【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Planfit】ChatGPT プラグイン 使い方:筋トレの自分専用メニューを自動生成!

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

筋トレやワークアウトを始めたいけど、どのエクササイズから始めればいいのか、どのようにトレーニングを組み立てればいいのか、迷っていませんか?

それなら、おすすめのChatGPTの「Planfit」プラグインがあなたの強力なサポートツールになります!

「Planfit」プラグインとは、一言でいうとパーソナライズされた筋トレとワークアウトメニューの自動作成機能を追加するツールです。


この記事では、「Planfit」プラグインの使い方を詳しく解説します。

「Planfit」プラグインの具体的な使い方、さらには「今日のワークアウトルーチン」を聞いてみた結果まで、初心者でも簡単に理解できるように説明します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Planfit」プラグインの基本的な使い方を一から学べる
  • 自分だけのパーソナライズされた筋トレとワークアウトメニューを作成することができる
  • フィットネスレベルや体重によってどのようにワークアウトルーチンが変わるのかを具体的に理解できる

あなたの筋トレやワークアウトの成功をサポートする「Planfit」プラグイン。

その魅力と使い方を、ぜひこの記事で探してみてください!

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「Planfit」とは?開発元、開発目的は?

Planfit公式サイト
(出典:Planfit公式サイト

「Planfit」は、AIベースのフィットネスプラットフォームで、PlanFit AI Inc.という韓国(ソウル)の企業によって開発されました。このプラットフォームは、個々のユーザーのフィットネス目標と利用可能な設備に基づいてパーソナライズされたワークアウトプランを提供します。

PlanFit AI Inc.は、AI技術とデータサイエンスを活用して、個々のユーザーに最適なフィットネス計画を提供することを目指しています。また、同社はモバイル上で運動コンテンツを提供するサービスも運営しています。

開発の目的については、Planfitのビジョンは、「誰もが自分が望む体を手に入れることができる世界」を作ることです。これは、ユーザーが自分のフィットネス目標を達成するためのパーソナライズされたワークアウトプランを提供することで実現されています。

具体的には、AIを使用して個々のユーザーのフィットネス目標とニーズに合わせたパーソナライズされたトレーニングと栄養計画を作成することがPlanFitの主な開発目的です。

「Planfit」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「Planfit」プラグインは、ユーザーが自分のトレーニングレベルや目標に合わせたパーソナライズされた筋トレとワークアウトメニューを自動作成するためのツールです。

ユーザーは自分の性別、トレーニングレベル、体重、トレーニングしたい部位、トレーニングの場所(ジムまたは自宅)、使用言語を入力することで、個々のニーズに合わせた筋トレやワークアウトメニューを取得できます。


「Planfit」プラグインの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「Planfit」プラグインの主な機能

  • 性別の入力:ユーザーは自身の性別を入力します。これにより、性別に応じた適切な筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニングレベルの選択:ユーザーは自身のトレーニングレベルを1(初級)から5(エキスパート)までの範囲で選択します。これにより、ユーザーのトレーニングレベルに適した筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • 体重の入力:ユーザーは自身の体重を入力します。これにより、ユーザーの体重に適した筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニング部位の選択:ユーザーはトレーニングしたい部位を選択します。これにより、特定の筋肉群をターゲットにした筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニングの場所の選択:ユーザーはトレーニングの場所(ジムまたは自宅)を選択します。これにより、選択した場所で行える筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • 使用言語の選択:ユーザーは使用する言語を選択します。これにより、選択した言語で筋トレやワークアウトメニューの説明を提供します。

ChatGPTのプラグイン「Planfit」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Planfit」プラグインを使ってみます。

まずは、「Planfit」プラグインをインストールします。

「Planfit」プラグインをインストール

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「Planfit」を検索します。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

Planfitが選択されていることを確認します。

「Planfit」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「Planfit」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「Planfit」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
プラグイン「Planfit」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。

STEP

目標設定

まずは、あなたがどの部位を鍛えたいのか、あなたのフィットネスレベルは何なのか、どのような環境でトレーニングを行うのか(ジムまたは自宅)など、あなたの目標と状況を明確にします。

STEP

Planfitプラグインの起動

Planfitプラグインを起動するためには、私(ChatGPT)に指示を出す必要があります。例えば、「今日のワークアウトルーチンを教えてください」といった形でリクエストを出すことができます。

STEP

情報の入力

Planfitプラグインが起動すると、以下の情報を入力するように求められます。

  • 性別(男性、女性、その他)
  • フィットネスレベル(1から5まで、1が初級、5がエキスパート)
  • 体重(必要な場合、ポンドからキログラムに変換)
  • 今日鍛えたい部位(脚、背中、胸、肩、コア、二頭筋、三頭筋、前腕、有酸素運動から選択)
  • ワークアウトの場所(ジムまたは自宅)
  • 使用する言語(ユーザーのプロンプトから推定)
STEP

ワークアウトルーチンの提供

入力情報に基づいて、Planfitプラグインはあなたに合ったワークアウトルーチンを提供します。それぞれのエクササイズには、実行方法の説明とビデオが含まれています。

STEP

ワークアウトの実行

提供されたワークアウトルーチンに従ってエクササイズを行います。不明な点や困ったことがあれば、私(ChatGPT)に質問することができます。

STEP

フィードバックと調整

ワークアウトルーチンが終わったら、その結果や感想を私(ChatGPT)に伝えてください。それに基づいて、次回のワークアウトルーチンを調整することができます。

以上がPlanfitプラグインの基本的な使い方です。どんな質問でもお気軽にどうぞ。

↑ChatGPTの返答はここまで↑

とても簡単な使い方を教えてくれました!


つまり、「Planfit」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:今日のワークアウトルーチンを知りたい

  1. 「Planfit」プラグインを選択
  2. 「今日のワークアウトルーチンを教えてください」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信
  4. 「性別・フィットネスレベル・体重・今日鍛えたい部位・ワークアウトの場所」の入力を求められるので、入力して送信

なんと、「プロンプト(命令文)」と「情報」を書いて送信してするだけ!簡単ですね!

「Planfit」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「Planfit」プラグインを使ってみます。

「Planfit」プラグインに「今日のワークアウトルーチン(筋トレ)」を聞いた結果は?

先ほど、ChatGPTが「Planfit」プラグインの使い方の例に挙げた、「今日のワークアウトルーチン」を聞いてみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

今日のワークアウトルーチンを教えてください

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

プラグイン「Planfit」の使い方のステップどおり、以下の5つの情報を求められました。
ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

もちろんです。そのためには、以下の情報が必要となります:

  1. 性別(男性、女性、その他)
  2. フィットネスレベル(1から5まで、1が初級、5がエキスパート)
  3. 体重(キログラム)
  4. 今日鍛えたい部位(脚、背中、胸、肩、コア、二頭筋、三頭筋、前腕、有酸素運動から選択)
  5. ワークアウトの場所(ジムまたは自宅)

これらの情報を教えていただけますか?

以下の情報を入力して送信します。

男性、1、60kg、脚、自宅

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

4つのエクササイズを教えてくれました。回数や方法も提供してくれました。
ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

あなたの今日のワークアウトルーチンは以下の通りです:

  1. ワイドスクワット
    • セット数: 3
    • リピート数: 15
    • 実行方法
    • 代替エクササイズ: スミスマシンワイドスクワット
  2. スクワット
    • セット数: 3
    • リピート数: 15
    • 実行方法
    • 代替エクササイズ: バーベルスクワット, Vスクワット, ハックスクワットマシン, スミスマシンスクワット, バーベルワイドスクワット
  3. ウォーキングランジ
    • セット数: 3
    • リピート数: 15
    • 実行方法
    • 代替エクササイズ: ランジ, ダンベルランジ, スミスマシンランジ, バーベルランジ, バックワードランジ
  4. ヒップスラスト
    • セット数: 3
    • リピート数: 15
    • 実行方法
    • 代替エクササイズ: ライイングバックエクステンション, スーパーマンロウ, シーテッドロウ, ツイストスーパーマン, プローンTレイズ

各エクササイズのリンクをクリックすると、そのエクササイズの実行方法を詳しく見ることができます。また、代替エクササイズを利用することで、同じ筋肉群を異なる方法で鍛えることができます。ワークアウトを始める前に、各エクササイズのフォームを確認し、安全にエクササイズを行ってください。

ChatGPTの回答は、とてもシンプルにまとめられている印象です。

「実行方法」をクリックすると、エクササイズの実行方法を見ることができる

それでは、試しに「1.ワイドスクワット」の「実行方法」をクリックしてみました。

すると、下の画面のように「ワイドスクワット」の実行方法を教えてくれるPlanfitの公式ページが開きました。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方_ワイドスクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:ワイドスクワット – プランフィット運動ガイド

ワイドスクワットの運動ガイドとして、「スタート姿勢」「運動方法」「呼吸方法」「注意」がとても丁寧に説明されています。

また、コーチのコメント「通常のスクワットよりも幅が広い足を広げた状態で実行されるスクワットです。通常のスクワットよりも、腹筋と内側の太ももに集中できます!」も、ためになりますね。


さらに、特にいいと思ったのは、ワイドスクワットをしている動画があったり、さらに鍛えられる筋肉が色付きで表示されている点です。

これは、視覚的にもとても分かりやすくて親切だと感じました!


「Planfit」プラグインは、筋トレやワークアウトを始めるきっかけに十分使えそうですし、習慣化もできそうな印象を持ちました。

【注意】「代替エクササイズ」に、ジム(マシン)のエクササイズが含まれていた

今回は「自宅」でのワークアウトを聞いてみたので、「実行方法」をクリックすると、すべて自宅でできる運動方法になってました。

そして、「実行方法」の下に表示されている「代替エクササイズ」はどうなっているのか確認してみました。


すると、下記の画面のような「スミスマシンワイドスクワット」や「Vスクワット」など、ジムでマシンを使ったエクササイズも含まれてました。

Vスクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:スミスマシンワイドスクワット – プランフィット運動ガイド
Vスクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:Vスクワット – プランフィット運動ガイド

わざわざ「代替エクササイズ」として表示されていても、自宅でできないエクササイズは「代替エクササイズ」にはなりません。これには、少々違和感を感じました。


そこで、これを下記のようにChatGPTに伝えたところ、以下のとおりChatGPTの回答がありました。

自宅でできないエクササイズは、代替エクササイズにはならないので少々違和感を感じました。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatGPTの回答をそのまま紹介します。

その点については大変申し訳ありません。自宅で行うワークアウトには、特定の器具が必要なエクササイズは含まれていないはずです。しかし、代替エクササイズの一部にはジムでの器具が必要なものが含まれている可能性があります。これはプラグインの提供する情報に基づいていますが、確かに自宅で行うワークアウトに対しては適切ではありません。

自宅で行うワークアウトに適したエクササイズを選ぶ際には、器具が不要、または最小限の器具(ダンベルやヨガマットなど)だけで行えるエクササイズを選ぶことが重要です。また、自宅で行うエクササイズには、自分の体重を利用したエクササイズ(ボディウェイトエクササイズ)が多く含まれます。

今後はこの点に注意して、より適切なワークアウトルーチンを提供できるように努めます。貴重なフィードバックをいただき、ありがとうございます。

ChatGPTがお詫びをしてくれて、ユーザーからのフィードバックとして、今回の意見をChatGPTが受け取ってくれたようです。

今後「Planfit」プラグインが提供する代替エクササイズが、適切なエクササイズになるといいですね!

フィットネスレベル」と「体重」を変えた場合の比較をした結果は?

先ほどは、例として以下の情報でワークアウトルーチンを教えてもらいました。

男性、1、60kg、脚、自宅

この中から、2番目のフィットネスレベルや、3番目の体重を変えた場合、回答結果がどのように変化するかを比較したいと思います。

フィットネスレベルを1(初級)から、5(エキスパート)に変えてみた結果は?

それでは、まずはフィットネスレベルを1(初級)から、5(エキスパート)に変えてみます。

以下の情報を入力して送信します。

男性、5、60kg、脚、自宅

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

余談ですが、先ほどChatGPTに指摘した「代替エクササイズ」が早速反映され、「代替エクササイズ」が表示されなくなりました。とてもシンプルで見やすくなりました。


フィットネスレベルが1(初級)と5(エキスパート)で、ワークアウトの比較を、以下の表にまとめました。

フィットネスレベルが1(初級)と、5(エキスパート)のワークアウト比較

エクササイズ名フィットネスレベル1
(初級)
フィットネスレベル5
(エキスパート)
ワイドスクワットセット数: 3
リピート数: 15
セット数: 3
リピート数: 15
スクワット
セット数: 3
リピート数: 15
セット数: 3
リピート数: 15
ウォーキングランジ
セット数: 3
リピート数: 15
セット数: 3
リピート数: 15
ヒップスラスト
セット数: 3
リピート数: 15
サイドキックバックセット数: 3
リピート数: 15
ウォールシット
セット数: 3
時間: 0.5分

上から3つ目までは、ワークアウトの種類も数も同じですね。

「ワイドスクワット」「スクワット」「ウォーキングランジ」は、フィットネスレベル1(初級)と5(エキスパート)で共通

ワイドスクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:ワイドスクワット – プランフィット運動ガイド
スクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:スクワット – プランフィット運動ガイド
ウォーキングランジ - プランフィット運動ガイド
(出典:ウォーキングランジ – プランフィット運動ガイド

なお、エキスパートではワークアウトのセット数やリピート数が増えると思っていましたが、すべて同じというのは意外でした。


なお、4つ目の「ヒップスラスト」は、フィットネスレベル5(エキスパート)では無くなりました。そして、代わりに「サイドキックバック」「ウォールシット」の2つが追加されました。

フィットネスレベル5(エキスパート)では無くなった「ヒップスラスト」

ヒップスラスト - プランフィット運動ガイド
(出典:ヒップスラスト – プランフィット運動ガイド

フィットネスレベル5(エキスパート)に追加された「サイドキックバック」「ウォールシット」

サイドキックバック - プランフィット運動ガイド
(出典:サイドキックバック – プランフィット運動ガイド
ウォールシット - プランフィット運動ガイド
(出典:ウォールシット – プランフィット運動ガイド



エキスパートというだけあって、「ヒップスラスト」と比べると、「サイドキックバック」や「ウォールシット」のワークアウトは難易度が高そうです。

フィットネスレベルが1(初級)と5(エキスパート)のワークアウトを比較してみると、レベルによって内容が考えられているな、という印象を受けました。

さらに、「体重」を60kgから100kgに変えてみた結果は?

それでは次に、フィットネスレベルを5(エキスパート)のまま、体重を60kgから100kgに変えてみます。

以下の情報を入力して送信します。

男性、5、100kg、脚、自宅

ChatGPTの回答は以下のとおり。

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

体重を変えると、やはりワークアウトも大きく変化してきました。

体重が60kgと100kgのワークアウトの比較を、以下の表にまとめました。

体重が60kgと100kgのワークアウト比較

エクササイズ名フィットネスレベル5
(エキスパート)と60kg
フィットネスレベル5
(エキスパート)と100kg
ワイドスクワットセット数: 3
リピート数: 15
セット数: 3
リピート数: 15
スクワット
セット数: 3
リピート数: 15
セット数: 3
リピート数: 15
ウォーキングランジ
セット数: 3
リピート数: 15
サイドキックバックセット数: 3
リピート数: 15
ウォールシット
セット数: 3
時間: 0.5分
ステップバックハンドレイズセット数: 3
時間: 0.83分
ヒップエクステンションセット数: 3
リピート数: 15
グルートキックバックとサイドキックセット数: 3
リピート数: 15

上から2つ目までの「ワイドスクワット」「スクワット」は、数も全く同じですね。

「ワイドスクワット」「スクワット」は、体重が60kgと100kgで共通

ワイドスクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:ワイドスクワット – プランフィット運動ガイド
スクワット - プランフィット運動ガイド
(出典:スクワット – プランフィット運動ガイド

フィットネスレベル1でも「ワイドスクワット」「スクワット」はあったので、これらは脚のエクササイズの基本中の基本ということですね。

「ワイドスクワット」と「スクワット」は、脚のワークアウトにおける基本中の基本!

そして3つ目以降は、ガラリと変わりました。

体重60kgの「ウォーキングランジ」「サイドキックバック」「ウォールシット」の3つは体重100kgでは無くなり、代わりに「ステップバックハンドレイズ」「ヒップエクステンション」「グルートキックバックとサイドキック」の3つが追加されました。

体重100kgでは無くなった「ウォーキングランジ」「サイドキックバック」「ウォールシット」

ウォーキングランジ - プランフィット運動ガイド
(出典:ウォーキングランジ – プランフィット運動ガイド
サイドキックバック - プランフィット運動ガイド
(出典:サイドキックバック – プランフィット運動ガイド
ウォールシット - プランフィット運動ガイド
(出典:ウォールシット – プランフィット運動ガイド

体重100kgに追加された「ステップバックハンドレイズ」「ヒップエクステンション」「グルートキックバックとサイドキック」

ステップバックハンドレイズ - プランフィット運動ガイド
(出典:ステップバックハンドレイズ – プランフィット運動ガイド
ヒップエクステンション - プランフィット運動ガイド
(出典:ヒップエクステンション – プランフィット運動ガイド
グルートキックバックとサイドキック - プランフィット運動ガイド
(出典:グルートキックバックとサイドキック – プランフィット運動ガイド

こうして比較すると、無くなった「ウォーキングランジ」「サイドキックバック」「ウォールシット」よりも、追加された「ステップバックハンドレイズ」「ヒップエクステンション」「グルートキックバックとサイドキック」の方がきつそうですね…


フィットネスレベルを変えたときと同じく、体重の変化によって内容が考えられていました。

「Planfit」プラグインは、自分だけのパーソナライズされた筋トレとワークアウトメニューを自動作成してくれる、まさに有能なアシスタントですね!

まとめ

Planfit_ChatGPTプラグイン_使い方

Planfit」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

この記事では、ChatGPTのプラグイン「Planfit」の使い方とその魅力について詳しく解説しました。


「Planfit」プラグインは、あなたのトレーニングレベルや目標に基づいてパーソナライズされた筋トレとワークアウトメニューを作成する強力なツールです。

個人的には、筋トレやワークアウトを始めるきっかけや習慣化に、「Planfit」プラグインは十分使える印象を強く持ちました。


最後にもう一度、「Planfit」プラグインの主な機能をまとめます。

「Planfit」プラグインの主な機能

  • 性別の入力:ユーザーは自身の性別を入力します。これにより、性別に応じた適切な筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニングレベルの選択:ユーザーは自身のトレーニングレベルを1(初級)から5(エキスパート)までの範囲で選択します。これにより、ユーザーのトレーニングレベルに適した筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • 体重の入力:ユーザーは自身の体重を入力します。これにより、ユーザーの体重に適した筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニング部位の選択:ユーザーはトレーニングしたい部位を選択します。これにより、特定の筋肉群をターゲットにした筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • トレーニングの場所の選択:ユーザーはトレーニングの場所(ジムまたは自宅)を選択します。これにより、選択した場所で行える筋トレやワークアウトメニューを提供します。
  • 使用言語の選択:ユーザーは使用する言語を選択します。これにより、選択した言語で筋トレやワークアウトメニューの説明を提供します。

「Planfit」プラグインは、あなたの筋トレやワークアウトの成功をサポートする強力なツールです。

ぜひ、このプラグインを活用して、自分だけの最適なワークアウトメニューを作成し、フィットネス目標達成に向けて一歩踏み出してみてくださいね!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次