Open Trivia_ChatGPTプラグイン_使い方

Open Trivia」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

この記事を通じて、ChatGPTの「Open Trivia」プラグインの使い方とその魅力について詳しく解説しました。

このプラグインは、あなたのChatGPTに楽しく教育的なクイズゲームを提供するツールで、雑学クイズを通じて遊びや教育を楽しむことができます。

以下にその主な機能をまとめます。

「Open Trivia」プラグインの主な機能

  • 多様なトリビア問題の提供:さまざまなカテゴリー(映画、音楽、科学、スポーツなど)や難易度(簡単、中程度、難しい)のトリビア問題を提供します。
  • カスタマイズ可能な問題の取得:ユーザーは、特定のカテゴリーや難易度の問題を指定して取得することができます。
  • 重複問題の排除:セッショントークンを使用して、同じ問題が何度も表示されないようにすることができます。
  • 答え合わせと採点:ユーザーが提供した答えを正解と照らし合わせ、採点することができます。これにより、ユーザーは自分の成績を把握することができます。
  • 教育的なエンターテイメント:ユーザーは楽しみながら新しい知識を学び、自分の理解度をテストすることができます。

これらを踏まえて、「Open Trivia」プラグインは、あなたの会話をより楽しく、教育的にする強力なツールと言えます。

これからもChatGPTとそのプラグインを活用して、楽しみながら新しい知識を学んでいきましょう!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次