【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Paper Interpreter】ChatGPT GPTs 使い方:論文を効率的に読もう!

【Paper Interpreter】ChatGPT GPTs 使い方:論文を効率的に読もう!

論文を読むのは難しいですよね。特に専門的な内容は、理解するのに時間がかかることもあります。

でも、もしもそんな論文の内容を手軽に理解できたらどうでしょう?

そこで役立つのが、おすすめのChatGPTのGPTs「Paper Interpreter」です。

「Paper Interpreter」GPTとは、一言でいうと研究論文を詳細に解析し、わかりやすく説明するツールです。

「Paper Interpreter」GPTを活用すれば、複雑な論文も簡単に理解することが可能になります。


この記事では、「Paper Interpreter」GPTの使い方や機能を分かりやすく紹介します。

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Paper Interpreter」GPTの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • 時間をかけずに、論文の要点や複雑な図表も理解することができるようになる
  • 「Paper Interpreter」GPTを活用することで、論文分析のスキルが向上し、研究内容の深い理解が可能になる

専門家でなくても、これらのポイントを押さえれば、論文の世界がぐっと身近になります。

それでは、さっそく「Paper Interpreter」GPTの世界へと足を踏み入れてみましょう!

目次

ChatGPT GPTsとは?

「GPTsGPT Builder)」は、2023年11月6日10時(日本時間11月7日午前3時) に、OpenAIが開発者向けに開催した初のカンファレンスで発表されました。

「GPTs(ジーピーティーズ)」とは、OpenAIが開発したChatGPTを、個々のニーズに合わせて「GPT Builder」を使って自然言語でカスタマイズできる新機能です。

これにより、誰もが簡単に独自の「GPT」を簡単に作成し使用することが可能になります。

「GPTs(GPT Builder)」は、「ChatGPT Plus」または「ChatGPT Team」、「ChatGPT Enterprise」の有料プランユーザーが利用できるサービスです。


なお、「GPTs(GPT Builder)ってなに?」や「GPTの作り方は?」など疑問に思っている方のために、「GPTs(GPT Builder)」や「GPTの作り方 」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

GPTs(GPT Builder)を初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

また、2024年1月10日(現地時間)には、「GPTs」を集めた革新的なプラットフォーム「GPT Store」がオープンしました。「GPT Store」では、「GPTs」を見つけたり、共有したりすることができます。

「GPT Store 」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「Paper Interpreter」GPTとは?開発元は?

「Paper Interpreter」GPTは、OpenAIが開発したGPT(Generative Pre-trained Transformer)テクノロジーをベースに、紺野 大地氏がカスタマイズして開発しました。

「Paper Interpreter」GPTの開発目的は、複雑で専門的な研究論文の内容を、より多くの人々が簡単に理解できるようにすることです。

研究論文は専門的な知識や用語を多用しており、非専門家にとっては読み解くのが難しいことがあります。

「Paper Interpreter」GPTは、そうした論文の重要なポイントを分かりやすい言葉で解説し、各セクションの要約を提供することで、一般の人々が論文の内容を容易に理解し、学術的な知識にアクセスできるようにすることを目指しています。

「Paper Interpreter」GPTで何ができる?

ChatGPTのGPTs「Paper Interpreter」GPTは、研究論文の内容を日本語で詳細に解析し、理解を助けるツールです。

「Paper Interpreter」GPTは論文の複雑な内容をわかりやすく解説し、研究の要点や結論を明確に理解するのに役立ちます。

具体的には、PDF形式の研究論文をアップロードするだけで、その論文の主要な部分を詳しく解析し、分かりやすい日本語で説明します。

論文の抽象的な内容から具体的なデータや結果まで、全体的な理解を深めるのに適しています。


「Paper Interpreter」GPTの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「Paper Interpreter」GPTの主な機能

  • 論文の構造解析: 論文の各セクション(例:導入、方法、結果など)を識別し、それぞれの内容を分かりやすく説明します。
  • データと結果の解釈: 論文に含まれるデータや研究結果を具体的に解説し、その意義を明確にします。
  • 図表の詳細な説明: 論文内の図や表について詳細な説明を提供し、視覚的な情報の理解を助けます。
  • 論文の要点の要約: 論文の主要なポイントや結論を簡潔にまとめ、全体の理解を促進します。
  • 研究の背景と意義の説明: 論文が扱っている問題の背景や、その研究が持つ意義について解説します。
  • 応用可能性の提案: 研究結果がどのように実際の分野や状況に応用可能かを示唆します。

ChatGPTのGPTs「Paper Interpreter」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Paper Interpreter」GPTを使ってみます。

「Paper Interpreter」GPTにアクセスします

ChatGPTにログインした状態で、「Paper Interpreter」GPTにアクセスします。

「Paper Interpreter」GPT

「Paper Interpreter」GPTのアクセスに成功すると、上の画面が表示されます。

「Paper Interpreter」GPTの使い方を聞いてみる

初めて「Paper Interpreter」GPTを使うので、まずは「Paper Interpreter」GPTの使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
「Paper Interpreter」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

すると「Paper Interpreter」GPTから、下記の回答が返ってきました。

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。「Paper Interpreter」GPTの返答をそのまま紹介します。


↓「Paper Interpreter」GPTの返答はここから↓

以下に「Paper Interpreter」の使い方をステップ形式で説明します。

STEP

ステップ1: 研究論文の選択

研究論文のPDFファイルを選びます。興味のある論文や理解を深めたい論文を用意してください。

STEP

ステップ2: ファイルのアップロード

このチャット画面にPDFファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルをアップロード」ボタンを使用して、選択した論文のPDFをアップロードします。

STEP

ステップ3: 分析リクエストの送信

アップロードが完了したら、「この論文を分析して」とリクエストを送信してください。論文の特定の部分について詳しく知りたい場合は、具体的にその部分を指定して質問してください(例: 「Abstractを詳しく説明して」)。

STEP

ステップ4: 図表の分析

論文内の図表(Figures)について知りたい場合は、「Figure 1を詳しく説明して」といった形で質問してください。それぞれの図表の具体的な内容について詳細に回答します。

STEP

ステップ5: 結果の受け取り

質問に基づいて、私が論文の内容を日本語で分かりやすく解説します。論文の構成要素(Abstract、Background、Methodsなど)に応じて、詳細な説明を提供します。

このプロセスに従って、研究論文を理解するのに役立ててください。

↑「Paper Interpreter」GPTの返答はここまで↑


とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

つまり、「Paper Interpreter」GPTには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:GoogleでAIについて調べたい

  1. 「Paper Interpreter」GPTを開く
  2. 研究論文のPDFをアップロードする
  3. 「この論文を分析して」
  4. 3のプロンプトをチャットに入力して送信

なんと、研究論文のPDFをアップロードして「プロンプト(命令文)」を書いて送信するだけ!簡単ですね!

「Paper Interpreter」GPTを使ってみた!

それでは実際に、ChatGPTのGPTs「Paper Interpreter」GPTを使ってみます。

「Paper Interpreter」GPTで、論文を分析してみた結果は?

まずは、先ほど、ChatGPTが「Paper Interpreter」GPTの使い方の例に挙げた、論文の分析を試してみます。

今回選んだのは、「SSRN」で公開されている「Study and Analysis of ChatGPT and its Impact on Different Fields of Study(ChatGPTの研究と分析、そして様々な研究分野への影響)」という論文です。

Study and Analysis of Chat GPT and its Impact on Different Fields of Study by Dinesh Kalla, Nathan Smith, Fnu Samaah, Sivaraju Kuraku :: SSRN
(出典:Study and Analysis of Chat GPT and its Impact on Different Fields of Study by Dinesh Kalla, Nathan Smith, Fnu Samaah, Sivaraju Kuraku :: SSRN

使用する論文はこちらです。

7ページからなるこのPDF論文をアップロードし、以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

この論文を分析して

「Paper Interpreter」GPTの回答は以下のとおり。

「Paper Interpreter」GPTの回答をそのまま紹介します。

アップロードされた論文は、”ChatGPTの研究と分析、および異なる分野への影響”に関するものです。この論文は以下のセクションに分かれています:

  1. 導入(Introduction): ChatGPTの基本概念とその革新性について説明しています。
  2. 実装とChatGPTの動作(Implementation and Working of ChatGPT): ChatGPTの実装方法と動作の概要を示しています。
  3. ChatGPTの利点と欠点(Advantages and Disadvantages of ChatGPT): ChatGPTの長所と短所について議論しています。
  4. ChatGPTの限界と特徴(Limitations and Features of ChatGPT): ChatGPTの制限と特徴について詳細に説明しています。
  5. ChatGPTの代替手段(Alternatives of ChatGPT): ChatGPTに代わる他の技術やアプローチについて解説しています。
  6. ChatGPTの使用方法(How to Use ChatGPT): ChatGPTの使用方法について説明しています。
  7. フィールドベースのChat GPTに関連するアイデアと将来の研究(Ideas and Future Research Related to Field-Based Chat GPT): ChatGPTに関連する将来の研究のアイデアと方向性について説明しています。
  8. 異なる分野へのChatGPTの影響(Impact of ChatGPT on Different Fields): ChatGPTが様々な分野に与える影響についての考察が含まれています。
  9. ChatGPTの未来(Future of ChatGPT): ChatGPTの将来についての予測と可能性に関して議論しています。
  10. 結論(Conclusion): 論文の要点と総括が述べられています。
  11. 謝辞(Acknowledgment) および 参考文献(References): 研究に貢献した人々への謝辞と使用された文献が記載されています。

セクションごとの詳細な内容や特定の図についての詳細な説明が必要であれば、お知らせください。

この論文は全11のセクションに分かれており、各セクションの概要が明確に示されています。

実際に論文を確認したところ、回答は論文の構成に忠実で、実際に11セクションから成り立っていました。

「Paper Interpreter」GPTで、論文の内容を質問してみた結果は?

次に、「3.ChatGPTの利点と欠点」というセクションに焦点を当て、内容についての質問をしました。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

3.ChatGPTの利点と欠点
の内容について、わかりやすくまとめてください。

「Paper Interpreter」GPTの回答は以下のとおり。

「Paper Interpreter」GPTの回答をそのまま紹介します。

「3. ChatGPTの利点と欠点」セクションの内容をまとめます。

ChatGPTの利点:

  1. 多言語対応: ChatGPTは多言語に対応しており、さまざまな言語での会話が可能です。
  2. 柔軟な会話能力: 自然言語処理技術を活用しているため、流暢で自然な会話ができます。
  3. 知識ベースの活用: 広範な知識ベースを活用し、多様な質問に対して詳細な回答を提供できます。
  4. 学習能力: 機械学習を用いて、継続的に学習し、改善されます。
  5. ユーザーの意図の理解: ユーザーの質問や要望を理解し、適切な回答を生成します。

ChatGPTの欠点:

  1. 情報の時代遅れ: トレーニングデータの古さにより、最新の情報に対応できない場合があります。
  2. 誤った情報の提供: 時に誤った情報や不正確な回答を提供することがあります。
  3. コンテキストの誤解: 複雑な会話や特定の文脈を誤解することがあります。
  4. 感情的な対応の欠如: 人間のような感情的な対応や共感を示すことが難しいです。
  5. セキュリティとプライバシーの懸念: ユーザーのデータの扱いやセキュリティに関する懸念があります。

以上が、ChatGPTの主要な利点と欠点の概要です。これらの点は、ChatGPTの使用に際して留意すべき重要な要素となります。

内容は分かりやすく、丁寧にまとめられていました。

【体験談】「Paper Interpreter」GPTへの質問には工夫が必要!

「Paper Interpreter」GPTからの応答は非常に丁寧でした。

しかし、論文のPDFと比較すると内容に相違があることが判明しました。

「Paper Interpreter」GPTの応答内容についての疑問

「3.ChatGPTの利点と欠点」セクションについての「Paper Interpreter」GPTの回答には、論文の内容との差異が確認されました。

(出典:Study and Analysis of ChatGPT and its Impact on Different Fields of Study

「Paper Interpreter」GPTの回答の最初には、

「3. ChatGPTの利点と欠点」セクションの内容をまとめます。

という文言があったため、それが論文の実際の内容に基づいていると考えました。しかし、実際には異なる内容が含まれていました。

この点に疑問を抱き、「Paper Interpreter」GPTに次のように質問しました。

これらの内容は、「3. ChatGPTの利点と欠点」のセクションの内容に本当に忠実ですか?

「Paper Interpreter」GPTの回答は以下のとおり。

「Paper Interpreter」GPTの回答をそのまま紹介します。

申し訳ありませんが、私の提供した「3. ChatGPTの利点と欠点」の内容は、論文の実際の内容から直接引用されたものではありません。ここでの回答は、一般的な知識に基づいてChatGPTの利点と欠点を概説したものです。論文の具体的な内容に基づいた正確な要約を提供しますので、少々お待ちください。

これにより、初めに提供された「3. ChatGPTの利点と欠点」に関する回答は、論文の実際の内容を直接反映していないことが明らかになりました。

「Paper Interpreter」GPTの回答の最初には、

「3. ChatGPTの利点と欠点」セクションの内容をまとめます。

と記載されていたため、その内容が論文に基づいていると誤解していました。しかし、実際には一般的な知識を元にした回答でした。

その後、「Paper Interpreter」GPTは論文の具体的な内容に基づいて、「3. ChatGPTの利点と欠点」のセクションを正確に要約し、以下のように詳細にまとめてくれました。

「3. ChatGPTの利点と欠点」セクションの要点を以下にまとめます。

ChatGPTの利点

  1. 自然言語生成能力: ユーザーのプロンプトに対して人間のような一貫性のある回答を生成できます。これは、自然言語が重要なアプリケーションに特に有用です。
  2. スケーラビリティ: 応答を迅速に生成し、同時に多くの会話を処理できるため、ビジネスや組織にとって理想的なツールです。
  3. カスタマイズ性: 特定のタスクやアプリケーションに合わせて微調整が可能です。これにより、ユーザーのニーズに合わせて応答をカスタマイズできます。
  4. 効率性: 複数の会話を同時に処理でき、短時間で大量の情報を処理する能力があります。

ChatGPTの欠点

  1. バイアスの可能性: 大規模なテキストデータセットでトレーニングされるため、そのデータ内のバイアスや不正確さが反映される可能性があります。
  2. 感情的知性の不足: 人間の会話において感情的な手がかりを認識し、適切に反応するのに苦労することがあります。
  3. 自然言語処理の困難: 複雑なアルゴリズムと広範なトレーニングにもかかわらず、人間の言語のニュアンスを完全に理解するのが困難です。
  4. 文脈の欠如: 会話の文脈を理解するのに苦労することがあり、不適切な応答をすることがあります。
  5. 限られた知識ベース: トレーニングデータによって得られた知識に限定されるため、特定のトピックに関する情報提供に限界があります。
  6. 共感の欠如: 人間の顧客サービス担当者が提供できるサポートや理解のレベルを提供するのが難しいです。

以上が「3. ChatGPTの利点と欠点」セクションの主な内容です。この要約は、論文の具体的な文言をもとにしています。

【重要】論文に忠実な回答をもらうためには、明確な指示が不可欠!

この実験から、論文を分析した後の「Paper Interpreter」GPTへの質問では、論文の内容に基づく回答を明確に求めることが重要であることがわかりました。

今回の場合は、

3.ChatGPTの利点と欠点
の内容について、わかりやすくまとめてください。

ではなく、

3.ChatGPTの利点と欠点
の内容について、論文の内容に忠実にわかりやすくまとめてください。

と具体的に指示することで、より正確な回答が得られます。

まとめ

【Paper Interpreter】ChatGPT GPTs 使い方:論文を効率的に読もう まとめ

ChatGPTのGPTs「Paper Interpreter」は、いかがでしたでしょうか?

「Paper Interpreter」GPTは、論文の世界をもっと身近に、そして理解しやすくするために開発されました。

「Paper Interpreter」GPTを使うことで、複雑な論文も時間をかけずに要点を把握でき、図表やデータの解釈も容易になります。さらに、効果的な学習方法として活用すれば、研究内容の深い理解が可能になります。

専門的な知識がなくても、論文の主要なポイントを短時間で理解することができるのです。


最後に、「Paper Interpreter」GPTの重要なポイントをまとめます。

「Paper Interpreter」GPTの重要なポイント

  • 論文の構造解析: 「Paper Interpreter」は、論文を構成する各セクション(例えば導入、方法、結果など)を個別に分析し、それぞれの部分がどのような内容で、どのような役割を果たしているのかを明確に説明します。これにより、論文全体の構造を簡単に理解することができます。
  • データと結果の解釈: このツールは、論文に含まれる図や表、研究結果のデータを解析し、それらが何を示しているのかを簡潔に説明します。これにより、複雑なデータや図表も、誰でも容易に理解することが可能になります。
  • 効果的な学習法: 「Paper Interpreter」を使用することで、どのように論文を分析し、重要な情報を抽出するかというスキルを身につけることができます。論文の深い理解に役立つだけでなく、研究分析の能力も向上させることができます。
  • 質問の工夫が必要: 「Paper Interpreter」への質問には、論文の内容に忠実な回答を得るために明確な指示が不可欠です。具体的な指示をすることで、より正確な回答が得られます。

「Paper Interpreter」GPTは、論文の内容を手軽に理解する手助けをするだけでなく、あなたの学術的な興味や知識を広げるための強力なツールです。

今すぐ「Paper Interpreter」GPTを使い始めて、論文の世界への扉を開けましょう!

おすすめの「ChatGPT GPTs」

「GPTs(GPT Builder)」を使えば、誰でも簡単にカスタムGPTを作ることができます。

そのため、カスタムGPTは無限に生み出されます。

そこで、当サイトではおすすめの「ChatGPT GPTs」をまとめています。更新していきますので今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

また、これまでに紹介した「ChatGPT GPTs」は、「GPTs(GPT Builder)(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


ぜひ、他のカスタムGPTもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次