【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Bardeen】ChatGPT プラグイン 使い方:自動化ツールで作業効率を劇的アップ!

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

日々の業務や日常生活で、繰り返し行う手間のかかるタスクに時間を取られていませんか?
そんな時、自動化の力を借りて効率的に作業を進めたいと思ったことはありませんか。

そこで、おすすめのChatGPTのプラグイン「Bardeen」の登場です。

「Bardeen」プラグインとは、一言でいうとChatGPTに多機能なウェブサービス連携の機能を追加し、作業の自動化を助けるツールです。


この記事では、ChatGPTの「Bardeen」プラグインの使い方とその活用法について詳しく解説します。

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Bardeen」プラグインの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • 「Bardeen」プラグインを活用することで、日常の業務を効率化するスキルを手に入れることができる
  • 実際に「ツイート情報をGoogleスプレッドシートに保存」や「Gmailを自動送信」する具体的な手順を学ぶことができる

毎日の繁雑な作業に疲れていませんか?

「Bardeen」プラグインを使えば、一手間かかる作業もスムーズに自動化。あなたの貴重な時間をもっと大切なことに使えるようになります。

この記事を通じて、効率的な作業の流れを手に入れるチャンスを掴みましょう!

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「Bardeen」とは?開発元、開発目的は?

Bardeen 公式サイト
(出典: Bardeen 公式サイト

「Bardeen」は、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くテクノロジー企業によって2020年に設立されました。

「Bardeen」は、25名の専門家からなる小規模ながらも技術的背景を持つ強固なチームで構成されており、その中にはデータアーキテクチャ、ウェブオートメーション、AIの世界的な専門家も含まれています。

創業者たちは、テクノロジー分野での実績を持つ経験豊富な起業家であり、先進的なAI製品の開発や企業の拡大を経験しています。


「Bardeen」の主な目的は、ノーコードのワークフローオートメーションツールとして、ユーザーが技術を活用して生産的なビジネスを行い、ワークフローを自動化することを支援することです。

「Bardeen」は、繰り返しのタスクをショートカット化し、ウェブアプリケーションを操作するツールです。

この自動化機能により、ユーザーはブラウザ拡張機能を通じて、既存のオートメーションタスクを選択したり、カスタマイズしたりできます。これにより、データの取得やリマインダーの送信などの作業が効率化されます。

「Bardeen」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「Bardeen」プラグインは、ChatGPTに様々なウェブサービスとの連携機能を追加するツールです。

これにより、メールの送受信やウェブスクレイピングによるウェブページの情報取得、ツイート情報の取得、データベースの操作など、多岐にわたるタスクをChatGPTから指示することができるようになります。

これらの連携を活用することで、日常の作業をより効率的に自動化する手助けとなります。


「Bardeen」プラグインの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「Bardeen」プラグインの主な機能

  • メール操作: Gmailと連携し、メールの送受信を効率的に行うことができます。特定のキーワードを含むメールを検索したり、新しいメールを送信するなどの操作が可能です。
  • ウェブスクレイピング: 指定したウェブページからの情報を自動的に取得します。ニュースサイトやブログからの最新情報を簡単に取得することができます。
  • ツイート情報取得: 「X(旧Twitter)」からのツイート情報を取得し、Googleスプレッドシートに保存することができます。特定のキーワードに関連するツイートを検索し、その内容を一覧化することが可能です。
  • データベース操作: GoogleスプレッドシートやAirtableなどのデータベースと連携し、データの追加や編集が行えます。例えば、オンラインショップの売上データをスプレッドシートに自動転送することや、特定の条件に合致するデータのフィルタリングといった操作が可能です。
  • タスク自動化: 様々なウェブサービスとの連携を通じて、日常のタスクを自動化することができます。特定の時間にリマインダーを送信する、新しいデータが追加されたら自動的に処理を行うなどの自動化が可能です。

ChatGPTのプラグイン「Bardeen」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Bardeen」プラグインを使ってみます。

まずは、「Bardeen」プラグインをインストールします。

「Bardeen」プラグインをインストール

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「Bardeen」を検索します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

Bardeenが選択されていることを確認します。

「Bardeen」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「Bardeen」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「Bardeen」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
ChatGPT プラグイン「Bardeen」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。


↓ChatGPTの返答はここから↓

ChatGPTのプラグイン「Bardeen」の使い方をステップ形式でご紹介します。このプラグインは、自動化やウェブサービスの連携を簡単に行えるツールです。

以下のステップに沿って進めていただければ、初心者の方でも簡単に使いこなせるでしょう。

STEP

ステップ1: ChatGPTで「Bardeen」プラグインを選択

ChatGPTのインターフェースでプラグインのセクションに移動し、「Bardeen」を選択してください。これで、Bardeenプラグインの機能がChatGPTで利用可能になります。

STEP

ステップ2: 自然言語で指示を出す

Bardeenプラグインは、自然言語での指示に応じて様々なタスクを自動化します。以下は、具体的な例文としての指示の方法です。

  • ツイート情報をGoogleシートに記録:
    「”ChatGPT”というキーワードに基づいてツイートを集め、それらをGoogleシートに保存してください」と指示すると、BardeenがTwitterで指定したキーワードを検索し、その結果をGoogleスプレッドシートに保存します。
  • Gmailを自動送信:
    「Bardeenプラグインで私のGmailから、次の内容のメールを送信してください。送信相手:sample@example.com、件名:テストメール、本文:これはテストメールです」と指示すると、Bardeenが指定された内容でGmailを自動送信します。
STEP

ステップ3: 結果の確認

指示を出した後、Bardeenプラグインが行った操作の結果やフィードバックをChatGPTのインターフェース上で確認します。何らかのエラーや問題が発生した場合は、その内容に基づいて指示を修正して再度試みることができます。


これで、ChatGPTの「Bardeen」プラグインの基本的な使い方を学ぶことができました。自然言語での指示に従って、様々なタスクを自動化することができます。

↑ChatGPTの返答はここまで↑


とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

つまり、「Bardeen」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例①:ツイート(X:旧Twitter)情報をGoogleスプレッドシートに保存したい

  1. 「Bardeen」プラグインを選択
  2. 「”ChatGPT”というキーワードに基づいてツイートを集め、それらをGoogleシートに保存してください」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信

例②:Gmailを自動送信したい

  1. 「Bardeen」プラグインを選択
  2. 「Bardeenプラグインで私のGmailから、次の内容のメールを送信してください。送信相手:sample@example.com、件名:テストメール、本文:これはテストメールです」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信

なんと、「プロンプト(命令文)」を書いて送信するだけ!簡単ですね!

ただし、実際には「Bardeen」の公式サイトで、いくつかの設定や実行手順を行う必要があります。それらの詳細な手順については、次に説明いたします。

「Bardeen」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「Bardeen」プラグインを使ってみます。

「Bardeen」プラグインで、「ツイート情報をGoogleスプレッドシートに保存」してみた結果は?

先ほど、ChatGPTが「Bardeen」プラグインの使い方の例に挙げた、「ツイート情報をGoogleスプレッドシートに保存」を試してみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

“ChatGPT”というキーワードに基づいてツイートを集め、それらをGoogleシートに保存してください

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

ChatGPTの回答を日本語に翻訳して、そのまま紹介します。

ChatGPT “というキーワードでツイートを収集し、Google Sheetに保存するプレイブックを作りました。概要は以下の通りです:

  • ChatGPT “をURLエンコード文字列に変換。
  • Twitterの「ChatGPT」の検索結果からデータをスクレイピングする。
  • スクレイピングしたツイートを指定のGoogle Sheetに追加します。

以下のリンクからプレイブックを閲覧・実行できます:キーワード’ChatGPT’に基づいたツイートを収集し、Googleシートに保存する。

このプレイブックを実行しますか?その場合、収集したいツイートの最大数と保存したいGoogleシートの名前を教えてください。

「Collect tweets based on the keyword ‘ChatGPT’ and save them to a Google Sheet.」のリンクをクリックすると、下の「Bardeen」の公式サイトのページに飛びます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

日本語に翻訳すると、下の内容になります。

キーワード「ChatGPT」に基づいてツイートを収集し、Google スプレッドシートに保存します

(キーワード) を URL エンコードされた文字列に変換します。
スクレイパー テンプレートを使用して、「https://twitter.com/search?q= $Convert text to URL-encoded string」からバックグラウンドでデータをスクレイピングします。Scraper Model は最大(maxItems) 個のアイテムを抽出します。
バックグラウンドでデータをスクレイピングして、Google Sheet に行を(Sheet) に追加します。

[試してみる]

[Try it]ボタンをクリックします。

「Bardeen」のアカウントを作成する方法

[Try it]ボタンをクリックすると、下の画面のように「Google Chrome」の拡張機能ページが開きます。

ここで「Bardeen」の追加を促されるので、必要な手順に従ってください。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

「Bardeen」を利用するためには、「Bardeen」の Chrome拡張機能のインストールが必須です。そのため、[Chromeに追加]ボタンをクリックしてください。

この手順は初めてのみ必要となります。

続いて下の画面が表示されるので、[拡張機能を追加]ボタンをクリックします。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

「Bardeen」のアカウント作成の画面が開きます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

メールアドレス、またはGoogleやGithubアカウントで、「Bardeen」アカウントを作成します。

今回は、メールアドレスでアカウント作成するので、「Create Account」をクリックします。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

メールアドレスとパスワードを入力し、プライバシーポリシーに同意のチェックを入れて、[Create Account]ボタンをクリックします。

「Bardeen」から下のメールが届くので確認します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

[VERIFY YOUR ACCOUNT]ボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_「Bardeen」アカウントを作成する方法

以上で、「Bardeen」アカウントの作成は完了です。

「Bardeen」公式サイトで、「ツイート情報をGoogleスプレッドシートに保存」する実行手順

「Bardeen」アカウントの作成が完了したら、自動的に「Bardeen」公式サイトにリダイレクトされます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

ログインが成功している場合、画面右上に「Bardeen」に登録したメールアドレスが表示されるはずです。

[Try it]ボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

Googleスプレッドシートの設定をします。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「Create Google Sheet with name [title]」を選択します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

ツイートを保存するGoogleスプレッドシートの名前を入力します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

今回は、「ChatGPT」と入力します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

続いて、収集したいX(旧Twitter)のツイートのキーワードを入力します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「ChatGPT」を入力します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

キーワードを入力したら、[Next]ボタンをクリックします。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「Maxitems」の項目では、情報収集するツイートの最大数を入力します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

今回は、「100」を入力します。

すると、これまでの設定を実行する最後の項目「Run Playbook」が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「Remember Inputs」にチェックを入れると、今までの項目入力を保存することができます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

今回は、全てにチェックをいれます。

そして、[Save & Run Playbook]ボタンをクリックすると、下の画面のように実行が開始されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

設定したキーワード「ChatGPT」に関するツイート情報が、Googleスプレッドシートに保存されています。

作業が完了すると、下の画面が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

[View]ボタンをクリックすると、下の画面のようにGoogleスプレッドシートが開きます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「Bardeen」が、X(旧Twitter)のツイート情報から以下の情報を収集してくれました。

「Bardeen」が収集したX(旧Twitter)のツイート情報

  • 名前(Name)
  • アカウント名(Handle)
  • メディアのURL(Media URL)
  • リツイート数(Retweets)
  • いいね数(Likes)
  • コメント数(Comments)
  • 閲覧数(Views)
  • ツイートのURL(Tweet URL)
  • プロフィールのURL(Profile Link)
  • ツイート内容(Post Body)
  • 投稿日(Date)
  • 投稿日時(Timestamp)

今回生成されたGoogleスプレッドシートは、ダウンロードの他にPDFやExcel形式でもダウンロード可能です。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_ツイート(X:旧Twitter)情報を収集し、Googleスプレッドシートに保存

「Bardeen」プラグインで、「Gmailを自動送信」してみた結果は?

先ほど、ChatGPTが「Bardeen」プラグインの使い方の例に挙げた、「Gmailを自動送信」を試してみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

Bardeenプラグインで私のGmailから、次の内容のメールを送信してください。送信相手:sample@example.com、件名:テストメール、本文:これはテストメールです

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

以下の内容でメールを送信するためのプレイブックを作成しました。

  • 件名: テストメール
  • 本文: これはテストメールです
  • 送信先: sample@example.com

このリンクをクリックして、プレイブックを確認・実行してください。

リンクをクリックすると、下の「Bardeen」の公式サイトのページに飛びます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

日本語に翻訳すると、下の内容になります。

私のGmailからsample@example.comに、件名「テストメール」、本文「これはテストメールです」のメールを送信してください。

件名をテストメール、本文を「これはテストメール」として、sample@example.com に電子メールを送信します。

[試してみる][ピン留め]

[Try it]ボタンをクリックします。


始めに、下の画面のように「Google Mail(Gmail)」と「Bardeen」との接続画面が表示されます。
接続するには、[Connect]ボタンをクリックします。

この手順は初めてのみ必要となります。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

「Bardeen」の認証方法が2つ提案されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

日本語に翻訳すると、下の内容になります。

アプローチ1:Bardeen認証情報

G-suiteをご利用の場合は、この方法をご利用ください。

アプローチ2: カスタム認証情報

通常のGmailユーザーであれば、この方法を使用してください。この方法を使用する方法については、クイック・ビデオ・ガイドをご覧ください。

今回は、「アプローチ1:Bardeen認証情報」で試してみます。

なお、「アプローチ2: カスタム認証情報」に関するクライアントIDの作成方法は、以下のページで詳しく説明されています。

「アプローチ1:Bardeen認証情報」の[Authenticate with google]ボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

「Bardeen」と接続するGoogleアカウントを選択します。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

チェックを入れて、[続行]ボタンをクリックします。

すると、Gmailの自動送信が実行され、下の画面が表示されます。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

[View]ボタンをクリックすると、Gmailの画面が開きます。

実際に送信されたメールは、下の画面のとおりです。

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方_Gmailを自動送信

Gmailの自動送信の内容

送信相手:sample@example.com

件名:テストメール

本文:

これはテストメールです

Created with ❤️ by Bardeen.ai

指示通りに、メール送信ができました。

「Bardeen」の価格とプラン

「Bardeen」価格とプラン
(出典: 「Bardeen」の価格とプラン 公式サイト

「Bardeen」は無料でアカウントを作成して使用できますが、有料プランが存在します。

そこで、「Bardeen」の各プランの内容や価格を詳しく解説します。

無料で始める「Starter」プラン

  • 対象者:個人や始めたばかりの小規模チーム向け
  • 価格:無料
  • 特徴:クレジットカード不要でスタート可能
  • 主な機能
    • プレミアム機能を除く無制限の使用
    • 14日間のProトライアル利用後、無料プランに自動切り替え
    • Magic Boxへの無制限のアクセス

詳しい機能の説明や使用方法については、「Bardeen」の公式サイトをご参照ください。

上級者向けの「Professional」プラン

  • 対象者:高度な自動化機能を求めるパワーユーザー向け
  • 価格:15ドル/月〜(年払いの場合、33%オフ 10ドル/月〜)
  • カスタマイズ:月500クレジット〜
  • 主な機能
    • 生成型AIアクション
    • CRMの統合
    • 高度なスクレイピング機能
    • プレミアム統合
    • プレミアムアクション

詳しい機能の説明や使用方法については、「Bardeen」の公式サイトをご参照ください。

ビジネスチーム向けの「Business」プラン

  • 対象者:セキュリティや管理機能を重視する大規模チーム向け
  • 価格:カスタム(問い合わせ)
  • 主な機能
    • 柔軟なユーザー管理
    • 管理者向けの分析ダッシュボード
    • チーム全体の自動化機能
    • 専用のオンボーディングとトレーニング

詳しい機能の説明や使用方法については、「Bardeen」の公式サイトをご参照ください。


Bardeenは、個人からビジネスチームまで、さまざまなニーズに応じたプランを提供しています。自分の利用シーンや予算に合わせて、最適なプランを選びましょう。

同様の機能を持つ「Zapier」プラグインを紹介!

以前、当ブログで紹介した「Zapier」プラグインも、「Bardeen」プラグインと同様に、ウェブアプリケーションを連携させて自動化を実現できるツールです。

以下は、ほんの一部の活用例ですが、「Zapier」は5000以上ものアプリケーションと連携可能なので、その組み合わせはほぼ無限大です。

具体的には、「Zapier」プラグインは以下のようなことが可能です:

  • カレンダーイベントの作成:ChatGPTに指定の日時で新しいカレンダーイベントを作成するよう指示すると、Zapierを通じてGoogleカレンダーやOutlookカレンダーに新しいイベントを作成します。
  • メールの送信:ChatGPTにメールの送信を指示すると、Zapierを通じてGmailやOutlookからメールを送信します。
  • 新しいRSSフィードアイテムとSlackメッセージの送信:特定のRSSフィードに新しいアイテムが追加されたとき、そのアイテムの詳細を指定したSlackに送信します。
  • 新しいTwitterツイートとGoogleスプレッドシートの更新:特定のハッシュタグを含む新しいTwitterツイートが投稿されたとき、そのツイートの内容をGoogleスプレッドシートに追加します。

ぜひ「Zapier」プラグインも、チェックされてみてください。

「Zapier」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

Bardeen_ChatGPTプラグイン_使い方

Bardeen」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

「Bardeen」プラグインをChatGPTに導入することで、多機能なウェブサービス連携の機能が追加されます。これにより、日常の作業を効率化し、多岐にわたるタスクを簡単に自動化することができるようになります。

手動で時間をかけて行っていた作業も、簡単な指示だけで自動的に行うことができるのです。

この記事を通じて、その魅力と具体的な利用方法を学ぶことができました。今後の作業効率化の一助として、ぜひ「Bardeen」プラグインの活用を検討してみてください。


最後に、「Bardeen」プラグインの重要なポイントをまとめます。

「Bardeen」プラグインの重要なポイント

  • 「Bardeen」プラグインの導入:ChatGPTに多機能なウェブサービス連携の機能を追加します。
  • 簡単な指示での操作:「Bardeen」プラグインを使用することで、ChatGPT上からの簡単な指示で複雑な作業の開始が可能です。その後の設定や実行は「Bardeen」のサイトで行います。この流れにより、技術的な知識がない方でも、高度なタスクの自動化を実現することができます。
  • 多岐にわたるタスクの自動化:Gmailとの連携でのメールの送信、ウェブスクレイピングを利用して指定したウェブページからの情報の取得、、そして「X(旧Twitter)」からのツイート情報をGoogleスプレッドシートに保存など、多様な作業を効率的に行うことができます。

あなたも「Bardeen」プラグインを活用し、日常の作業を効率的に自動化しましょう。

今すぐ始めて、新しい可能性を手に入れてください!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次