【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【ChatWithPDF】ChatGPT プラグイン 使い方:PDFから情報抽出!が、注意点あり

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

PDFから情報を取得したいと思ったことはありませんか?特に大量のPDFを持っている研究者やビジネスマンにとって、特定の情報を素早く取得するのは一苦労。

そんな問題を解決するためのツールが、ChatGPTの「ChatWithPDF」プラグインです。

「ChatWithPDF」プラグインとは、一言でいうとインターネット上のPDFから情報を抽出する機能を追加するツールです。


しかし、実際に使用してみると、いくつかの課題が浮上しました。

そこで、この記事では「ChatWithPDF」プラグインの使い方や検証結果、そして同じような機能を持つ他のプラグイン「AskYourPDF」、「Link Reader」、「Ai PDF」の紹介も含めて解説します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「ChatWithPDF」プラグインの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • 「ChatWithPDF」プラグインを使った際の体験談やエラー情報など、実際の使用感を知ることができる
  • 「ChatWithPDF」に代わる、他の同様の機能を持つ3つのプラグインの存在を知り、選択肢を広げることができる

PDFから情報を抽出する機能をもつ「ChatWithPDF」プラグインをうまく活用すれば、情報収集の効率が大幅にアップします。

そして、もし「ChatWithPDF」が合わない場合でも、他のプラグインを試すことで最適なツールを見つけることができるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、PDFからの情報取得を効率的に行ってみてください。

目次

ChatGPTのプラグインとは?

OpenAIが、ChatGPTの新機能としてプラグイン(Plugins)のβ版を2023年5月12日から提供を開始しました。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

なお、「プラグインってなに?」や「ChatGPTのプラグインとは?」など疑問に思っている方のために、「プラグインの基本」や「プラグインの一覧」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

プラグインを初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

「ChatWithPDF」とは?開発元、開発目的は?

ChatWith+ 公式ページ
(出典:ChatWith+ 公式ページ

「ChatWithPDF」は、Surya Dantuluriというシリアルアントレプレナーおよびエンジニアによって開発されました。彼は2019年からGPT-2ベースの製品を開発しています。

「ChatWithPDF」プラグインは、ChatGPTのプラグインスイート「ChatWith+」の一部として提供されており、ChatGPTを強化するために数百万人に使用されています。開発の主な目的は、ユーザーがChatGPT内でPDF文書に対して直接クエリを実行できるようにすることです。

「ChatWithPDF」プラグインで何ができる?

ChatGPTの「ChatWithPDF」プラグインは、インターネット上のPDFの情報を抽出するツールです。

「ChatWithPDF」プラグインを使用すると、ユーザーはChatGPT内で直接PDF文書を検索することができます。

具体的には、公開されているPDFのURLを提供するだけで、そのPDFから関連する情報を取得できます。例えば、特定のキーワードやフレーズがPDFに含まれているかどうかを確認したり、PDFの特定のページの内容を要約してもらったりすることができます。


「ChatWithPDF」プラグインの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「ChatWithPDF」プラグインの主な機能

  • インターネット上のPDF内での直接検索:ChatGPTを使用して、インターネット上のPDF内の情報を直接検索できます。これにより、特定のキーワードやフレーズに関する情報を瞬時に取得することができます。
  • 質問ベースの検索:ユーザーがPDFに対して行う質問の意味や内容を理解し、関連する情報を探し出します。これにより、単なるキーワード検索よりも、具体的な質問に応じて最も関連する情報を提供することができます。

ChatGPTのプラグイン「ChatWithPDF」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「ChatWithPDF」プラグインを使ってみます。

まずは、「ChatWithPDF」プラグインをインストールします。

「ChatWithPDF」プラグインをインストール

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

Plugin storeから「ChatWithPDF」を探します。
[Popular]で見つかったので、かなり人気のプラグインのようですね。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

[install]ボタンをクリックしてインストールします。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatWithPDFが選択されていることを確認します。

「ChatWithPDF」プラグインの使い方を聞いてみる

初めてプラグイン「ChatWithPDF」を使うので、まずはChatGPTにプラグイン「ChatWithPDF」の使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
ChatGPT プラグイン「ChatWithPDF」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

するとChatGPTから、下記の回答が返ってきました。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。ChatGPTの返答をそのまま紹介します。


↓ChatGPTの返答はここから↓

STEP

ステップ1:ChatGPTで「ChatWithPDF」プラグインを選択

ChatGPTのインターフェースでプラグインのセクションに移動し、「ChatWithPDF」を選択してください。これで、「ChatWithPDF」プラグインの機能がChatGPTで利用可能になります。

STEP

ステップ2:PDFのURLを用意する

次に、読み込みたいPDF文書のURLを用意します。このURLはインターネット上で公開されているものでなければなりません。

STEP

ステップ3:PDFを読み込む

ChatGPTに対して、「このURLのPDFを読み込んで example.com」と指示します。URLを指定することで、特定のPDF文書を直接読み込むことができます。

例文:
・「このURLのPDFを読み込んで example.com」

STEP

ステップ4:質問やクエリを入力する

PDFが読み込まれたら、その内容に関する質問やクエリをChatGPTに入力します。例えば、「このPDFには何が書いてあるの?」といった質問が可能です。

例文:

  • 「このPDFには何が書いてあるの?」
  • 「PDFの第3ページには何が記載されている?」
  • 「このPDFには特定のキーワードが含まれているか?」
STEP

ステップ5:結果を確認する

ChatGPTがPDF文書から関連する情報を抽出して答えを提供します。この結果を確認し、必要な情報が得られたかを確かめましょう。

このように、具体的な質問やクエリを使って、PDF文書からの情報抽出が可能です。

以上が基本的な使い方です。このプラグインを使うことで、PDF文書に含まれる情報を簡単に引き出すことができます。

↑ChatGPTの返答はここまで↑


とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

つまり、「ChatWithPDF」プラグインには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:PDFに何が書かれてあるか調べたい

  1. 「ChatWithPDF」プラグインを選択
  2. 「このURLのPDFを読み込んで example.com」
  3. 2のプロンプトをチャットに入力して送信
  4. 「このPDFには何が書いてあるの?」
  5. 4の質問などをチャットに入力して送信

なんと、PDFを読み込んだあとに、質問を「プロンプト(命令文)」に書いて送信するだけ!簡単ですね!

「ChatWithPDF」プラグインを使ってみた!

それでは実際にChatGPTの「ChatWithPDF」プラグインを使ってみます。

「ChatWithPDF」プラグインで、PDFの内容を聞いてみた結果は?

先ほど、ChatGPTが「ChatWithPDF」プラグインの使い方の例に挙げた、「PDFの内容」を聞いてみます。

例として、日本心臓血管外科学会雑誌から「AIは敵か味方か?」という2ページのPDFから、PDFの内容を聞いてみることにしました。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方_日本心臓血管外科学会雑誌 AIは敵か味方か?
(参照:日本心臓血管外科学会雑誌 AIは敵か味方か?

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

このURLのPDFを読み込んで https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcvs/52/3/52_m3/_pdf/-char/ja

ChatGPTの回答は以下のとおり。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

PDFの読み込みに成功しました。このPDFに関する質問や情報を知りたい内容を教えてください。

PDFの読み込みに成功したため、次に以下のようにプロンプトを入力してみました。

このPDFには何が書いてあるの?

ChatGPTの回答は以下のとおり。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

とてもわかりやすくPDFを要約してくれました。

次に以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

PDFの第2ページには何が記載されている?

ChatGPTの回答は以下のとおり。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

2ページの内容をまとめて教えてくれました。

しかし、この回答のPDFのタイトルは「心臓血管外科手術後の合併症に関する研究」となっていて、読み込みをしてもらったはずのPDF「AIは敵か味方か?」とは全く異なることが判明しました。

【誤作動】「ChatWithPDF」プラグインの読み込みは不安定?

ChatGPTに送信したURLを確認しましたが、URLに間違いはありませんでした。

「ChatWithPDF」プラグインの誤作動のようなので、念のために再度URLをコピペして、もう一度以下のプロンプトを出してみました。

このURLのPDFを読み込んで https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcvs/52/3/52_m3/_pdf/-char/ja

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

しかし結果は同じく、やはり異なるPDFを読み込んでいるようです…

【注意】無料アクセスには制限あり!「ChatWithPDF」プラグインのサブスクリプション

気を取り直して、今度は別のPDFを試してみます。次は総務省が出している論文「AI 脅威論の正体と人と AI との共生」のPDFを読み込んでもらうことにしました。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

このURLのPDFを読み込んで https://www.soumu.go.jp/main_content/000740728.pdf

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

なんと、無料アクセスは終了で、ここからは有料と表示されてしまいました…

申し訳ございませんが、現在の無料アクセスの制限に達してしまいました。しかし、私たちのChatWithPluginsメンバーシップをご利用いただくことで、さらに多くの機能と無制限のアクセスをお楽しみいただけます!

「ChatWithPDF」プラグインの利用を続けるには、メンバーシップの登録が必要ということです。

「ChatWithPDF」プラグインを利用するための「メンバーシップ」の料金

メンバーシップの料金は、$8.25/月(年間$99で請求)。

現在のレートで約1,250円/月、約14,900円/年ですね。しかも、年間契約…

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

「ChatWithPDF」プラグインを無料で試せるのは10回程度

チャット入力は10回ほどだったので、「ChatWithPDF」プラグインが無料で試せるのは10回程度でしょう。

そして、実は上では書いてなかったのですが、一番最初に別のPDFを「ChatWithPDF」プラグインを試した時は、下の図のように「PDFが読み込めない」というエラーが続いてました。

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方
PDFの読み込みエラーは解消せず

ChatGPTは「エラーの原因はPDFが暗号化されているために発生している」という回答でしたが、暗号化されていないPDFでした。

再度読み込んでもらっても、結局エラーは解消できず、そこで4回ほどやり取りをしていたのです。


ちなみに、このPDFは「ChatWithPDF」プラグインで読み込めなかったものの、以前当ブログで検証した「AskYourPDF」、「Link Reader」、「Ai PDF」といった同様の機能を持つ他のプラグインでは問題なく読み込むことができました。

「ChatWithPDF」プラグインは、エラー未解決で終了…

残念ですが、「ChatWithPDF」プラグインの検証は、異なる読み込みエラーが続いた上に、解決できないまま無料アクセスが終了してしまうという結果となりました。

同様の機能を持つ3つのプラグイン、「Link Reader」「AskYourPDF」「Ai PDF」プラグインとの比較もやってみたかったのですが叶わず、今回のエラー内容では、さすがに約14,900円を払ってまで年間契約はできません…


今回の結果は残念でしたが、無料で10回試せる点や、他のユーザーが異なる結果を得る可能性も考えられます。そのため、「ChatWithPDF」プラグインを一度試してみる価値は十分にあると感じます。

【11/12追記】「ChatWithPDF」プラグインに関する重要な問題について

「ChatWithPDF」プラグインに関する重要な問題について
(出典:Chatwithpdf plugin doesn’t work – Plugin Development – OpenAI Developer Forum

当ブログの読者さまから「ChatWithPDF」プラグインに関して重要なフィードバックをいただきました。

「ChatWithPDF」プラグインは、PDF文書から情報を抽出する便利なツールとして注目されていましたが、一部のユーザーからは期待通りの結果を得られていないとの声が上がっています。


具体的には、有料登録をしてもプラグインが適切に機能しない、または特定のPDF文書に対して正確な情報を提供できないという問題が指摘されています。

さらに、OpenAIコミュニティのフォーラムでは、このプラグインに関する様々な議論が行われており、開発者の対応に関する懸念も表明されています。詳細は下からご覧いただけます。

このような問題が発生した際には、迅速に情報を更新し、読者さまの判断に役立つよう努めます。

「ChatWithPDF」プラグインをご利用の際は、これらの問題を考慮に入れ、慎重な判断を行っていただくことをお勧めします。また、何か新しい情報が入りましたら、当ブログを通じて共有いたします。

同様の機能を持つ「AskYourPDF」と「Link Reader」と「Ai PDF」のプラグインを紹介!

以前、当ブログで紹介した「AskYourPDF」プラグイン「Link Reader」プラグイン「Ai PDF」プラグインも、「ChatWithPDF」プラグインと同様の機能があり、リンク先のPDFの要約をしたり、内容に関する質問に答えてくれたりツールです。

あなたにとって最適なプラグインが見つかると思いますので、ぜひ参考にされてください。

それでは、順番に紹介します。

「AskYourPDF」プラグインについて

「AskYourPDF」プラグインは、PDFファイルの内容を読み込み、要約したり、内容に関する質問に答えてくれたりするツールです。

ほかにも、外国語のPDFを読み込み、その翻訳の要約を自動生成する機能もあります。

「AskYourPDF」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「Link Reader」プラグインについて

「Link Reader」プラグインPDFのほかにも、ウェブページ、PowerPoint、画像、Wordファイルなど、さまざまな種類のリンク先情報を抽出し、その内容の要約や解説をするツールです。

下の記事では「Link Reader」と「AskYourPDF」のそれぞれのプラグインで、PDFを読み込んだ比較をしてみました。

「Link Reader」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「Ai PDF」プラグインについて

「Ai PDF」プラグインは、PDFの内容を解析し、要約の作成や特定の情報を見つけ出すツールです。

下の記事では「Ai PDF」と「AskYourPDF」のそれぞれのプラグインで、PDFの要約の比較をしてみました。

「Ai PDF」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

【10/24追記】同様の機能を持つ「AskYourPDF Pro」プラグインを紹介!

新たに「AskYourPDF Pro」プラグインを当ブログで紹介しました。

この「AskYourPDF Pro」プラグインも「ChatWithPDF」プラグインと同様の機能があり、リンク先のPDFの情報抽出ができるツールです。

「AskYourPDF Pro」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

ChatWithPDF_ChatGPTプラグイン_使い方

ChatWithPDF」プラグインは、いかがでしたでしょうか?

「ChatWithPDF」プラグインは、PDFから情報を効率的に取得するためのツールとして開発されました。「ChatWithPDF」プラグインを使用することで、大量のPDF文書から必要な情報を瞬時に取得することが可能となります。

しかし、実際の使用感や結果にはいくつかの課題が浮上しています。

そこで、この記事では「ChatWithPDF」の使い方や検証結果、そして同じような機能を持つ他のプラグイン「AskYourPDF」、「Link Reader」、「Ai PDF」の紹介も行いました。

ぜひ、これらの情報をもとに、最適なプラグインを選択し、情報収集の効率をさらに向上することでできるでしょう。


最後に、「ChatWithPDF」プラグインの重要なポイントをまとめます。

「ChatWithPDF」プラグインの重要なポイント

  • PDFからの情報取得:「ChatWithPDF」プラグインを使用することで、PDFからの情報取得が効率的に行えます。
  • 「ChatWithPDF」プラグインの実際の使用感:「ChatWithPDF」プラグインを試用した結果、正確なPDFの読み込みが難しく、読み込みエラーもいくつか発生しました。また、無料での利用は10回までという制限があることが判明しました。
  • 他のプラグインの紹介:「ChatWithPDF」と同様に、PDFから情報を取得することができる「AskYourPDF」、「Link Reader」、「Ai PDF」のプラグインの存在とその特徴を紹介しました。

情報収集の効率を向上させるためのツールは数多く存在しますが、それぞれのニーズに合わせて最適なツールを選択することが大切です。

この記事が、あなたの情報収集の一助となることを心から願っています!

これまでに紹介したChatGPT プラグインの一覧

ChatGPTのプラグインの数は、すでに1074種類(2023年12月12日時点)。
海外のサービスが多く、日本人に馴染みのあるサービスはかなり少ないという印象です。

しかし、僕はただ知らないというだけで使わないのはもったいと思っています。

そこで、ChatGPTのプラグインの使い方の紹介をシリーズ化しています。今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

これまでに紹介したプラグインは、定期的に更新される「ChatGPT プラグインの一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


なお、ChatGPTのプラグインは、最大3つまで同時に活用することが可能です。つまり、異なるプラグインの力を組み合わせることにより、超パワフルなChatGPTを生み出すことができます。

ぜひ、他のプラグインもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 情報ありがとうございます。
    このプラグイン使えそうだったので、マンスリーの有料登録したのですがうまく使えませんでした。
    有料登録しても使えない、他の違うPDFを参照するなどの問題は他でも起こっているようです。
    開発者も対応仕切れておらず詐欺とまで言われていました。
    もう少し警告が必要かと思いました。

    https://community.openai.com/t/chatwithpdf-plugin-doesnt-work/205137/58

    • mtakeさま、コメントありがとうございます。また、リンク先の情報も共有いただき、重要な点を指摘してくださり感謝いたします。

      有料登録をしても期待通りの機能が得られないというのは、非常に残念な事態です。

      「ChatWithPDF」プラグインに関するご不満や問題点は、多くのユーザーにとって重要な情報です。当ブログでも、今後はより詳細な情報を提供し、読者の皆様がより良い判断を下せるよう努めてまいります。

      また、何か新しい情報が入りましたら、ブログを通じて共有いたします。

      ご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

コメントする

目次