【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

ChatGPT 新機能「Memory」使い方:ユーザーとの会話内容を記憶!削除も可能

米OpenAIは2月13日(現地時間)、ChatGPTにユーザーとの会話を記憶させる新機能「Memory(メモリー)」のテストを開始しました。

「Memory」機能は、まずは無料およびPlusユーザーの一部に向けて提供されています。

「Memory」機能により、ChatGPTは過去の対話から学習し、将来のやり取りをよりパーソナライズし、効果的にすることが可能になります。

しかし、多くのユーザーはこの新機能「Memory」がどのように機能し、どのように利用するのか、またプライバシーはどの程度保護されるのかといった疑問を持っています。

そこで、この記事では、新機能「Memory(メモリー)」の使い方から設定方法、特定の情報を記憶させたり削除するプロセス、そしてユーザーのコントロール下でのプライバシー保護策に至るまで、幅広い側面について詳しく解説します。


この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Memory」機能の概要や活用方法を知ることで、安心して使用できるようになる
  • 「Memory」機能の有効化や無効化、記憶の確認と削除方法を把握し、より良いユーザー体験を実現できる
  • 「Memory」機能のよくある質問(FAQ)を通じて、疑問点についての回答を得られる

新機能「Memory」によってChatGPTとの対話がこれまで以上にスムーズでパーソナライズされることで、あなたの日常や業務がより効率的かつ快適になることでしょう。

この記事を通じて、「Memory」機能を最大限に活用し、ChatGPTの潜在能力を引き出す方法を見つけ出してください。

目次

ChatGPTの新機能「Memory(メモリー)」とは?

Memory and new controls for ChatGPT
(出典:Memory and new controls for ChatGPT – OpenAI公式ブログ

ChatGPTの「Memory(メモリー)」とは、OpenAIが導入したChatGPTの新機能であり、ユーザーとの会話内容を記憶し、その情報を将来のチャットに活かすことができる画期的な機能です。

「Memory」は、ユーザーが過去に伝えた好みや詳細をChatGPTが覚えており、再度同じ情報を入力する必要性をなくすことで、よりパーソナライズされた体験を提供します。

ChatGPTの「Memory(メモリー)」機能の概要

ChatGPTの「Memory(メモリー)」機能は、ユーザーとの対話を通じて特定の情報を記憶し、後続の会話でその情報を利用できるようにするものです。

例えば、あなたがChatGPTにあなたがベジタリアンであること、好みの会議メモのフォーマット、あるいはあなたが経営するカフェのことなどを伝えると、ChatGPTはこれらの情報を記憶し、次回の会話でそれに基づいた提案や応答を行います。これにより、会話がより連続性を持ち、ユーザーにとって有意義なものになります。


この新機能「Memory」は、特にユーザーがChatGPTと定期的にやり取りする場合、たとえばプロジェクト管理、日常のスケジュール調整、趣味に関する議論などにおいて、その価値を最大限に発揮します。

ユーザーは、ChatGPTに対して特定の情報を「記憶して」と指示することも、ChatGPTに自動で情報を拾い上げさせることもできます。使用するほどにChatGPTの記憶能力は向上し、時間が経つにつれてユーザーのニーズに対する理解が深まります。

ChatGPTにおける記憶機能の重要性

ChatGPTの記憶機能は、単に便利さを提供するだけではなく、ユーザー体験を根本から変える可能性を秘めています。

これまでのChatGPTでは、新しいチャットセッションを始めるたびに、ChatGPTは前回の会話内容を「忘れて」しまい、ユーザーは同じ情報を繰り返し入力する必要がありました。

しかし、「Memory」機能の導入により、ChatGPTは過去の会話から得た知識を保持し続けることができるようになりました。これにより、ユーザーは繰り返し同じ情報を伝える手間を省くことができ、ChatGPTはよりパーソナライズされた、関連性の高い応答を提供することが可能になります。

さらに、この機能はユーザーが完全に制御できるため、プライバシーへの懸念も軽減されます。ユーザーはいつでも「Memory」機能をオフにしたり、ChatGPTに特定の記憶を「忘れる」よう指示することが可能です。また、記憶を管理するための設定も提供されており、ユーザーは自分の記憶を確認、削除することができます。

「Memory」機能は現在テスト段階

OpenAIによると、「Memory」機能は現在テスト段階にあり、まずは無料およびPlusユーザーの一部に向けて提供されています。

このテストを通じて、機能の有用性を検証し、将来的にはより広範囲のユーザーに展開する計画です。

「Memory」機能は、ChatGPTとの会話をより豊かで意味のあるものに変えるための重要な一歩と言えるでしょう。

「Memory(メモリー)」機能の使い方

ChatGPT「Memory(メモリー)」機能の使い方

ChatGPTの「Memory(メモリー)」機能は、ユーザー体験を向上させるために設計された強力なツールです。

この「Memory」機能を有効にすることで、ChatGPTは過去の会話を記憶し、将来の対話をより関連性が高く、パーソナライズされたものにすることができます。

ここでは、「Memory」機能の有効化と無効化、特定の記憶を覚えさせる方法、そして記憶の確認と削除の方法について詳しく説明します。

「Memory」機能の有効化と無効化

ChatGPTの新機能「Memory」は、デフォルトでオンに設定されていることが多いですが、ユーザーは自身のニーズに応じてこの機能をオフにすることが可能です。

「Memory」機能を管理するには、まずはChatGPTの「設定」メニューにアクセスします。

ChatGPT「Memory」機能の有効化と無効化

「パーソナライゼーション(Personalization)」セクションを見つけます。ここに、「Memory」のオプションがあり、スイッチを切り替えることで、機能を有効または無効にできます。

ChatGPT「Memory」機能の有効化と無効化
Memory

特定の記憶を覚えさせる方法

ユーザーは、ChatGPTに特定の情報を記憶させることができます。

これを行うには、単純に「覚えておいて」というフレーズに続けて情報を伝えるだけです。例えば、「覚えておいて、私はベジタリアンです」と言うことで、ChatGPTはこの情報を記憶し、将来的な食事に関する提案をする際にこれを考慮に入れます。

このプロセスは、ChatGPTとの対話を通じて自然に行われます。

記憶の確認と削除

ChatGPTが何を記憶しているかを確認するには、単に「何を覚えている?」と尋ねることができます。ChatGPTは、記憶している情報のリストを提供します。

特定の記憶を削除したい場合は、「〇〇を忘れて」と指示することで、その記憶をChatGPTから消去できます。

また、「設定」メニューから「パーソナライゼーション(Personalization)」にアクセスし、「Memory」の「メモリ管理(Manage Memory)」オプションを使って、記憶を個別に、または一括で削除することも可能です。

ChatGPT「Memory」機能のの確認と削除
メモリ管理(Manage Memory)

この機能を利用することで、ユーザーは自分のプライバシーを管理し、ChatGPTが保持する情報をコントロールできます。

「Memory」機能のプロセスは、すべてユーザーのコントロール下にある

OpenAIによると、これらの機能は、ChatGPTとの対話をより個人的で有意義なものにするために重要です。

「Memory」機能の有効活用により、ユーザーはChatGPTとのやり取りをカスタマイズし、より満足のいく体験を得ることができます。

重要なのは、このプロセス全体がユーザーのコントロール下にあるということです。ユーザーは自分の情報をどのようにChatGPTが使用するかを常に指示し、必要に応じて調整することができます。

「Memory」機能とプライバシー

ChatGPT 新機能「Memory」使い方:「Memory」機能とプライバシー

ChatGPTの「Memory」機能は、ユーザーとの対話を通じて得られた情報を記憶し、将来の会話をより個人的で関連性のあるものにすることを目的としています。

しかし、この機能によって収集される情報の性質上、OpenAIはプライバシー保護と機密情報の取り扱いに関して厳格なポリシーを設けています。

機密情報の取り扱い

OpenAIは、ユーザーから得られた情報、特に機密情報を扱う際には、最大限の慎重さをもって対応しています。

「Memory」機能では、ユーザーが明示的に記憶させるよう指示した情報のみが記憶されます。さらに、ユーザーはいつでも特定の記憶を削除することができ、ChatGPTが不適切に機密情報を記憶しないように設計されています。

ユーザーが健康情報や個人識別情報など、特に機密性の高い情報について話した場合、ChatGPTはそれを積極的に記憶しないようになっています。

「Memory」の保持期間と削除

ChatGPTに記憶された情報は、ユーザーがそれを削除するか、またはアカウントを削除するまで保持されます。

ユーザーは設定メニューから「メモリ管理(Manage Memory)」にアクセスし、特定の記憶を削除するか、すべての記憶をクリアすることができます。

また、ChatGPTの記憶はチャット履歴とは別に管理されており、チャットを削除しても記憶が自動的に削除されるわけではありません。これにより、ユーザーは自分の情報をより細かくコントロールできるようになっています。

モデルトレーニングへの「Memory」利用

OpenAIは、ChatGPTを含むAIモデルのトレーニングにユーザーからのフィードバックを活用していますが、プライバシー保護のために複数の措置を講じています。

ユーザーは、自分の情報がモデルトレーニングにどのように使用されるかについて、設定を通じてコントロールすることが可能です。

OpenAIは、トレーニングデータとして使用される前に、データが匿名化され、個人を特定できないように処理されることを保証しています。また、企業やチームの顧客から得られたデータは、モデルのトレーニングには使用されません。


OpenAIは、「Memory」機能の導入によりユーザー体験が向上する一方で、プライバシー保護とセキュリティ維持に対するコミットメントも強化しています。ユーザーのコントロール下にあるこの機能を通じて、ChatGPTとの対話がより豊かで個人的なものになることを目指しています。

「Memory」機能のよくある質問 (FAQ) とその回答

ChatGPT 新機能「Memory」使い方:「Memory」機能のよくある質問 (FAQ) とその回答

ChatGPTの「Memory」機能に関して、よくある質問とその回答をまとめました。このFAQは、「Memory」機能の理解を深め、より有効に活用するためのガイドです。

ChatGPTの「Memory」機能とは何ですか?

「Memory」機能は、ChatGPTがユーザーとの対話を通じて得た情報を記憶し、将来の対話をより関連性が高く、パーソナライズされたものにするために導入されました。この機能により、会話の内容をChatGPTが継続的に理解し、改善することが可能になります。

「Memory」機能を有効にするにはどうすればいいですか?また、無効にするには?

「Memory」機能はデフォルトで有効ですが、ChatGPTの設定メニュー内の「パーソナライゼーション(Personalization)」セクションから、「Memory」設定をオンまたはオフに切り替えることで、いつでもこの機能を有効化または無効化できます。無効化した場合でも、既に記憶されている情報は保持されますが、新たに情報を記憶することはありません。

ChatGPTが何を記憶しているかをどのように確認できますか?削除はできますか?

ChatGPTに「何を覚えている?」と尋ねることで、現在記憶している内容を確認できます。特定の記憶を削除したい場合は、「〇〇を忘れて」と指示するか、設定の「メモリ管理(Manage Memory)」からごみ箱のアイコンを選択して削除します。また、「ChatGPTのメモリをクリア(Clear ChatGPT’s memory)」を選択することで、すべての記憶を一度に削除することも可能です。

「Memory」機能とカスタム指示(Custom instructions)はどのように異なりますか?

「Memory」機能は、ユーザーとの対話を通じて自然に得られた情報をChatGPTが記憶する機能です。これにより、ChatGPTは過去の会話から学習して、将来の対話をよりパーソナライズできます。一方、カスタム指示はユーザーがChatGPTに対して特定の指示や情報、応答方法を明確に伝えるために使用されます。

「カスタム指示(Custom instructions)」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「Memory」機能は機密情報をどのように扱いますか?

「Memory」機能は、ユーザーが明示的に記憶させるよう指示しない限り、機密情報を積極的に記憶しないよう設計されています。OpenAIは、プライバシーと安全性を重視しており、特に機密性の高い情報に対しては、ユーザーからの明確な指示がない限り記憶を避けるようにしています。また、ユーザーはいつでも特定の記憶を削除することができます。

記憶はどのくらいの期間保持されますか?

記憶はユーザーがそれを削除するか、アカウントを削除するまで保持されます。記憶はチャット履歴とは別に管理され、チャットを削除しても記憶は残ります。アカウントを削除すると、関連するすべての記憶も削除されます。

記憶はモデルトレーニングに利用されますか?

提供された記憶は、ユーザーの選択とプランに応じて、モデルのトレーニングに使用される場合があります。OpenAIは、ユーザーのデータを改善とトレーニングの目的でのみ使用し、プライバシーの保護を確保するために、データが匿名化されていることを保証します。

「Memory」機能はGPT(GPTs)とどのように機能するのか?

「Memory」機能は広範囲に展開される際に、GPT(GPTs)にも対応します。エンドユーザーが「Memory」を有効にしている場合に限り、GPT(GPTs)も記憶を持つことができます。ただし、ChatGPTとGPT(GPTs)はそれぞれ独自の記憶を持ち、GPT(GPTs)間で記憶が共有されることはありません。

「GPT(GPTs)」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

ChatGPT 新機能「Memory」使い方:ユーザーとの会話内容を記憶!削除も可能 まとめ

この記事を通じて、ChatGPTの新機能「Memory」について、その概要から活用法までを幅広く解説しました。

現在、この「Memory」機能はテスト段階にあり、無料およびPlusユーザーの一部に限定して提供されています。しかし、将来的にはより多くのユーザーがこの機能を体験できるようになる予定です。

「Memory」機能は、ユーザーが過去の対話を基にChatGPTとのやり取りをカスタマイズできるため、よりパーソナライズされた対話が可能になります。

ユーザーはこの機能を通じて、記憶の有効化・無効化、特定の情報の記憶方法、記憶の確認と削除が行え、プライバシー保護の観点からも安心して利用できます。


最後に、ChatGPTの新機能「Memory」の重要なポイントをまとめます。

ChatGPT 新機能「Memory」の重要なポイント

  • ChatGPTの新機能「Memory」とは: ユーザーとの会話を記憶し、パーソナライズされた対話を実現します。
  • 限定的な提供: 現在はテスト段階で、無料およびPlusの一部のユーザーのみがアクセス可能。
  • 「Memory」機能の有効化と無効化: ユーザーは自由にこの機能を管理でき、自身のニーズに合わせてカスタマイズ可能です。
  • 特定の記憶を覚えさせる方法: 明確な指示により、ChatGPTに重要な情報を記憶させることができます。
  • 記憶の確認と削除: ユーザーはいつでも記憶した情報を確認し、不要になった情報を削除できます。
  • プライバシーの保護: 「Memory」機能はユーザーのプライバシーを尊重し、機密情報の管理に細心の注意を払っています。

ChatGPTとの対話をさらに豊かで有意義なものにするために、今こそ「Memory」機能の力を最大限に引き出しましょう。

また、現在「Memory」機能を利用できないユーザーも、この機能が広く展開されることを楽しみに待っていてください。

OpenAIは、すべてのユーザーがこの革新的な機能を活用できるように、日々進化し続けています。これからもChatGPTとの対話が、より個人的で意味のあるものになることを期待して、新しい展開を見守りましょう!

これまでに紹介したChatGPT 新機能の一覧

ChatGPTは日々進化しており、新機能が頻繁に追加されています。

これらの新機能は、ユーザーの使いやすさを向上させるため、またより多様な用途でChatGPTを活用できるように設計されています。

これまでに紹介した新機能は、定期的に更新される「ChatGPT 新機能の一覧(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。

新機能を効果的に活用することで、ChatGPTの可能性をさらに広げることができます。

新機能のアップデート情報は、当ブログで随時お知らせしていますので、最新の情報をチェックして、ChatGPTの魅力を最大限に活用しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次