【先着500名様プレゼント!】ChatGPTを使って副業で稼ぐ22の方法

【Ai PDF】ChatGPT GPTs 使い方:大容量PDFファイルの要約と情報検索、保存・管理まで!

【Ai PDF】ChatGPT GPTs 使い方:大容量PDFファイルの要約と情報検索、保存・管理まで!

PDFファイルの活用と管理に頭を悩ませていませんか?

無数の文書を効率的に整理し、必要な情報を迅速に見つけ出す方法を探している専門家や研究者は多いです。

この難解な課題の解決策として、おすすめのChatGPTの人気GPT「Ai PDF」を紹介します。「Ai PDF」GPTは、「GPT Store」のトレンドランキングでは常連の大人気GPTです。

「Ai PDF」GPTとは、一言でいうとPDFを効率的に管理し、要約や検索を行うツールです。

「Ai PDF」GPTを使えば、大容量のPDFファイルを保存することができ、PDFの要約から特定情報の検索まで、文書管理の効率が飛躍的に向上します。


この記事では「Ai PDF」GPTの使い方をわかりやすく解説します。

この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 「Ai PDF」GPTの基本的な使い方や活用方法を理解できる
  • PDFから必要な情報を瞬時に引き出す方法を学ぶことができる
  • 「Ai PDF」GPTを活用して、文書管理の効率を格段に高めることができる

この「Ai PDF」GPTを使いこなすことで、情報収集や研究作業がこれまでにないほどスムーズになります。

それでは、どのように「Ai PDF」GPTがこれらの問題を解決し、あなたの業務や研究を支援するのか、見ていきましょう!

目次

ChatGPT GPTsとは?

「GPTsGPT Builder)」は、2023年11月6日10時(日本時間11月7日午前3時) に、OpenAIが開発者向けに開催した初のカンファレンスで発表されました。

「GPTs(ジーピーティーズ)」とは、OpenAIが開発したChatGPTを、個々のニーズに合わせて「GPT Builder」を使って自然言語でカスタマイズできる新機能です。

これにより、誰もが簡単に独自の「GPT」を簡単に作成し使用することが可能になります。

「GPTs(GPT Builder)」は、「ChatGPT Plus」または「ChatGPT Team」、「ChatGPT Enterprise」の有料プランユーザーが利用できるサービスです。


なお、「GPTs(GPT Builder)ってなに?」や「GPTの作り方は?」など疑問に思っている方のために、「GPTs(GPT Builder)」や「GPTの作り方 」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

GPTs(GPT Builder)を初歩から知りたいという方の参考になれば嬉しいです。

また、2024年1月10日(現地時間)には、「GPTs」を集めた革新的なプラットフォーム「GPT Store」がオープンしました。「GPT Store」では、「GPTs」を見つけたり、共有したりすることができます。

「GPT Store 」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

「Ai PDF」GPTとは?開発元、開発目的は?

「Ai PDF」GPTは、OpenAIが開発したGPT(Generative Pre-trained Transformer)テクノロジーをベースに、V2K AI, Inc.がカスタマイズして開発しました。

「Ai PDF」GPTは、PDFドキュメントの管理、要約、および検索を支援することを目的としています。

開発元のV2K AI, Inc.は、カリフォルニア州に拠点を置き、創設者であるKarthikとVicenteはトップインターネット企業で多年にわたる経験を持っています。

「Ai PDF」GPTで何ができる?

ChatGPTのGPTs「Ai PDF」は、PDFを効率的に管理し、要約や検索を行うツールです。

「Ai PDF」GPTを使えば、「AI Drive(myaidrive.com)」にアップロードされたPDFファイルの中身を簡単に管理、要約、検索することができます。

例えば、PDFの内容を要約したり、特定のトピックに関する情報を見つけたりすることが可能です。これにより、大量のドキュメントを扱う専門家や研究者など、多忙なユーザーの時間を節約し、効率を向上させることができます。


「Ai PDF」GPTの具体的な主の機能をまとめると、以下のとおりです。

「Ai PDF」GPTの主な機能

  • PDFドキュメントの処理能力: 最大2GBの容量を持つPDFファイルを扱うことができます。この機能により、ユーザーは大容量の資料も難なく管理することが可能です。
  • 広範囲なアップロードオプション: 「AI Drive(myaidrive.com)」には、数千に及ぶPDFファイルを無料でアップロードすることができます。これにより、多くのドキュメントを一元的に整理し、アクセスすることが可能となります。
  • 持続的なファイル保存: アップロードされたファイルは「AI Drive(myaidrive.com)」上に恒久的に保存され、ユーザーがいつでもアクセスできる状態になっています。これは、繰り返しのアップロード作業を不要にし、効率的なドキュメント管理を実現します。
  • 文書管理の効率化: 「AI Drive(myaidrive.com)」を使用することで、大量のPDFファイルを簡単に管理し、必要な情報に迅速にアクセスできるようになります。これは、文書管理作業の時間を大幅に節約し、生産性の向上に寄与します。
  • 専門家向けの設計: 「Ai PDF」GPTは、大量のドキュメントを管理する専門家のニーズに応えるよう設計されています。迅速な情報抽出や、広範囲の報告書や研究資料の要約が可能です。

ChatGPTのGPTs「Ai PDF」の使い方

それでは、ChatGPT(GPT-4)で「Ai PDF」GPTを使ってみます。

まずは、「Ai PDF」GPTにアクセスします。

「Ai PDF」GPTにアクセスします

ChatGPTにログインして、「GPTを探索する(Explore GPTs)」をクリックします。

「GPT Store」のトップページが開きます。「Trending(トレンド)」で見つかったので、かなり人気のGPTです。

なお、トップページから見つからない場合は、「GPT Store」の検索ボックスから「Ai PDF」GPTを探すことができます。

「GPTs」を検索する

以下のように、検索結果から「Ai PDF」GPTを見つけることができます。

「Ai PDF」GPTが見つかったら、「Ai PDF」の箇所をクリックします。

「Ai PDF」GPT

「Ai PDF」GPTのアクセスに成功すると、上の画面が表示されます。

なお、下のリンクからも「Ai PDF」GPTにアクセスできますのでご活用ください。

「Ai PDF」GPTの使い方を聞いてみる

初めて「Ai PDF」GPTを使うので、まずは「Ai PDF」GPTの使い方を下記のように聞いてみました。

プロンプト
ChatGPTのGPT「Ai PDF」の使い方をステップ形式で、初心者にわかりやすく教えてください。

すると「Ai PDF」GPTから、下記の回答が返ってきました。

基本的な使い方として、次のステップが回答されました。「Ai PDF」GPTの返答をそのまま紹介します。


↓「Ai PDF」GPTの返答はここから↓

Ai PDF GPTの使い方を初心者向けにステップ形式で説明します。

STEP

ステップ1: AI DRIVEにアクセス

AI DRIVEにアクセスし、アカウントを作成してログインします(無料アカウントでも可能です)。

STEP

ステップ2: ドキュメントのアップロード

  • 必要なPDFドキュメントをAI DRIVEにアップロードします。ユーザーは最大2GBのサイズのファイルを無制限にアップロードできます。
  • アップロード後、各ドキュメントには固有のリンクが生成されます。
STEP

ステップ3: 質問の準備

  • 質問をする際には、AI DRIVEで生成されたPDFドキュメントのリンクを使用します。
  • 例: 「このPDFの要約をしてください。https://myaidrive.com/example.pdf」
STEP

ステップ4: 質問の送信

質問をChatGPTのチャットボックスに入力し、送信します。質問はドキュメントの要約や特定の内容の検索など様々です。

STEP

ステップ5: Ai PDF GPTからの回答

Ai PDF GPTは質問に基づいてPDFドキュメントを解析し、回答を提供します。回答には関連するドキュメントの特定ページへのリンクが含まれます。

STEP

ステップ6: 追加情報のリクエスト

追加情報が必要な場合は、さらなる質問をしてください。

注意点

注意点

  • ドキュメントは直接ChatGPTにアップロードせず、AI DRIVEを利用してください。
  • 質問は、可能な限り具体的にするとより正確な回答が得られます。

これがAi PDF GPTの基本的な使い方です。

↑「Ai PDF」GPTの返答はここまで↑


とても簡単な使い方を、例文とともに教えてくれました!

つまり、「Ai PDF」GPTには次のようにプロンプトを出せば良いということになります。

例:PDFの要約を知りたい

  1. AI DRIVEでアカウントを作成してログインする
  2. 必要なPDFをAI DRIVEにアップロードする
  3. 「Ai PDF」GPTを開く
  4. 「このPDFの要約をしてください。AI DRIVEで生成されたPDFドキュメントのリンク」
  5. 2のプロンプトをチャットに入力して送信

なんと、「プロンプト(命令文)」を書いて送信するだけ!簡単ですね!

「Ai PDF」GPTを使ってみた!

それでは実際に、ChatGPTのGPTs「Ai PDF」を使ってみます。

「AI Drive」アカウントを作る方法

まずは、使い方のステップ1のとおり、AI DRIVEにアクセスし、アカウントを作成してログインします。

「AI Drive」にアクセスすると、下の画面が開きます。右上の[EN]ボタンをクリックして、「Japanese」を選択します。

日本語表示になりました。

「AI Drive」アカウントは、Googleアカウントまたは、メールアドレスで作成ができます。

今回は、メールアドレスでアカウント作成するので、名前とメールアドレスを入力して[サインアップ]ボタンをクリックします。

「AI Drive」から、登録したメールアドレスにメールが届くので確認してください。

「AI Drive」から届いたメールの「Sign in to myAIDrive.com」のリンクをクリックします。

下の図のように「AI Drive」のマイページが表示されます。

これで、「AI Drive」アカウントは作成完了です。

この「AI Drive」のマイページで、アップロードしたPDFの保存や管理ができます。

「Ai PDF」GPTで、PDFの「要約」を聞いてみた結果は?

先ほど、ChatGPTが「Ai PDF」GPTの使い方の例に挙げた、「PDFの要約」を聞いてみます。

例として、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から「宇宙理工学委員会 国際宇宙探査専門委員会 火星探査調査の科学探査タスクフォース中間報告書」という小難しく興味深い37ページのPDFの要約を教えてもらうことにしました。

まずは、このPDFを「AI Drive」にアップロードします。

アップロードしたPDFの右の方に表示されているリンクのコピーボタンをクリックします。

ChatGPTのプロンプトを入力する画面が表示されます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

このPDFの要約をしてください。

[プロンプトを保存してCHATGPTにコピー]ボタンをクリックします。

コピーが完了すると、下の画面が表示されます。

「Ai PDF」GPTに画面に戻って、コピーしたプロンプトを貼り付けます。

アクセスの通信許可の確認が表示されるので、[許可]ボタンまたは[常に許可する]ボタンをクリックします。

「Ai PDF」GPTの回答は以下のとおり。

「Ai PDF」GPTの回答をそのまま紹介します。

このPDF文書は、宇宙理工学委員会・国際宇宙探査専門委員会による火星探査計画の科学探査タスクフォースの中間報告書です。文書は火星探査の意義、科学目標、将来の探査計画の方向性、日本の戦略、海外の動向、および日本の探査プログラムにおける戦略的火星探査プログラムの位置づけを概説しています。具体的には、戦略的火星探査プログラムのロードマップ、Martian Moons eXploration (MMX) などのシリーズ、技術開発戦略、表面着陸技術(EDL)、火星表面探査技術、戦略的なミッション実現の鍵となる搭載機器について詳述しています。また、着陸探査学連携ネットワーク、サンプルリターン探査(MSR・MMX)に向けたPP及びキュレーション体制、技術開発の詳細にも触れています。

この文書は全37ページにわたっており、ここではその概要と主要なポイントのみを要約しています。文書は、火星及びその衛星の探査を通じて生命の起源、進化、分布、および将来に関する科学的課題の理解を深めることを目的としています。国際的な競争と協力の中で、日本がどのような役割を果たし、どのようなプログラム戦略を構築していくべきかについても論じられています。

全文書の詳細内容については、文書全体を参照する必要があります。私の機能による制限と文書の長さのため、全37ページの詳細な要約を提供することはできませんでしたが、提供した概要が文書の理解に役立つことを願っています。

PDFの概要と主要なポイントのみを、簡潔に要約してくれました。

「Ai PDF」GPTで、PDFの追加情報を教えてもらった結果は?

PDFの要約は簡潔だったので、次は追加情報を聞いてみます。

以下のプロンプト(命令文)を出してみました。

技術開発戦略についての重要なポイントを教えてください

「Ai PDF」GPTの回答は以下のとおり。

「Ai PDF」GPTの回答をそのまま紹介します。

技術開発戦略に関しての重要なポイントは、火星探査ミッションの成功に必須な新たな観測装置の開発、国内での開発技術の育成、および戦略的ミッション実現のための搭載機器の開発が挙げられます。具体的には、戦略的火星探査プログラムのロードマップに基づき、各火星探査計画のミッション要求及びリソースに対応する適切な理学機器を用意するために、国内での開発技術を育成することが重要であるとされています。この開発は、火星以外の様々な天体探査への応用が可能であり、将来の小惑星探査全体の展望を広げるものとして、小惑星科学コミュニティにとって重要です​​。

技術開発戦略では、表面着陸技術(EDL)、火星表面探査技術、そして特に戦略的なミッション実現の鍵となる搭載機器の開発が強調されています。火星の多様性に富んだ環境に対応し、科学的に重要な着陸点や観測地点に精密に着陸する技術、さらには特殊地形への着陸技術の開発が必要とされています。これには、高精度で自在な着陸を実現するための技術、目標とする観測地点への正確な飛行技術が含まれます​​。

さらに、戦略的火星探査においては、全ての技術を一度に適用するのではなく、必要な技術を段階的に実証していくことが適切であり、前進的なミッションによって技術を段階的に実証することの重要性が指摘されています。これは、主ミッションで使用されるアーキテクチャと技術が基本的に同じである必要があるという点を強調しています​​。

技術開発の詳細については、文書の付録Aにまとめられており、着陸機や搭載機器の具体的な技術開発項目が詳述されています。これには、小型化および検出方法の改善を含む現在検討中の技術項目が含まれます​​。

追加情報の質問に丁寧に答えてくれました。

なお、今回のように続けて質問する場合は、PDFのリンクを貼り付ける必要がないことがわかりました。

【実験】PDFを直接「Ai PDF」GPTにアップロードして要約を聞いてみた結果は?

現在のChatGPTは、「All Tools」機能により文書や画像のアップロードが可能になってます。

「All Tools」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

しかし、「Ai PDF」GPTを使用する場合は「AI Drive」にPDFをアップロードする必要があるので、その手間が少々面倒に感じる人は多いのではないでしょうか。

そこで、「AI Drive」にPDFをアップロードせずに、直接「Ai PDF」GPTにPDFをアップロードして使えないかを実験してみました。

「Ai PDF」GPTに直接PDFをアップロードして要約に成功!

直接「Ai PDF」GPTにPDFをアップロードして、プロンプト「このPDFの要約を教えてください。」を入力しました。

「Ai PDF」GPTの回答は以下のとおり。

「Ai PDF」GPTの回答をそのまま紹介します。

ファイルを直接アップロードされましたが、より効率的なドキュメント管理のためには、AI DRIVEにドキュメントをアップロードしてリンクを共有することをお勧めします。AI DRIVEでは、大容量のファイル(最大2GBまで)をアップロードし、永続的に保存することができます。それにより、ドキュメントへのリンクを通じて、より正確なサポートを提供することが可能になります。

ただし、今回はアップロードされたPDFファイル「MarsTF_20190214.pdf」の要約を行います。少々お待ちください。

実は、これ以前に何度か断られていたのですが、何回かトライしていたところ要約をしてくれることになりました。

[許可]ボタンをクリックしてしばらく待つと、下の画面のとおり要約をしてくれました。

短めではありますが、直接「Ai PDF」GPTにPDFをアップロードして要約に成功しました。

「AI Drive」を使うメリット

このように、直接「Ai PDF」GPTにPDFをアップロードして要約ができることがわかりました。

ChatGPTユーザーとしては、「Ai PDF」GPTに直接PDFをアップロードする方が本来は利便性はいいです。

しかし、「AI Drive」にPDFが永続的に保存されるので、管繰り返し使えたり、管理ができたりするメリットもあります。

「AI Drive」を使うメリット

  • ファイルサイズと数量の制限: 「AI Drive」では、ユーザーは最大2GBのサイズのファイルを無制限にアップロードできます。
  • ファイルの永続性: 「AI Drive」にアップロードされたファイルは、アカウント内に永続的に保存されます。これにより、同じファイルを何度もアップロードする手間が省けます。

また、「AI Drive」については、次で紹介する「AI Drive」のプロプランに繋げたいという運営会社の考えもあります。

「AI Drive」Proプランについて

「AI Drive」のアカウントには、Pro(有料プラン)があります。

(出典:「AI Drive」Proプラン 公式サイト

「AI Drive」Proプランの特徴は以下のとおりです。

「AI Drive」Proプランの特徴

  • PDFフォルダー検索: 数百のPDFを含むAI Driveフォルダーでチャットや検索が可能。
  • 既存ファイルの活用: 多数のアップロードや検索を行う代わりに、AI Driveフォルダーに保存されているファイルを活用。
  • OCR機能: 月間最大5000ページのOCRを利用して、スキャンされたPDFや写真からテキストを抽出。追加のOCRクレジットは別途購入可能。
  • AI生成ファイルタイトル: ファイル名から内容を特定しにくいPDFも、AIがタイトルを生成して理解しやすく。
  • ファイルの永続的保存: ファイルを好きなだけ保存し、いつでも前回の作業を再開可能。
  • 優先サポート: AI Drive Proユーザーは、顧客サポートや機能リクエストの優先考慮を受けられる。

「AI Drive」Proプランの料金

価格は以下のとおりです。

  • 月額プラン: $19.99/月
  • 年間プラン: $149.00/年(38%の節約)
    • 7日間の無料トライアル付き
    • Slack/Discord経由での優先サポート

まずは無料アカウントを利用して、「Ai PDF」GPTの機能を試してみることをお勧めします。その上で、さらに高度な機能やサポートを求める場合には、Proプランの利用を検討してみるといいでしょう。

ChatGPTの「Ai PDF」プラグインもおすすめ!

ChatGPTの機能の一つに「プラグイン」があります。

プラグイン(Plugins)」とは、あなたのChatGPTをより強力で多機能にカスタマイズするための追加ツールのことです。ChatGPT Plusユーザーであれば誰でも使用可能です。

「プラグイン」についてはこちらの記事に詳しく解説しています。

このプラグインにも「Ai PDF」があり、PDFのURLを用意すれば、ChatGPTでPDFの要約を教えてもらうことができます。

「Ai PDF」プラグインもぜひご活用ください。

「Ai PDF」プラグインについてはこちらの記事に詳しく解説しています。

まとめ

【Ai PDF】ChatGPT GPTs 使い方:大容量PDFファイルの要約と情報検索、保存・管理まで! まとめ

ChatGPTのGPTs「Ai PDF」は、いかがでしたでしょうか?

この記事を通じて、「Ai PDF」GPTの革新的な能力と、それがPDF文書管理に革命をもたらす方法を深掘りしました。

プロフェッショナルや研究者にとって、大量のPDFを効率的に管理し、必要な情報を素早く抽出することは日々の作業で欠かせない要素です。

「Ai PDF」GPTを活用することで、時間の節約、生産性の向上、そしてAI技術を用いた文書管理の最先端へのアクセスが可能になります。


最後に、「Ai PDF」GPTの重要なポイントをまとめます。

「Ai PDF」GPTの重要なポイント

  • 大容量ファイルの管理: 最大2GBの容量を持つPDFファイルを無料でアップロードでき、多くのドキュメントを一元的に整理し、アクセスすることが可能となります。
  • 作業効率の革新: AIによる自動化で、PDFファイルの検索と情報整理を劇的に効率化できます。
  • 生産性の飛躍: 「Ai PDF」GPTの活用で、文書管理の時間を大幅に削減し、より価値の高い作業に集中できます。
  • セキュリティの強化: 軍事レベルの暗号化により、ファイルを永久に安全に保存できます。

「Ai PDF」GPTは、PDFファイルの管理と活用に関する課題を解決するだけでなく、これまでにないスムーズな情報アクセスを実現します。

今日からでも、無料の「AI Drive」アカウントを作成し、「Ai PDF」GPTの力を自分の業務や研究に取り入れることで、文書管理の新たな世界を開くことができます。

さあ、次世代の文書管理を体験し、より効率的な作業フローを実現しましょう!

おすすめの「ChatGPT GPTs」

「GPTs(GPT Builder)」を使えば、誰でも簡単にカスタムGPTを作ることができます。

そのため、カスタムGPTは無限に生み出されます。

そこで、当サイトではおすすめの「ChatGPT GPTs」をまとめています。更新していきますので今後も楽しみにして頂けると嬉しいです。

また、これまでに紹介した「ChatGPT GPTs」は、「GPTs(GPT Builder)(カテゴリページ)」にて詳しく解説しています。


ぜひ、他のカスタムGPTもチャレンジされてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次