【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

OpenAI「GPT-5」いつ登場?開発はまだ?次世代モデルChatGPT進化の能力

GPT-5はいつ登場?

AI技術が急速に進化している今日、OpenAIのChatGPT次世代モデル「GPT-5」の登場は、多くの人々の関心を集めています。
しかし、そのリリース日や進化の内容はまだはっきりとしていません。

それでは、一体いつGPT-5は登場し、どのような進化を遂げるのでしょうか?

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • GPT-5のリリース日の予想や情報源を知ることができる
  • GPT-5がどのように進化するのか、どのような能力が期待されているのかを理解することができる
  • GPT-5の進化が私たちにどのような影響を及ぼすのかを具体的にイメージできる

本記事では、まずGPT-5のリリース日を予想し、その根拠となる情報源や過去のGPTモデルのリリース日からの推測、さらにはOpenAIのサム・アルトマンCEOの発言を元に詳細を探ります。

そして、GPT-5がどのように進化し、何を実現可能にするのか、具体的な能力とその影響について深掘りします。

GPT-5の登場を心待ちにしている方はもちろん、AI技術に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

GPT-5はいつ登場するのか?

2023年に突入し、AIに関する話題が日常の一部となりました。
一日たりともそのニュースに触れない日がないほど、我々の生活に深く浸透してきたのを感じている方も多いのではないでしょうか?

その最前線に立つGPTシリーズの次世代モデル、GPT-5の登場が待たれる中、そのリリース日はいつなのか?

この項目では、GPT-5のリリース日について予想と最新の情報をまとめています。
OpenAIのCEOであるサム・アルトマンの気になる発言や、過去のGPTシリーズのリリース日も予想の材料として紹介していきます。

GPT-5のリリース日の予想と情報源

OpenAIの次世代AI「GPT-5」のリリース日については、現時点ではOpenAI公式の発表がなく、具体的な日程は不明です。

なお、各種情報源によると2024年のリリースが予想されていたり、金融ソフトのスタートアップ企業Runway創業者でありAI投資家でもあるSiqi Chenが「GPT-5は2023年末にリリースされる予定」とコメントしたりと定かではありません。

しかし、ここで注意しなければならないのは、これらの予想はあくまで推測に過ぎず、公式な発表がない限り確定的なものではないということです​。

GPTの全モデルのリリース日から予想

ちなみにこれらのGPT-5のリリース日の予想は、主に過去のOpenAIのGPTモデルのリリースのパターンと、AI技術の進化速度に基づいています。

モデルチェンジの期間を見ると、最短はGPT-1から2の約8ヶ月、最長はGPT-3から3.5の約1年9ヶ月となっていることがわかります。

スクロールできます
モデルリリース日
GPT-12018年6月11日 (参照 GPT (言語モデル) – Wikipedia
GPT-22019年2月14日 (参照 GPT-2 – Wikipedia
GPT-32020年6月11日 (参照 GPT-3 – Wikipedia
GPT-3.52022年3月15日 (参照 GPT-3 – Wikipedia
GPT-42023年3月14日 (参照 GPT-4 – Wikipedia
GPTシリーズのリリース時期

こうしてみると、GPT-5の2024年リリースは現実的かもと考えられますね。

さすがに、Siqi Chen説の「2023年末リリース」は早すぎるのであり得ないという感じがします。

サム・アルトマンCEOが「GPT-5の開発はまだ」と明言

2023年4月13日に、OpenAIのCEOサム・アルトマンが、マサチューセッツ工科大学(MIT)のカンファレンスにリモート参加しました。

その中で、「OpenAIがGPT-5をトレーニングしていることはなく、今後もしばらくするつもりはない」と発言しました。

「サム・アルトマン」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

GPT-4はトレーニング完了後、6カ月間以上経ってからリリースした

GPT-4はトレーニング完了後、6カ月間以上経ってからリリース

また、サム・アルトマンCEOはMITのカンファレンスで、「OpenAIはGPT-4のトレーニングを完了した後、6カ月間以上経ってからリリースした」と述べています。

このことから、GPT-4の機能はもちろんですが、安全性に関してもかなり慎重に開発やリリースを進めてきたことがわかります。

なお、今回のMITのカンファレンスでのサム・アルトマンCEOの発言内容から、やはりSiqi Chenがコメントした「GPT-5は2023年末にリリースされる予定」は99.9%なさそうですね。

「GPT-4」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【結論】GPT-5のリリースは2024年後半または2025年

これまでの内容をまとめると、以下の通りになります。

  • 各種情報源によると2024年のリリース
  • Siqi Chenの2023年末リリース予想
  • GPTのモデルチェンジ期間の最短は約8ヶ月、最長は約1年9ヶ月
  • 2023年4月13日にサム・アルトマンが「GPT-5はトレーニングしてない、今後もしばらくするつもりなし」と発言
  • サム・アルトマンが「GPT-4はトレーニング完了後、6カ月間以上経ってリリースした」と発言

以上のことを踏まえてGPT-5のリリース時期を推測すると、GPT-5のリリースは早くても2024年後半または2025年とみるのが妥当ではないでしょうか。

あなたはGPT-5がリリースされるのはいつだと思いましたか?

GPT-5はどう進化する?

AIの進化は、私たちの想像を超える速度で進行しています。

その中でも、GPTシリーズの進化は驚異的です。次世代のAIモデルGPT-5は、さらなる飛躍が期待されています。

しかし、その全貌はまだ推測の域を出ません。

そんな中、膨大なインターネットの情報をまとめていたところ、確実に進化されるであろう3つのポイントが見えてきたので解説します。

この3つは間違いなく進化するGPT-5

確実に進化されるであろう3つのポイントは次のとおりです。

GPT-5の期待される3つの進化
  • マルチモーダルな理解能力の拡大:文字や画像に加え、音声や映像も理解できる能力が向上する
  • インタラクティブ・マルチメディアの実現:より自然な人間との対話や、メディアの自動生成などが可能になる
  • 自律的な学習と進化:自身で学び、進化する能力が増すことで、より高度な問題解決が可能になる

以上、マルチモーダルな理解能力の拡大インタラクティブ・マルチメディアの実現自律的な学習と進化の3つは、間違いなく進化すると考えられます。

ただし、すべての進化が必ずしも大きな成果をもたらすわけではありません。
モデルの規模を大きくしたり、計算能力を上げたり、学習データを多様化したりするだけでは、必ずしも大きな発展は見込めないかもしれません。

それでも、GPT-5が「人工的な普通の知能」に近づく一歩となることは間違いありません。
GPT-5が現在以上に高性能となることで、自然言語処理(NLP)の未来に大きな影響を与え、ビジネスパーソンにとってもより効率的で質の高いコンテンツ生成や意思決定の支援等が可能になるでしょう。

なお、次世代モデルGPT-5に期待される能力はまだまだ存在します。なんと「GPT-5には7つの能力がある」という説もありますので、次の項目で紹介します。

GPT-5の期待される7つの能力

次世代モデルGPT-5の期待される能力が、私たちの生活をどのように変えるのか?
その驚くべき能力をまだまだ知りたくはありませんか?

GPT-5の情報を探していたところ、GPT-5の期待される7つの能力について語る1本の興味深い動画を見つけました。
それがこちらの動画です。

海外の動画でしたので、英語で解説されています。
そこでこの項目では、日本語でGPT-5の7つの期待される能力を詳しく解説します。

この記事を読むことで、あなたはAIの最新動向を掴み、未来の技術トレンドに備えることができます。さあ、AIがもたらす未来を一緒に探りましょう!

1.マルチモーダルな理解の拡大

マルチモーダルな理解の拡大とは、文字や画像だけでなく、音声や映像も処理できるという能力のことを指します。

これにより、様々なメディアフォーマットにおいて文脈に即した正確な書き起こしや翻訳、要約を分析生成し、コンテンツとの対話や消費に革命をもたらすことが期待されています。

2.インタラクティブ・マルチメディアの実現

GPT-5は、テキスト記述や画像コンセプト、ビデオサンプルに基づいて、ビデオゲームや映画、3D環境全体を自動生成する能力を持つとされています。

この能力により、インタラクティブマルチメディアが実現し、視聴者のインタラクションや検索履歴、好みのコンテンツジャンルなどに応じてストーリーがダイナミックに変化します。

これは、エンターテインメントやメディアの消費に革命をもたらす可能性があります。
また、消費者に毎回ユニークな体験を提供し、想像と探求の無限の可能性を育み、新たな市場を生む可能性があります。

3.一般的な能力を持つAIロボット

GPT-5がロボットに搭載されることで、日常生活の多くの側面で人々を助ける可能性があります。

たとえば、GPT-5搭載の家庭用ロボットAIは、冷蔵庫の中をチェックしてその中にある食材から料理を作ることができます。

さらに、AIロボットは人々の好みを学び、それに合わせて最も美味しい料理を作ることができるようになるかもしれません。そして、ロボットアームや手を使って、食器洗いやゴミ出しといった日常的な家事も手伝うことができます。

このように、AIロボットは我々の日常生活をより便利で楽しいものにする可能性があります。

4.自律的に学び進化するAIモデル

GPT-5は、まるで人間が新しいことを学ぶように、自分で新しいタスクを理解し、それをこなせるようになる能力を持っています。

例えば、まだ知らない問題に出会ったとき、GPT-5は自分で解決方法を学んで、その問題を解くことができます。
さらに、いくつかのAIの知識を組み合わせて、新しいより強力な知識を作り出すこともできます。

これは、GPT-5が自分で考え、学び、成長し、知識を増やすことができるということです。
GPT-5は、これまでにない新しい形の知識のネットワークを作り出す可能性があります。

5.未来を予測し、仮想世界を創造する

GPT-5は、さまざまな情報を組み合わせて、未来の結果を高い精度で予測する能力を持っています。
これは、GPT-5がこれまでにないほど高度な予測を行えるようにする特徴です。

また、その力を使って、GPT-5は全く新しい仮想世界を自分で作り出すことも可能です。
この仮想世界は、特定の問題や目標に基づいて作られ、独自の生態系や文化、歴史を持つことができます。

これは、エンターテイメントや教育の場として使うことができます。
さらに、現実世界の大きな問題を解決するための実験場としても利用できます。

これにより、GPT-5は私たちが問題を解決する手助けをするとともに、新しい体験を提供する可能性があります。

6.医療や科学、ビジネスを変革

GPT-5は、医療、科学研究、ビジネスの領域で大きな変革をもたらす可能性を持っています。

医療分野では、GPT-5は患者の記録や画像スキャン、ゲノム情報などの医療データを解析して、個々の治療計画を立てることができます。これは診断や治療に革新をもたらします。

また、GPT-5は創薬のプロセスを加速させ、新薬の効果を予測し、臨床試験の時間とコストを削減することが可能です。さらに、GPT-5は遠隔医療の発展に貢献し、遠隔地での診察やモニタリングを可能にします。

科学研究では、GPT-5はパターン認識とデータ解析の能力を活用して、さまざまな分野での新しい発見を促進します。気候変動の影響を予測したり、素粒子物理学の分野で新しい粒子を特定し、宇宙の理解を深めるなど、科学の進歩に大きく貢献することが期待されます。

ビジネスの分野では、GPT-5はオペレーションの自動化やサプライチェーンの最適化、新しいビジネスモデルの創出など、組織の機能や競争力を大きく変える可能性があります。

また、マーケティング戦略の立案や新製品のアイデア出し、金融分野での取引アルゴリズムやリスク分析、不正検知の強化など、さまざまな業務に対するアプローチを変える可能性があります。

7.パーソナライズされたバーチャルアシスタント

GPT-5は、生活のあらゆる面で私たちをサポートするために設計されます。

車から電話、パソコン、ロボット、家電、オフィス機器など、さまざまなデバイスにアクセスし同期することが可能なバーチャルアシスタントとして機能します。これにより、ユーザーのニーズに合わせた統合的なスマートエコシステムを構築することが可能になります。

このAIアシスタントは、仕事やプライベートを簡素化するだけでなく、ユーザーの好みや習慣、目標を学習して適応し、自分では思いつかないような方法で積極的にサポートします。

たとえば、ユーザーのニーズを先読みし、日々の作業を効率化し、ユーザーの野望を達成する手助けをするなど、全知全能のアシスタントとしての役割を果たします。

驚愕な能力を備えて登場するのは間違いないGPT-5

GPT-5の期待される7つの能力はいかがでしたでしょうか?

かなり現実的な能力もあれば、まだまだ先になりそうな能力もあったのではないでしょうか。また、とてもワクワクしたという感想を持った方もいらっしゃったのではないでしょうか。

いずれにしても、GPT-4の登場が世界を激震させたように、AIの進化は我々の想像を超える速度で進行しています。
GPT-5もきっと驚愕な能力を備えて登場するのは間違いないでしょう。

【8/3追記】OpenAIが「GPT-5」の商標登録を出願

米国時間2023年7月18日、大規模言語モデル「GPT-4」を開発するOpenAIが、次世代モデルとして「GPT-5」の商標登録をアメリカ特許商標庁(USPTO)に出願していたことが、USPTOのデータベースから判明しました。

この進展は、有名な商標弁護士のJosh Gerben氏が2023年7月31日にツイートで発表したものです。

アメリカ特許商標庁(USPTO)のサイトで調べたところ、確かに「GPT-5」の商標登録を出願していることが確認できました。

Trademark Status & Document Retrieval
(出典: GPT-5 商標登録出願 Trademark Status & Document Retrieval

申請内容は、広範な領域にわたる権利の保護を目的としており、以下のような分野が含まれます。

  • 言語モデルを使用するためのダウンロード可能なコンピュータープログラム及びソフトウェア
  • 人間の音声及びテキストを人工的に生成するためのダウンロード可能なコンピュータープログラム及びダウンロード可能なソフトウェア
  • 自然言語処理・生成・理解・分析のためのダウンロード可能なコンピュータープログラム及びダウンロード可能なソフトウェア

提出書類によれば、「GPT-5」の機能には「自然言語処理、生成、理解、分析」などの可能性も示唆されており、音声認識ソフトウェア、テキスト生成、人工ニューラルネットワークの開発と実装も含まれるようです。


なお、IT系ニュースサイトのMetaverse Postは、この商標出願の主な目的は、「GPT-5」の名前を他者が使用できないようにするためである可能性があるとコメントしています。なお、OpenAIからはGPT-5に関する具体的な声明は出ていない点も注目されます。

OpenAI’s Trademark Application Hints at GPT-5’s Arrival | Metaverse Post
(出典: OpenAI’s Trademark Application Hints at GPT-5’s Arrival | Metaverse Post

「GPT-5」の商標登録の申請内容から見える可能性と今後の影響

申請内容からは、「GPT-5」が音声データをテキストに変換する機能や、音声と話し言葉の認識、テキストの作成と生成、データに触れた時の分類・分析・応答を学ぶアルゴリズムの設計・運用・評価が可能な機能を提供することが示されています。

さらに、人工ニューラルネットワークを作成し、実装するために使用されるソフトウェアも含んでおり、OpenAIはこれらの操作に対してソフトウェアをサービスとして提供する計画のようです。


現在、商標登録の申請は審査中であり、登録されれば、言語処理、翻訳、音声認識、人工ニューラルネットワークの開発など、ソフトウェアの幅広い機能の保護が確保されます。

この申請が通過するかどうかによって、製品の展開戦略やマーケティングに影響を及ぼす可能性があるため、今後の開発と展開における重要な要素となるでしょう。


「GPT-5」の商標登録が成功すれば、OpenAIは「GPT-5」の名称とそれに関連する技術を独占的に使用する権利を得ることができるため、今後の審査結果が待たれます。

【11/14追記】サム・アルトマンが、GPT-5を開発中と明言!

サム・アルトマンが、GPT-5を開発中と名言 OpenAI chief seeks new Microsoft funds to build ‘superintelligence’
(出典:OpenAI chief seeks new Microsoft funds to build ‘superintelligence’ – Financial Times

「Financial Times」の記事で、OpenAIのCEOであるサム・アルトマンが、次世代のAIモデル「GPT-5」を開発中であることを明言。これはAI技術の分野で非常に興味深い進展です。

記事中の「GPT-5」開発に関する内容

サム・アルトマンが、GPT-5を開発中と名言
(出典:OpenAI chief seeks new Microsoft funds to build ‘superintelligence’ – Financial Times

(日本語翻訳)

アルトマンによれば、同社はGPT-5という次世代のAIモデルにも取り組んでいる。

アルトマンは、インターネット上で公開されているデータセットと、企業が独自に保有するデータを組み合わせて使用することになるだろうと語った。

OpenAIは最近、特に長文の文章やあらゆる形式の会話など、「現在一般にオンラインで簡単にアクセスできない」組織からの大規模なデータセットを募集している。

GPT-5は以前のモデルよりも洗練されたものになると思われるが、アルトマンは、このモデルがどのような新しい能力やスキルを持つかを正確に予測するのは技術的に難しいと述べた。

GPT-4に続くGPT-5は、AIモデルの能力においてさらなる大きな進歩をもたらすと見られています。

GPT-5の具体的な機能や進化についての詳細はまだ公開されていませんが、AI技術への関心が高まる中、GPT-5に対する期待は一段と大きくなっています。

【2024/1/19追記】サム・アルトマン、ダボス会議で「GPT-5」について語る

サム・アルトマン、OpenAIのCEOは、2024年1月15日からスイスで始まったダボス会議でAxiosのイナ・フリードとの対談にて、GPT-5の進化と未来のAIに関して語りました。

サム・アルトマンによるGPT-5の進化と未来についての洞察

サム・アルトマンは、ChatGPTの成功に自身も驚いたことを語りました。彼らはこの技術が有用であることを知っていたものの、その実際の影響力が予想をはるかに超えるものだったことを認めています。

GPT-2からGPT-3、そしてGPT-4へと進化する中で、これらのモデルの能力が顕著に向上しました。そして、GPT-5はこれまでのモデルを上回る、「より多くを可能にする」という意味での大きな進歩が期待されています。

サム・アルトマンは、この技術の一般的な知能が増加することが、最も重要なポイントであると強調しました。

AIの急速な進化と今後の展望

また、サム・アルトマンは、AIの技術が急速に進化している現在、AIが今年中に実現可能なことや、まだ解決されていない課題についても触れました。

彼は、AIがよりスマートになり、より複雑な問題をより正確に処理できるようになると説明しています。

さらに、彼はAIが将来科学的発見を加速する重要な役割を果たすと述べ、これが実現することが非常に大きな意味を持つと強調しました。

倫理とカスタマイズ:AIの社会的適応への挑戦

この対談では、AIの将来における倫理的な問題や、AIモデルが国や文化によって異なる回答をする可能性についても議論されました。

サム・アルトマンは、AI技術が社会と共進化する必要があると述べ、さまざまな価値観を持つユーザーに対応するために、個々のカスタマイズが可能であるべきだと説明しています。

これらの点を踏まえて、GPT-5の登場は、私たちの生活にさらなる変革をもたらす可能性があると言えます。この技術の進化がもたらすポジティブな変化と、それに伴う課題について、我々は注意深く見守る必要があります。

【2024/2/19追記】World Governments Summit 2024での発表:サム・アルトマンが次世代AI「GPT-5」について言及

World Governments Summit Dayでの発表:サム・アルトマンが次世代AI「GPT-5」について言及
(出典:The World Governments Summit Day 2 is now LIVE! – YouTube

2024年2月12日から14日にかけてドバイで開催された「World Government Summit(世界政府サミット)2024」では、多くの政府首脳やイノベーターが集まり、将来の政府形成について議論しました。

このイベント「World Government Summit 2024」の中で、OpenAIのサム・アルトマンが次世代のAIモデル「GPT-5」について言及したことが大きな話題を呼んでいます。

AI技術の未来への道筋:サム・アルトマンのビジョン

サム・アルトマンは、「World Government Summit 2024」の中で「GPT-5」の開発について詳細は明かさず、現段階ではその能力やリリースの時期について具体的には語られませんでした。

しかし、彼のビジョンからは、「GPT-5」が人類にとってさらなる恩恵をもたらすことに大きな期待が寄せられていることが伺えます。特に、教育や医療、科学研究など、人類の大きな課題に対して、AIがどのように貢献できるかについての洞察が提供されました。

GPT-5:次世代AIの可能性と期待

サム・アルトマンの言及によると、AI技術、特に大規模言語モデルの進化は、人間の知性を拡張し、創造力や解決策の発見に革命をもたらす可能性があります。また、AIの進化は教育の分野においても大きな変革を促すと述べ、個別指導やパーソナライズされた医療アドバイスの提供によって、より良い未来が実現可能であるとの見解を示しました。

さらに、政府や教育機関がAI技術、特に「GPT」モデルの積極的な採用と正しい利用方法の普及に努めることで、社会全体がこの技術の恩恵を享受できるようになると強調しています。

具体的な政府の取り組みとしては、AI技術を利用したサービスの提供や、市民への教育・医療サービスの改善などが挙げられました。


サム・アルトマンはまた、AI技術の進化と普及において、グローバルな規制や安全基準の確立が重要であると強調し、各国政府や国際機関が協力し合うことの必要性を訴えました。

この発表は、AI技術の将来に対する大きな期待と同時に、その進化が人類社会に与える影響を深く考える機会を提供しています。次世代「GPT」モデル「GPT-5」に対する具体的な情報はまだ少ないものの、そのポテンシャルと将来の可能性に世界が注目しています。

まとめ

私たちが待ち焦がれるAIの新世代であるGPT-5の登場は2024年後半か、もしくは2025年と予想しました。
これはGPTシリーズの以前のリリースパターンと、OpenAIのCEOであるサム・アルトマンの発言から予測されます。

そして、この次世代AIは驚異的な進化を遂げることが予想されています。

特に重要な進化のポイントは次の通りでした。

GPT-5の期待される3つの進化
  • マルチモーダルな理解能力の拡大:文字や画像に加え、音声や映像も理解できる能力が向上する
  • インタラクティブ・マルチメディアの実現:より自然な人間との対話や、メディアの自動生成などが可能になる
  • 自律的な学習と進化:自身で学び、進化する能力が増すことで、より高度な問題解決が可能になる

これらの進化により、GPT-5は医療、科学、ビジネス領域を含む社会全体に大きな変革をもたらすことでしょう。

この進化は、私たちの生活に新たな価値をもたらすだけでなく、AI技術の未来そのものを塗り替える可能性を秘めています。

未来のAI、GPT-5の登場を心待ちにしましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次